• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03
【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03 【新製品】ELEKIT TU-HP03

エレキット

【新製品】ELEKIT TU-HP03

価格

24,840
(税込)

ポイント

2,484

保証

12

在庫状況

ご予約受付中(1月下旬頃発売予定)

JANコード

4952682107095

AmazonPayに対応。Amazonアカウントでお買い物ができます

数量

2018/01/下旬

TU-HP03
ポータブルヘッドホンアンプ「TU-HP01」では、「重い」「熱い」「高価」といった真空管アンプの持つネガティブな イメージを払拭し、真空管ならではの芳醇で聴き疲れしない音を非常に多くの方に楽しんで頂くことができました。
TU-HP03ではTU-HP01の良さはそのままに性能をさらにグレードアップいたしました。

□特徴

■真空管はサブミニチュア管(Raytheon:6418)を使用
真空管はTU-HP01と同様、消費電流が少なく発熱もほとんどないRaytheon:6418を採用。

■ノイズをさらに低減
真空管を基板から浮かせるとともに、回路構成の見直しにより、電池管を使用したポータブルアンプで問題となるマイクロフォニックノイズをTU-HP01よりもさらに低抑えることを実現。
また、無音時に気になるホワイトノイズもほぼなくすことができました。

■出力部はデュアルオペアンプを左右に1本ずつ使用
イヤホンをドライブする出力部には各チャンネルに1本ずつのデュアルオペアンプを採用。
それぞれのオペアンプはパラ接続することによりドライブ能力をアップ、さらにオペアンプを左右別にすることでセパレーションが向上。
TU-HP01同様、オペアンプの差替えにも対応、品種が豊富で比較的安価なデュアルオペアンプを採用したことで手軽にオペアンプによる音の違いを楽しむことを可能にしています。

■電源ON 時の不満を解消
真空管を使用していますが電源ON 後、数秒で使用可能です。また、電源ON 時のポップノイズはほとんどありません。

■オペアンプには正負両電源を供給
出力部から音への色付けが大きい電解コンデンサを排除、クリアなサウンドをご提供します。

■ゲイン切り替えスイッチ付き
入力のレベルに合わせてゲインを切り替えることができます。

◎スペック

・使用真空管  :6418 (Raytheon)×2 本
・使用オペアンプ:JRC NJM2114DD (他のオペアンプに差し替え可能)
・周波数特性  :10Hz〜150kHz
・対応ヘッドホンインピーダンス:16Ω〜32Ω推奨
・入力端子   :3.5mm ステレオミニジャック
・出力端子   :3.5mm ステレオミニジャック
・電源     :単3形乾電池×4 本 または単3形Ni-MH 充電池×4 本 ※連続使用時間:約15時間
・本体寸法   : W74.5 x H17.5 x D162mm (突起部含む)
・本体重量   :190g(電池含まず)

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品