1. トップ
  2. 特集ページ

【2019年最新】音楽をもっと便利に!人気の音楽プレイヤー

スマートフォンで気軽に音楽が聴ける時代になりましたが、今でも多くのメーカーから音楽プレイヤーが発売されていることはご存じでしょうか。

Bluetooth対応はもちろんのこと、サブスクリプション(音楽ストリーミングサービス)対応端末が登場し、音楽プレイヤー市場はさらに盛り上がりを見せています。

今回はスマートフォンでは物足りなくなってしまった方におすすめ!人気の音楽プレイヤーをご紹介します。

音楽プレイヤーのトレンド

音楽プレイヤーといえば、CDプレイヤーやMDプレイヤー、ウォークマン等を想像される方が多いかと思いますが、現在はSONYのウォークマンをはじめとする DAP(Digital Audio Player)が音楽プレイヤー市場の主流となっています。

DAPとは?=(D)igital(A)udio(P)layer

メディアが不要で、気軽に音楽を持ち運び、聴くことの出来る機器をDAP(Digital Audio Player)といいます。

DAPはバッテリーの容量や、メモリの容量、音質傾向や、対応しているファイル形式、搭載しているDACチップ等、、、音楽をより楽しんでいただくための音楽専用端末です。

DACとは?=(D)igital(A)nalog(C)onverter

音楽プレイヤーに内蔵されている「楽曲データ」はデジタル形式で記録されており、「音」というアナログ形式の波形を再生するためには一旦デジタル信号をアナログ信号に変換する必要があります。

その変換をしてくれる回路のことをDACといいます。

簡単に言うと、デジタルの画像データを紙に印刷するコピー機のようなものです。(性能が高いほどきれいに印刷が出来る)

音楽プレイヤーには数ミリ角に集約したDACチップが搭載されており、このDACチップの性能が高いほど、高音質で音楽を聴いていただけます。

音楽プレイヤーを選ぶメリット

スマホの電池が減らない

音楽を聴いていると、スマホの充電が切れてしまうこともしばしば… 音楽プレイヤーと併用することで、スマホを頻繁に充電する必要がなくなります。

いい音で音楽を楽しめる

内部のDACチップ、アンプの違いだけでなく、対応フォーマットも幅広く対応しているため、ハイレゾ音源も気軽にお楽しみいただけます

 

 

スマホとメモリをわけられる

データ容量の大きい楽曲データをスマホで管理すると、あっという間にメモリ不足に…

楽曲データを音楽プレイヤーで管理することによりスマホのメモリにも余裕が生まれます。

種類が豊富でより快適に

通勤通学、仕事中やリラックスタイムなど音楽を聴くシーン、 CDを買って聴く方、サブスクで楽しんでいる方 などあなたのスタイルに合った製品を選べます。

今注目の音楽プレイヤー

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンスタッフが全力でおすすめする、人気の音楽プレイヤーをご紹介!

また、今回は秋葉原店スタッフの”のの”にレビュワーとして、使い心地や、機能の紹介、おすすめポイントを語っていただきます。

 

のの

eイヤホンで商品のデータベースを作成している「のの」です!
個人的にSound Horizon(通称:サンホラ)をよく聴きます!
少し変わったアーティスト集団ですが、メタルもオーケストラもエレクトロも何でもアリ!
愛機イヤホンはHA-FW10000とLegend Xで、この2つはDAPの試聴でもよく使います。

ラインナップ

 

SONY NW-A100

このプレイヤーについて語ってください
SONYが発売する、2019年の新作ウォークマン「A100シリーズ」のキーワードは「音楽配信サービス」!
OSはAndroid 9.0を搭載しており、Google Play ストアに対応しています。
SpotifyやApple Music、Google Play Music、YouTubeなどのストリーミングサービスを、気軽に、しかも「良い音」で楽しめちゃうって素敵じゃないですか?
ちなみにA100シリーズはA105、A106、A107と複数の型番がありますが、末尾の数字が本体容量の違いを表しています。

おすすめポイント

Android OS搭載、ってだけならスマホでもいいかもしれません。でも最近のウォークマンの音質の良さは、凄いんです。専門的な説明は興味がないかもしれないので書きませんが、この小さな筐体の中には「良い音」にするためのノウハウが詰め込まれています。いろんな機能を搭載しなくちゃいけないスマホとは設計上の優位性が違います。

おすすめシーン

ストリーミングサービスで聴ける音楽の大半は圧縮された音源です。A100シリーズは、圧縮音源をより高音質に拡張する「DSEE HX」というウォークマン独自の機能をストリーミングサービスのアプリに適用できるのも特徴。普段聴いている好きな音楽をもっと良い音で楽しみたい、というあなたにおすすめします。

 

のの

2018年発売のA50シリーズと聴き比べる機会がありましたが、音質は着実に進化しています。特に低域のリアルな質感に魅了されました。

商品情報

SONY ZX507

このプレイヤーについて語ってください
2019年に発売されるSONYのウォークマンの中で、A100シリーズよりもさらに上位機種として君臨する製品が、「NW-ZX507」。Android 9.0を搭載している点などの機能面は、エントリークラスのA100シリーズと同じ。では何が違うのか?それは「音質」です。価格が上がって使えるコストが増えた分、良い音にするためのパーツが贅沢に使われています。ミュージックラヴァーに捧げる高音質ウォークマンこそがZX507なのです。

おすすめポイント

2017年に発売されたウォークマン上位モデル「NW-ZX300」から引き続き、通常の3.5mmイヤホンジャックに加えて4.4mmバランス出力端子を採用。対応するイヤホンやヘッドホンと組み合わせれば、4.4mmバランス出力でしか聴けない極上のサウンドを堪能できます。

おすすめシーン

ZX507は、純粋に音楽プレイヤーとしてトップクラスの音質を誇っています。今まで聴こえなかったような細かな音も聴けるほか、昨今で流行りの「ハイレゾ音源」を聴くのにはまさにもってこい!Android OS搭載というスペックを抜きにしても、高価格帯のプレイヤー製品で筆頭候補となりえるでしょう!

 

のの

ZX507より、充電端子がウォークマン専用のものからUSB Type-Cに変更されました。普段からType-C端子のスマホをご愛用の方には朗報ですね!

商品情報

FiiO M5

このプレイヤーについて語ってください
この商品画像を見て、「iPod shuffleみたいな大きさかな?」と思われた方。まさにその通り!
でも、小さくてお手軽なだけじゃないんです!1.54インチのタッチスクリーンを採用し、BluetoothもUSB-DAC機能もUSB-オーディオ出力も全部搭載したこの商品は、まさに「ポータブル音楽プレイヤー」の鑑とでも呼べる性能。専門店スタッフとして自信を持って勧められる製品です。

おすすめポイント

Bluetooth機能を搭載しているのでワイヤレスイヤホンもお使いいただけます。また、Bluetoothでの送信だけでなく受信にも対応しているのも強み。

イヤホンジャックが無いスマホをお持ちの方も、スマホからM5に音楽をワイヤレスで伝送していただければ有線イヤホンでしっかりお楽しみいただけますよ!

おすすめシーン

この「M5」、付属品として初めから専用ケースが同梱されていますが、実はそのケースにクリップがついています。
ご自分のシャツなどにこのクリップでM5をくくりつけることで、ズボンのポケットなどにプレイヤーを入れる必要も無く、スマートに音楽を楽しむことができます!

 

のの

本体にマイクがついているので、スマホとBluetooth接続すればマイクが無いイヤホンでも通話できるほか、レコーダー機能まであります。もはや便利なガジェットですね。

商品情報

iBasso DX160

このプレイヤーについて語ってください
iBasso Audio(アイバッソ・オーディオ)という中国メーカーのDAPです。
イヤホンやヘッドホンを良い音で聴くための「ヘッドホンアンプ」などを専門的に製造してきたメーカーということもあって、音質設計へのこだわりはピカイチ!
Android OSを搭載している上に、ほぼベゼルレス(※)に近い5インチHDのディスプレイがとても綺麗なのも特徴です。
さらにQC3.0やPD2.0などの急速充電もサポートされており、対応機器を使用すれば1.5時間で満充電の便利仕様!
(※)ディスプレイ周辺部の縁(ベゼル)の幅を細くしたデザインのこと

おすすめポイント

このプレイヤーは設計上、出力が非常に高く、多少鳴らしづらいようなヘッドホン程度なら軽々とその性能を引き出してしまいます。ヘッドホンアンプを作ってきたiBassoの腕の見せ所ですね。もちろんイヤホン派の方にもおすすめですよ!音質は煌びやかな印象で、ボーカルが物凄くクリアに聴けます!

おすすめシーン

4.4mmバランス出力端子やライン出力、同軸デジタル出力機能を搭載しており、オーディオマニア垂涎のスペックです。さらにはパソコンや一部のスマートフォンなどに対応したUSB-DAC機能など、身の回りの機器をパワフルなサウンドにできる機能が日々を良いオーディオライフにしてくれるはず!

 

のの

金属製のガッチリとしたボディですが、見た目に反して軽いです。本体重量178gは、だいたいiPhoneX(約174g)に近いでしょうか。

商品情報

最後に

いかがだったでしょうか?

あなたにぴったりの音楽プレイヤーを見つけて、快適に音楽を楽しんでくださいね。

 

イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」ではその他にも多数の音楽プレイヤーを取り扱っています。

東京・名古屋・大阪にあるリアルショップでは試聴も出来ますので、気軽にお立ち寄りくださいませ。