ソニー
SONY MDR-CD900ST【定番スタジオモニターヘッドホン】
価 格¥14,850 -(税込)
送料 0 円 / 0 ポイント付与
保 証 ヶ月
在庫状況

○在庫あり

数 量

コード:4901780586080

  • モニターヘッドホンの代名詞MDR-CD900STとは?

    MDR-CD900STといえばモニターヘッドホンの代名詞とも言える機種として、オーディオマニアにはもちろん、音楽業界にも広く知られるヘッドホンです。SONYとソニー・ミュージックエンタテインメントによる共同開発で、1989年に登場しました。1987年に発売されたMDR-CD900というヘッドホンの後継に当たる機種です。MDR-CD900STの発売以降、約27年に渡り日本の音楽シーンでは、このヘッドホンの音をスタンダードにして音作りが行なわれています。

    当初は、一般ユーザーへの販売を行なわない、業務用のヘッドホンとして販売されていました。MDR-CD900STのフラットで素直な音を求めるユーザーも多く、1995年から一般のユーザーへの販売が始まりました。業務用の機材という位置づけでの販売で、初期不良以外の保証対応がなく販売されているのも特徴の一つです。

    e☆イヤホン開店当時から展示機として使っている試聴機も、今年で9年目を迎えていますが、故障したことはありません。イヤーパッドやウレタンリングなど消耗品はもちろん、ネジからヘッドバンドまで、MDR-CD900STに使われているパーツは全てが販売されているので、パーツを集めればゼロからMDR-CD900STを組み立てることができます!消耗するパーツを新品に交換し、メンテナンスさえ行なっていれば、いつまでも長く使用できるのがこのヘッドホンの良いところです。

    MDR-CD900STのパーツをチェック!

    MDR-CD900STは業務用として必須である長時間の使用でも快適に使用できる点も高評価です。必要最低限なパーツの使用により、ケーブルを含まずに本体重量を200gと軽量に仕上げています。40mmのドライバーにはCCAW(銅クラッドアルミ線)が採用されていますが、CCAWはアルミのワイヤーの表面に銅をコーティングした線材で、銅だけの線材よりも50%以上軽量化することができます。また、CCAWをボイスコイルに用いドライバーの可動部を軽量化することで、ドライバーのレスポンスを向上させることができるのです。レスポンスの良いドライバーを採用することで、より正確な音源再生を可能にしています。

    ドライバーの周りにはウレタンリングが取り付けられています。ウレタンリングは主に低域に影響のある部品です。写真の通り輪切りになったスポンジなので、長期間使用すると嵩が潰れていきます。「一度もウレタンリングを交換していない…」、「低域が足りない…」という方は、ウレタンリングを新品に交換してみてください。劇的に低域が良くなります!

    交換の目安として、3カ月に1度程度交換してほしい部品です。特に仕事としてMDR-CD900STを使われる方は、ウレタンリングのメンテナンスを忘れずに行なってくださいね!

    MDR-CD900STはパーツを交換していくことで
    長く使用することができます。

    e☆イヤホン クリニックには片側だけ音が鳴らないMDR-CD900STが持ち込まれることがあります。MDR-CD900STの故障の原因で一番多いのが、プラグ付近の断線です。プラグが断線してしまった場合には、新しいケーブルに交換することができます。

    そしてもう一つの大きな故障の原因は、ハウジングとバンドにかけて出ている左右を繋いでいるケーブルの断線です。見えているところが切れていなくても、ヘッドバンドの中で断線している場合もあります。このケーブルが断線してしまった場合は、ヘッドバンドを丸ごと交換します。

    e☆イヤホン クリニックではMDR-CD900STの場合、工賃¥2,000〜+パーツ代+送料(通信の場合)で修理可能です!

    MDR-CD900STを改造してみよう!

    先代のMDR-CD900や、海外版のMDR-V6やMDR-7506で搭載している、折りたたみ機構を搭載することが可能です!兄弟機であるMDR-7506のスライダーをMDR-CD900STでも使用することができるのです。パーツ代+工賃で、手持ちのMDR-CD900STに折り畳み機能を追加することができます。もちろん音質には全く影響なく改造が可能です!
    画像で装着しているイヤーパッドはYAXIのstPad for Studio Headphone。主にMDR-CD900STに照準を合わせて開発された交換用イヤーパッドで、摩擦に強いレザーや低反発ウレタンの使用で耐久性と快適性が向上します。こちらも是非お試しください!

    今回は僕の愛機【SONY MDR-CD900ST】をご紹介したいと思います☆
    僕の使用目的はリスニングよりも楽曲制作に用いています!音が凄く近くで鳴ってくれるので左右の定位なども決めやすく、ミックス、マスタリング作業が非常にしやすいです!音の傾向としてはやや高域が強く固めの音です!
    リスニングで使われる方でしたら特に中域、高域好きの方にオススメします☆DAC、アンプなどの傾向、変化も分かりやすいので【基準】としてお使いいただけると思います!!モニタリング、楽曲制作はもちろん、楽器の練習、そしてリスニング。
    何にでも対応出来る優秀なMDR-CD900ST。ぜひ、ご自分の耳で実感してください!!!

    私はまずスタジオモニターをお探しの方にはまずこのヘッドホンはお持ちですかと聞きます。
    理由は数あるスタジオモニターの中でもこのヘッドホンは最もスタンダードなヘッドホンだからです。
    なので正直スタジオモニターヘッドホンはこのヘッドホンを基準に考えております。
    音の印象は柔らかい低音。そして聴き取りやすい中高域。着け心地も長時間装着される方でもあまり負担かかりにくく軽量で、側圧もきつくない作りになっています。そしてスタジオモニターとして利用しなくてもリスニング用としても聴き取りやすいヘッドホンとして利用されているお客様も多いです。そして修理の場合も部品も豊富に置いていますので、修理可能です。
    プロフェッショナルでいて独自の個性を放つ、そんなヘッドホンです。

    音楽制作の現場やアーティストのPVで高確率で見かけるモニターヘッドホンMDR-CD900ST。解像度の高さもさることながら、このヘッドホンは他のヘッドホンには敵わない圧倒的優位な特長があります。それは原音の忠実性です。「圧倒的」と言ってしまう理由は、多くの制作現場でこのMDR-CD900STが使われているからです。音楽制作において多くはこのヘッドホンの音を聴いてミックス、マスタリング作業が行われています。このヘッドホンの音質で音決めが行われるので、当然「原音に一番近い音」ということになります。アーティストが「これだ!」と思った音がこのヘッドホンで聴けるのです。無駄な味付けは一切ありません。是非アーティストが伝えたいそのままの音をこのヘッドホンで感じてください。

    ◎特徴

    • ◎プロの音楽、音響制作の現場で圧倒的な支持を得ているプロ仕様のモニターヘッドホン
      ◆SONYとソニー・ミュージックエンタテインメントの共同開発オーディオ&ビジュアルの
      最先端技術を誇るSONYと、音づくりのノウハウを熟知したソニー・ミュージックエンタテインメントの
      共同開発によって作られました。
      ◆プロが求める原音イメージの再現性を徹底追求レコーディングスタジオやポストプロダクション、
      放送局などでプロが求めるクオリティと耐久性を徹底的に追及し、独自に開発したドライバーユニットを採用。
      これによって歪みの少ない、原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功しました。
      ◆あらゆるスタジオユースに対応する信頼性・耐入力(最大入力:1000mW)や
      フレーム・カバーの強化により、音に対するクオリティ重視とともに、
      スタジオや放送局などの現場使用に耐えうる耐久性・安定性を実現しています。
      プロの現場で必要とされる様々な条件をプロの立場から追求することにより、
      多くのサウンド・エンジニアやミュージシャンから高い信頼と評価を受けています。
      ◎ご注意ください
      プラグはステレオ標準プラグ(φ6.5mm)となっております。
      iPodなどのポータブルプレイヤーに接続の場合はステレオミニプラグ(φ3.5mm)変換プラグが別途必要です。
      ステレオミニ変換プラグの販売は⇒コチラ
      ◎保証に関しまして
      業務用向け商品の為、無償修理保証はございませんので有償修理対応となります。
      ※初期不良対応(到着後2週間以内)はございます。 ◎実店舗でのみ修理の方、承ります。

    ◎スペック

    • 型名:MDR-CD900ST
      形式:密閉ダイナミック型
      ドライバーユニット:40mm、ドーム型(CCAW採用)
      最大入力:1,000mW
      インピーダンス:63Ω
      音圧感度:106dB/mW
      再生周波数帯域:5〜30,000Hz
      コード長:2.5m
      コードの太さ:Φ4.0mm
      プラグ:ステレオ標準プラグ※ポータブルプレイヤーでお楽しみ頂くには、変換プラグが必要です。
      質量:約200g(コード含まず)
      保証:2週間 ※業務用のため、初期不良のみ



  • ※レビューはログイン後ご利用可能です。

  • レビュー件数:3

    評価

    2014/07/04

    TAKAさん

    モニターヘッドフォンの定番という事で多様なジャンルを聴く自分に合ってると思い購入しました。
    噂通りのただの白い箱....ではなく、本当にただの茶色段ボールに入ってきました。ある意味感動(笑)。
    ファーストインプレッションは、「こじんまりとした音」
    決して悪い訳じゃありません。
    ボーカル等の中音域に関してはドキッとするような生々しい出し方をしてくれます。エージング前という事を考えると本当に素晴らしい音だと感じました。しかし、高音、低音域の曇りを感じ、エージングの効果を期待することにしました。
    エージングでかなり性格が変わると聞いていたので、更に素晴らしい音色を聴かせてくれるのではないかと、ワクワクしながらの慣らし運転です。
    時間が経つにつれだんだんと曇りは消えていき、本来の容赦なく出る高音域、引き締まったスピード感のある低音に引き込まれていきます。十時間程で全く別物のヘッドフォンになりました。
    「個性がない」「低音が出ない」という評価をしている人は、エージング前なのかもしれませんね。
    そんなことありません。個性が無いのではなく、曲の個性を最大限引き出してくれています。
    繊細なボーカルから大迫力のハードロックまで、全力で曲ごとの雰囲気を引き出してくれます。
    これは...すごいなぁ
    と。曲によってヘッドフォンを替えるなんて事をしなくても、このヘッドフォンは変幻自在にどんな曲でも個性を引き出してくれます。
    解像度の高さに関しては言うまでもなく、素晴らしいの一言です。今までモヤモヤしていたベースやバスドラの低音から弦楽器の高音域までパラパラと粒立って、しかしながら分離することもなく、まるで楽器に耳を付けて聴いているかの様な聴こえ方です。
    思わずニヤけが止まらなくなりました。
    みなさん、このヘッドフォンを決して外で使わない様に。
    変人扱いされます(笑)。
    装着感に関しましては、はっきりいって緩いです。
    仕事で長時間使える様になってるんですね。
    このままでは、低音域に不満を感じてしまいます。
    でも!このヘッドフォンにはある裏技があるんです!
    長さ調整用の銀色のスライド部分を手でグニャリと、内側に曲げちゃうんです。
    そうすれば、自由自在に側圧を変えられます。
    このヘッドフォンの耐久性だからこそ出来る技です。

    結論としては、この価格ででここまでの音を聴かせてくれる再生機器は他には無いと言っていいでしょう。心から買ってよかったと思える一品です。
    それに何より、国内のほとんど全てのスタジオで使われているということで、スタジオでエンジニアが聴いている音そのものを聴くことができます。
    大半の音源はこのヘッドフォンでいい音が出る様に調整されているのです。
    いい音で当然ですね。
    一度、いい音源でこのヘッドフォンを聴いてみることをオススメします。
    今使っているヘッドフォンに持っている不満は全て解消されるでしょう。
    このヘッドフォンの虜になること間違いなしです。

    評価

    2014/03/02

    Dopestormさん

    どの音域でもバランス良く鳴り分解能も高く、ソースや上流機器への追随性も高い万能機。
    装着感は普通でイヤーパッドやウレタンリングの劣化により落ちることがあるため、それらは消耗品として適宜交換する必要がある。
    上流がそれなりか良ければ長時間リスニングにも耐える。
    つまるところ、長時間リスニングに向かない…との評価は、上流機器またはソースが良くない可能性があると思われる。
    それなりの口径のドライバーであるにもかかわらず、据え置き環境からポータブルオーディオ、携帯ゲーム機など、ほとんど上流を選ばずその特性を活かした音を聞かせてくれるという意味では実に稀有な機種(他の大口径ヘッドホンなどのように上流によって鳴らしきれない・ドライブしきれていないなどの不足感が出ることがほぼない様子)。
    癖のない素直な声の表現や自然な中高域など、録音に対する再現性も高いと思われる。低音も上流およびソースによりしっかりと芯のある低音が出る。
    本機に対する低音が出ないというイメージはおそらくそれを接続している上流またはソースについての印象の可能性が高い。
    ごくごく普通の環境であればしっかりした低音が出るため、低音不足ということもない。
    上流機器の変化を如実に反映するため、本機の印象はそれら上流機器に左右されやすいことは念頭に置くべきかと思われる。
    パーツ単位での入手が可能なため、どのような故障でもユーザー側でほぼ修理が可能であり、末永く使用できる機種。そのためカスタマイズの幅も広い。
    ポータブルで運用する際はステレオミニプラグへの変換プラグを使用する必要があるが、変換プラグによっては音が激変するので注意を要する。
    数社のものを購入・比較した個人的な意見としてはビクターの金メッキ仕様の変換プラグが一番無難。次点で金メッキのないタイプ。それ以外のメーカーの変換プラグはいまひとつでした。
    またはケーブルについているプラグそのものをステレオミニプラグに付け替えてしまう方法もあるが、その際も音質変化があることには注意する必要があり、標準のケーブル・プラグと極力変化がないか確認しつつ作業をすすめることが望ましいと思われる。

    評価

    2008/04/12

    CALさん

    モニターヘッドホンのベストセラー機です。
    極低音から極高音までフラット(均一)に鳴らします。
    音楽をノリよく気持ちよく聴くというよりは、解像度を高く正確に鳴らす事を重視した音作りです。
    スタジオ収録写真などでアーティストが着けているモニターヘッドホンは、かなりの高確率でMDR-CD900STです。
    アーティストがモニターしたのと同じ音を楽しめますよw

    あと、CD900STはステレオ標準プラグなので、携帯プレーヤーのミニプラグと接続する為には変換ケーブルが必要ですね。

    1件〜3件 (全 3件)