スマートスピーカーとは

今、CMやネットなどでも話題のAI(人工知能)で動くスマートスピーカー。
主な特徴としては、スピーカーに内蔵されているAI(人工知能)に話しかけることによって、
今、自分の欲しい情報を提供してくれたり、音楽や動画を再生してくれます。
音声だけで、スマートスピーカーに対応してあるテレビ・照明・家電といったものも、操作が可能になる最先端のスピーカーです。

なにができる?できること・できないこと

2017年に発表されているスマートスピーカーを中心に、
各社のスマートスピーカーで出来ること・出来ないことを全体的にまとめてみました。
基本的にはwifiなどのネットワーク環境の元、音声にてスピーカーを操作します。

各社のスマートスピーカーに対応したデバイスや、対応家電機器(IoT機器)、サービスやアプリケーションを用いて、
下記の機能を使用することが可能になります。


※各社スマートスピーカーの簡単比較などはコチラ

聴きたい音楽を再生する

各社ストリーミングサービスやアプリなどから聴きたい曲を再生できます。

情報の検索

今日の天気やニュースなど、知りたい情報を読み上げてくれます。

メッセージの送信・読み上げ

各社に対応したメールやメッセージを送ったり読み上げたりしてくれます。

動画をテレビで再生

youtubeなどの動画を音声で検索でき、再生までしてくれます。

アラームやタイマーをセット

スピーカーに話しかけるだけでアラームやタイマーのセットが可能。

家電や照明機器の操作

対応のIoT家電製品など、スピーカーを通じて操作が可能になります。

できないこと・デメリット・選ぶ時の注意点

上記でも記述していたように、ネットワーク環境の準備や、
各機能を使用したい場合に必要なデバイス(Chromecastなど)や製品(IoT対応家電)が必須になることが主なデメリットです。
また、難しい質問などにはAIが答えられないことも、出来ないことのひとつになります。
スマートスピーカーを出しているメーカー・ブランドなどによっても、
使用できる機能が大きく異なるので、機能性から選び方を重視しましょう。

こんなシーンにおすすめ

お子さんがいるご家庭などの場合、音声でのテレビ操作や簡単な質問などが可能なので、
親御さんが手を離せない状況でも、スマートスピーカーが代わりに対応してくれます。
また、朝の忙しい時間などに天気を調べたり、運動や家事の最中に音楽を音声で再生できるので、自分で操作する手間が省かれます。

各スマートスピーカーの紹介・比較表

Google Home Clova WAVE Amazon Echo SONY LF-S50G
外観

価格

¥15,120

¥14,000

¥11,980

¥26,870

連携音楽サービス

Google Play Music
Spotify

LINE Music

Amazon Music・Amazon Music Unlimited・Spotify

Google Play Music
Spotify

連携動画サービス

Youtube
Netflix
ビデオパス

Youtube

Youtube・プライムビデオ

Youtube

連携サービス

Googleカレンダー
Google Photos
Google Map

LINE
LINE News

Amazon Prime・他多数

不明

タイマー・アラーム

可能

可能

可能

可能

操作可能な家電

スマートホーム製品
Chromecast

赤外線家電

スマートホーム製品
Fire TV

スマートホーム製品
Chromecast
Android TV

防水・防滴

なし

なし

なし

防滴仕様

通話の可否

日本では非対応

日本では非対応

不明

日本では非対応

プッシュ通知

実装予定

なし

不明

なし

時刻表示

なし

なし

なし

あり

bluetoothスピーカー

あり

あり

あり

あり

ジェスチャーコントロール

なし

なし

なし

あり

NFC機能の有無

なし

なし

なし

あり

※2017年11月段階での情報になります。

eイヤホン取扱のスマートスピーカー

SONY LF-S50G

ご購入はコチラ