• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

ゼンハイザー

SENNHEISER IE80【国内正規品】ダイナミック・カナル型イヤホン

価格

35,057
(税込)
送料無料

ポイント

0

保証

24

在庫状況

○在庫あり

JANコード

4044155071672

2011/12/16

長い間SENNHEISERのフラッグシップモデルとして鎮座していたIE8の後継機!IE80はIE8の暗さや鈍さといったイメージを上手く払拭していますね。ボワついた低音の印象がやや改善され、IE8の魅力は損なわず程良い締まりが加わりました。
中域はくっきりと鮮やかに、ボーカルの透明感も増しています。
IE8では低音と同軸上に聴こえたボーカルもIE80でははっきりと浮き立ち、前後の空間を感じる事が出来ますね。IE8譲りの包容力溢れる雄大な音質は依然健在で、ダイナミック型イヤホンの一つの終着点であることは間違いありません。
並みのイヤホンでは表現できないスケールの大きさと、ヘッドホンに迫る圧倒的な臨場感が最大の魅力です。
マルチBA型とは一味違ったその音質を是非一度、お試し下さい♪

ロック魂は健在です。IE8の後継機として登場したIE80。耳から溢れんばかりの低音と、ダイナミック型ならではのナチュラルな鳴りというIE8の素晴らしさは失うことなく、更にブラッシュアップされました。
低域はIE8譲りのとても深い低域です。これぞダイナミック型というべき、深くて太い、まるで包み込んでくれるような気持ちのいい低域です。そしてブラッシュアップされたのが中高域。IE8に比べ、クッキリとし、抜けが良くなりました。IE8では若干詰まっていたハイトーンのボーカルが、IE80ではスーッと抜けるようになり、聴いていてより心地良くなりました。
ロックなどをIE8で聴くと、低域のモノ凄い迫力に圧倒されますが、IE80では更に抜けの良い中高域という武器が加わり、ロックを聴くなら向かうところ敵なしになりました。

IE8よりも更に攻撃的に!!大人気のIE8の後継者として登場したIE80。
同じくベースブーストが付いていますが、IE80はIE8よりも低音域のむっつり感が増して、高域も耳元にささる手前まで、本当にギリギリを攻めています。
低音域は末広がりのように重低音になればなるほど厚くなっているように感じます。高域はIE8に比べてクリアになった様に聴こえますが、高音域を求める方や澄んだ音には向きません。
解像度も高く、IE8よりも全体的にハッキリ・大迫力サウンドはクラブ系サウンド、ロックにピッタリ!!ハウジングもプラスチックからアルミプレートを採用し、見た目からクールでかっこ良くなりました!

◎特徴

  • ゼンハイザーがこだわるダイナミック型イヤホンの究極形。
    誇れるフラッグシップモデルがついに誕生。

    アルミのハウジングだけでも、あなたが「音」や「プロダクト選び」にこだわりを持っていることが周りの人達に伝わるようなたたずまいのあるフラッグシップモデル。

    音に関しては「これがイヤホンの音なのか」と驚愕を与えたIE 8同様以上に、大きなインパクトを聴く人にもたらし、至福の時を与えてくれるモデルです。

    ハウジングトップにアルミプレートを採用して優れた音の表現力と臨場感を再生します。

    また、音質調整機能を搭載しているため、好みや音楽的趣向に合わせて、低音の量感をコントロールすることができます。

◎スペック

  • 型式 : ダイナミック・カナル型
    周波数特性 : 10〜20,000Hz
    インピーダンス : 16Ω
    音圧レベル : 125dB
    質量 : 約16g
    接続ケーブル : ケーブル長1.2m(Y型・着脱可能)、3.5mmステレオミニプラグ(L型)
    付属品 : イヤーアダプターセット(標準S/M/L、ラメラS/M/L、ウレタンS/L、モールドS/L)、キャリングケース、イヤーフック、ケーブルクリップ、クリーニングツール

レビューはログイン後ご利用可能です

レビュー件数:4

評価

2015/09/27

ひ〜くんさん

迷ったあげくIE80にしました。
イヤホン好きで色んなメーカーに手を出しましたが、もう迷わなくてよくなりました。最初に音を出したとき鳥肌が立ちました。とても好きな音の出し方でずっと聞いていたいと初めて思いました。
ゼンハイザー間違いないです!

評価

2014/06/14

nowasさん

本当にすごい。さすがドイツメーカーですね。(製造は中国ですが)聴いた途端BAにはない音の鋭さと言うかタイトーな音の鳴り方本当に良いです。(同社ヘッドホンのHD650みたい。)低音調節が独特ですね。(調節しなくても十分ですが)量1~5まであるのですが、高音中音に影響を及ぼしているわけでもなく低音だけが増えてます。自分の好みの低音まで変えられるのが嬉しい。また、低音を増やして行っても音がブーミーにならないんで良いです(やり過ぎるとブーミーになりぼやけます) 遮音性があまりよろしくないのが難点多分UE900ぐらいまたそれ以下なので、しっかり嵌まるイヤピース探してください。
コードがクセアリでかあったかいととてもしなやかで良いですが、寒いところで使うとすごく固くなりクセがとれなくなるので注意してください。

評価

2012/04/27

kurakakeさん

とても気に入りました。音楽を楽しく聴けます。
素人ですが、後で上位機種が気になるのが嫌だったので、
思い切って選びました。
視聴で主に比較したのは、BA型で有名なShureのSE535です。

まず印象的だったのは、評判通りの低音でした。
IE80とSE535、どちらも低音から高音まで良く聞こえるのですが、
IE80は丁寧に力強く、底まで響く感じです。

高音に関しては、SE535は本当に細部まで良く聞こえました。
良い音源で、電子音の高音等を思い切り聞きたいなら、SE535でしょう。
それに対してIE80は、高い音も丁寧に優しく出してくれる印象でした。
自分の場合、イヤホンは昔から持っているMp3等の圧縮ファイルや、
携帯ゲームの音楽を楽しむのが主な用途だったので、
SE535は音量を上げると粗が目立ち、残念になるものが多かった。
それがIE80だとカサついたりせず、思わず音量を上げたくなります。
かといって高音が弱いというわけでもありません。
しっかりした中低音に支えられているからなんでしょうかね。
他の方のレビューにある、バランスや包容力という言葉を実感しました。

ついでに、帰宅してもう一度驚きました。
自宅ではPCにKenwoodのKAF-A55とKH-K1000を繋いで使っているのですが、
試しにIE80をこれに変えてみたら…あれ、こっちのほうが大きい?
低音の力強さで、思わずそう感じてしまったようです。
落ち着いて比べてみると、やはりK1000のほうが細部まで聞こえます。
高音の明るさや余韻が溶けて消えていくような部分は、
K1000のほうが上のようでしたが、
自分の耳では余程注意しないと気にならないぐらいの差でした。

最後にとても重要なのが、イヤピース選びでした。
IE80は耳に挿す部分が他に比べてとても太いようです。
自分の場合は付属品だとピースの厚みが足りず、
押し込むと本体の金属部が耳に当たって痛くなってしまいました。
自分はコンプライの合うものを選んでみた所、
厚みが程よくクッションになり、とても快適になりました。

イヤホンでもこんなに良い音が聞けるんだという事と、
自分の聞きたかった音に気がつかせてくれた、お気に入りです。
丁寧に対応や解説をしてくれた店員さんも、ありがとうございました。

評価

2012/02/24

勉蔵さん

ゼンハイのヘッドフォンのヘビィユーザーなので、カナル型の本品を期待して購入。このタイプのイヤフォンとしては水準以上であることは間違いないが、オーバーヘッドタイプと比べるとどうあがいても叶わないと確信した。AKGの折りたたみ式(もちろんオーバーヘッド)があれば十分ではないか、そう実感しました。所詮、イヤフォンはイヤフォンでした。残念。

1件〜4件 (全 4件)

最近チェックした商品