• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

シュア

SHURE SE846CL-A【SHURE 新フラグシップイヤホン】

価格

101,300
(税込)
送料無料

ポイント

10,130

保証

12

在庫状況

○在庫あり

JANコード

0042406277471
 

◎特徴

本物のサブウーハーのようなレスポンスを提供する
高遮音性イヤホン ”SE846”
SE846メイン画像
SE846説明画像

4 基の高精度 MicroDriver

本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4基の高精度MicroDriverを採用したSE846が、豊かな低域と明瞭で伸びのある高域を実現。革新的なローパスフィルターを備えた特許取得のデザインは、明瞭度とディテールを損なわずに本物のサブウーハーの豊かな低域を再現します。カスタマイズ可能な周波数レスポンス、ワイヤーフォームフィット機能搭載の着脱式ケーブル、付属アクセサリーで、比類のないリスニング体験をお楽しみいただけます。

製品概要

  • 豊かな低域と明瞭で伸びのある高域
  • 革新的なローパスフィルターを備えた特許取得のデザイン
  • カスタマイズ可能な周波数レスポンス
  • 着脱式ケーブルと取り外し可能ノズル
  • 高遮音性デザイン
  • プレミアムアクセサリー
  • 1 年間限定保証
レビュアー:渡辺憲二 氏
SHUREイヤホンのフラグシップモデル「SE846」が、それまでの最上位モデルであった「SE535」から進化したポイントは大きく3つある。1つめは、SEシリーズとして初めて4基のバランスド・アーマチュア型Microドライバーを搭載した3ウェイ・4ドライバー構成を採用したこと。2つめは、独自開発によるローパスフィルターの採用。3つめは「ノズルインサート」と呼ばれるイヤホン内部のパーツを交換することで、音の違いが楽しめるギミックを採用したことだ。実際に試聴してこのノズルの効果を試してみたい。

ビル・エヴァンス・トリオの『Milestone』を聴く。最初に「バランス」のノズルインサートから試した。ピアノの演奏が静かに始まり、ウッドベースのどっしりとした彫りの深い低域がオーバーラップしてくる。そこに絹糸のように繊細なハイハットの音色がパウダー状に降り積もっていくような、演奏序盤のクールな情景がリアルに再現される。演奏は徐々に熱気を帯びはじめる。ビル・エヴァンスの硬質なタッチのピアノは、他のイヤホンで聴くよりも、SE846で聴くと不思議にいつもよりも体温が高く感じられた。楽器間のセパレーションが絶妙な間合いを保ちながら演奏はクライマックスへと進行していく。“ソロ回し”では各プレーヤーのテクニックが細部まで緻密に再現されるだけでなく、オーディエンスを演奏へと引き込もうとするグルーブ感までが伝わってくる。ライブレコーディングならではの魅力を存分に味わうことができた。

ノズルインサートを「ブライト」に変更して聴いてみる。ピアノやドラムスなど、高域の煌びやかさや伸びやかさがアップした印象。硬質でクールなピアノのタッチがさらにクリスタル感を増して、演奏全体がゴージャスに華やぐ。ベースの音はややクールに味わいを変えたが、あっさりとしすぎることはない。元々備えている解像感やクリアネスの素性が際立ち、BAドライバーのイヤホンらしさが最も引き立つノズルインサートだと感じた。

変わって「ウォーム」のノズルインサートを使用。今度は中域の感度やスピード感を保ったまま、ベースの量感が一段と増すような印象。演奏全体の重心が下がり、安定感がさらに高まる。

例えるなら、これまでのヘッドホン・イヤホンのサウンドが写真や絵画に描かれている動物であるとしたら、SE846のサウンドは本物の動物が目の前に飛び出してきたような、別次元のリアリティを感じる。もちろん、そのサウンドパフォーマンスはエージングを重ねていくことで一層華開くはず。オーナーをとことん満足させてくれることは間違いない。

◎スペック

スピーカータイプ:本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度 MicroDriver
感度:114dB SPL/mW
インピーダンス:9Ω
最低再生周波数帯域:15Hz
最大再生周波数帯域:20KHz
ケーブルの長さ: 162 cm のワイヤーフォームフィット機能搭載の着脱式ケーブル、別途付属ケーブル116cm
色:ブルー、クリスタルクリアー、ブロンズ、ブラック

[付属品]
・フォーム・イヤパッド(S, M, L)
・ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)
・イエロー・フォーム・イヤパッド
・トリプルフランジ・イヤパッド
・プレミアムキャリングケース
・6.3mmアダプター
・レベルコントローラー
・航空機内用アダプター
・着脱式ケーブル(116cm/162cm)
・ノズル取り外しキー(ノズルアッセンブリーツール)
・交換用ノズルインサート(2ペア)
・ケーブルクリップ
・ポリッシュクロス

レビューはログイン後ご利用可能です

レビュー件数:4

評価

2015/03/24

ichirofeveさん

私の中では文句なく一番。清水の舞台からジャンプしたかいがあったってものです。

煌びやかにかつ丸く伸びる高音。
自己主張することなくかつしっかりと聞こえる中音。
曲全体をしっかりと包み込むように支える低音。
見事な調和、バランス、驚愕です。

値段相応と言えばそれまでです。
しかし「いい音のその先」を感じる入り口でもあります。
聴く音楽も、聴いている場面も、自分自身でさえも、
煌びやかにしてくれるイヤホンです。

贔屓目多数のレビューかもしれません。
個人的感想ということをご了承ください。

曲はオールジャンルに対応できると思います。
私が圧巻と思ったのはB'z、ホイットニーヒューストン、
山下達郎、エリッククラプトン、パフューム、FloRida...
全て曲の出だしから圧倒され続けました!

いい買い物しました、マジで。

評価

2015/01/19

マイコーさん

1月23日よりSHURE製品が一斉値上げとのこと、昨年にも一回値上げがありましたが今回はかなり大幅に上がるということなので以前から気になっていたこのモデルを意を決して購入しました。

使用環境は
AK100 + CypherLabs AlgoRhythm Picollo + ALO audio REF8SC/M-M + BEAT AUDIO Supernova for SHURE BEA-1757

AK100 + BEAT AUDIO 2.5mm Balanced Supernova for Shure(mmcx) BEA-2068 直挿し

結論から言えば流石の一言! 高音の伸びやかさは原音に忠実に、低音域もしっかりと構成されており、音線の細さが気になるAK100兇膨樵泙靴任發靴辰りを鳴らしてくれます。
ポタアン使用時はもちろんですが、バランス直挿しでのクラシックは秀逸で余韻までしっかりと楽しませてくれます。

9万超えのイヤホンを買うのは勇気が必要でしたが、全く後悔しないどころか、買ってよかったと思わせてくれるイヤホンです。

評価

2014/04/27

Summerさん

私は滅多にレビューを書かないのですが、今回ばかりは書かずにいられませんでした。

普段はSENNHEISER IE8およびHD800を使用しています。

商品到着後、ワクワクする反面、最初だから高音域暴れているだろう。納得いく音はエージング後かな。などと考えつつ。

ノズルインサートやイヤーパッド当、初期状態で。再生ボタンを...

一発で気に入りました。

【高音域】

耳に刺さる音は皆無です。
角の取れた、とても気持ちの良い音を鳴らします。
それでいて解像度は抜群にいい。不思議です。
耳に刺さらないのが不思議です。
私自身高音域はあまり好きではありません。
滑らかな音がすきなのですが、SE846の高音は一発で受け入れました。それも開封直後に。

【中音域】
今までSENNHEISER IE8およびHD800を使用してきましたが、ボーカルが遠くにいるような広い音場形成がとても気に入っていました。
正直、IE8・HD800とSE846は正反対な機種なはずです。
しかしこちらも一聴し一発で気に入りました。
生々しいアーティストの声、さ行・た行の表現が素晴らしく、さすがBA形だと実感しました。ちなみにBA初心者です。
そして一番驚いたのが音場形成です。
IE8やHD800にようにアーティストが遠くにいるというわけではありません。
しかし音場がとても広いのです。
前方に広がる景色と、ボーカルの声が同化するように鳴ります。
ボーカルが主張しているわけでもなく、遠いわけでもない。
これも不思議です。

【低音域】
新開発のローパスフィルター。
サブウーファーのように鳴らす。
これらの説明は正直疑っていました。BA形でサブーウーファー?

完全に裏切られました。
どこまでも深く沈む低音。いや超重低音。
耳に直接入ってくるような鳴り方はしません。
しっかりと低い所で音楽全体を支えています。
まさにサブウーファーの鳴り方でした。
正直IE8やHD800の低音域には少々不満を持っていました。
もっと低い所で鳴ってほしかった。
この問題はSE846で解決しました。BA形なのに。
不思議です。

【音場】
狭いか広いかで言いますと、広いです。
しかしながらヘッドホンのような音場形成ではありません。
IE8はヘッドホンのような音場形成でしたが、SE846はイヤホンの音場形成です。
一言で言うとバーチャルな音場。
先ほど申し上げたように、ボーカルが前方の景色と同化するような鳴り方。
完璧な定位。
各楽器の音がどこで鳴っているのかが本当にわかります。
頭全体を覆うような鳴り方をします。
それでいて頭内定位ではない。
まさにバーチャルです。
これぞイヤホンの音。
イヤホンだから出来る音場形成だと感じました。

【総評】
どの音域をとっても素晴らしいの一言です。
癖がないのです。
担当された音をそれぞれのドライバーが正確に鳴らしています。
音が篭る、スカスカ。
こんなことを言える様なレベルではありません。
フラットです。
この言葉しか思いつきません。
でも聴いていて楽しい。
どこまでもきれいに鳴らす高音域。
極限までに生々しい中音域。
サブウーファーのように太い芯のある低音域。
これぞ音楽です。

SHURE やりよった。

評価

2014/02/28

HAYAさん

源音を忠実に再現してくれる製品です。
アーティストの表現したかったことがよく伝わってきます。
新しい世界が広がりました。

1件〜4件 (全 4件)

最近チェックした商品