• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】
Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】
Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】 Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】

キャンプファイヤーオーディオ

Campfire Audio LYRA II 【CAM-4884】

価格

85,210
(税込)
送料無料

ポイント

0

保証

12

在庫状況

○在庫あり

JANコード

0729440684884

AmazonPayに対応。Amazonアカウントでお買い物ができます

数量

lyra2 コンセプト

「LYRA II(レイラ II)」は、Campfire Audio が初めて手掛けた
ダイナミックドライバー型イヤホン「LYRA」の後継機として誕生した
新しいイヤホンです。

このLYRA IIには、従来機「LYRA」で高い評価を得ていた
8.5mm のベリリウムPVD ダイナミック型ドライバーを引き続いて採用し、
ハウジング(イヤホン筐体)には、全く新しい合金製流体金属ハウジングを採用

LYRA の正統な後継機として誕生しました。

Sonic Synergy | 素材同士による相乗効果

lyra2 ドライバー

私たちが従来機「LYRA」を発表した時、それがベリリウムPVD ダイナミック型ドライバーを採用した世界初のイヤホンだったことに、今でも誇りを感じています。そして今回私たちが開発した新しいLYRAIIは、「流体金属のハウジング」と「ベリリウムPVD ダイナミック型ドライバー」を組み合わせた他に類まれな設計を持ち、この新しい素材同士の組み合わせは私たちを驚かせる結果を生み出し、サウンドデザインの上で、優れた相乗効果を生み出しました。

Rare Earth Magnets | Neodymium Power

lyra2 ネオジム磁石

LYRA IIに採用している「ネオジム磁石」は、希土類磁石(レアアース磁石)の一つであり、現状手に入れることが可能な永久磁石の中でも「最強の永久磁石」です。このパワフルでコンパクトなネオジム磁石は、ダイナミック型ドライバーのボイスコイルを動作させる為に使われています。

Liquid Alloy Metal Housing

lyra2 ハウジング

LYRA IIのハウジング(イヤホン筐体)には、高密度で常温ではチタンよりも優れた硬度を持つ、流体金属を採用しており、このハウジングが卓越したサウンドを得るために重要な役割を果たしています。この独自に開発した流体金属のハウジングは、傷や腐食に強く、外観は高級感を保ち、アレルギー誘発物質を含まず、振動減衰の特性は優れ、剛性の高さは私たちがドライバーメーカーと開発したそれぞれのドライバーに対して、音響特性上の大きなメリットを持ちます。ハウジングの表面には高い透明度を誇るPVD 加工を施し、高級感を感じさせてくれます。

Custom MMCX

lyra2 MMCXコネクタ

私たちがカスタマイズし採用しているMMCX 端子には、ベリリウム銅が使われています。ベリリウム銅のような高い高度を持つ素材を使うことで、MMCX 端子の強度が増し、より安定した接続が得られます。これにより、他のMMCX 端子が抱える接続不良に関する問題を排除しています。

  
    

  
    
    

  

ブログバナー


    

みなさんお待ちかねの明日発売の新製品!

Campfire Audioの新作イヤホン

「LYRA供廚函LYRA」の聴き比べをしてみました!

 

blog_1

 

Campfire Audioといえば、 ANDROMEDAというイヤホンを6月頃に発売しあまりの話題性の高さに発売開始直後に各所で品薄状態となったいうことは皆様の記憶にも新しいかと思います。

 

e☆イヤホン入るまでオーディオにはさほどこだわりがなく、WALKMANの純正の付属イヤホンの買い替えにすらためらっていた僕がe☆イヤホンで初めて買った高額イヤホンはCampfire Audioの『ORION』でした。

そのCampfire Audioの新作イヤホンというのですから、否が応にも期待が高まるというものです。

 

惜しまれつつも生産終了品となってしまった『LYRA』、その名を引き継ぐ『LYRA供戞帖

発売日に向けて、2つの違いをじっくり見比べていきましょう。

 

見た目の変化

 blog_2

左が新しくなった『LYRA供戞右が『LYRA』です。

 

筐体の大きさはほとんど変化はありません。Campfire Audioの頭文字をあしらった刻印の大きさが少し変わった程度です。

前機種では冷たい光沢を放つガンメタリックなカラーでしたが、LYRA兇任論屬澆鯊咾咾人鼎靴欧併膺Г悗叛犬泙貶僂錣蠅泙靴拭

紫っぽいイヤホンってなかなか珍しい気がします。

 

装着感にはなかなか個人差がありますが、付属のイヤーピースがかなり豊富なのできっと気に入るものが見つかるのではないでしょうか。

 

 

スペックの変化

 

  LYRA LYRA
筐体 高密度セラミック筐体 合金製流体金属筐体
ドライバー

8.5mm ベリリウム製

ダイナミック型

シングルドライバー

8.5mm ベリリウムPVD

ダイナミック型

シングルドライバー

感度 110 dB (at 1V, 1 KHz) 102 dB
周波数特性 8Hz - 28kHz 10Hz - 28kHz
インピーダンス 17Ω (at 1kHz) 17Ω

わかりやすいのはハウジングの素材の変化ですね。LYRAではセラミック筐体という他になかなか類を見ない珍しい素材を用いていましたがそれゆえに素材の確保の困難さから生産終了品となりました。

LYRA兇任魯船織鵑茲蠅盥發す篝を持つという高密度な合金製の流体金属を用いており、高音質の実現にあたって重要な役割を果たしているようです。

 

 

音質の違い

やっぱり一番重要なのは音の違いです。

『LYRA供戮砲覆辰堂擦呂匹κ僂錣辰燭里、どんな曲との相性がいいのかということについてしっかりと聴き比べていきます。

試聴プレイヤーはPLENUE M2です。イコライザー類は一切OFFの状態で聴いてみます。

 

○LYRA 

幾つかの曲を聴いてみて印象に残るのはボーカルの近さです。女性ボーカルでも男性ボーカルでも非常に生々しく聴こえます。

 

スピード感やキレのよさに優れ、全体的な音のバランスとしては少し低音寄りなチューニングに感じられました。

その分広がりや余韻という部分に関しては弱めで、ゆったり目の曲ではすこしもっさりしたイメージでした。

 

いわゆるドンシャリ傾向ではないので、低音も高音も同時に楽しむという使い方には向かないかな…と思います。

女性ボーカル曲などでは、楽曲の構成によっては少しボーカルが埋もれてしまうかもしれません。

その反面で、男性バンドなどの曲ではボーカルも楽器の音も非常にパワフルに聴こえます。とても相性がいいです。

 

今や中古でも滅多にみられない希少な機種ですが、男性ロックバンドやギターによるインスト楽曲などを好んで聴く人には一度聴いてもらいたいサウンドです。

 

○LYRA

LYRAの試聴時に聴いたものと同じ楽曲を試聴してみて最初に感じられるのはやはり『ボーカル』でした。

素材の変わった筐体から放たれる高解像度ではっきりしたボーカルはLYRAらしさをしっかり感じさせてくれます。

 

明確な違いが感じられたのは『バランスの良さ』『上方向への広がり』でした。

LYRAで感じられたパワフルで厚みのある低音は少し抑え目になり、その分全体の音の見通しが良くなったように思えます。

 

そしてLYRAでは表現が苦手なように思えた広がりや音の伸びという面では、兇任肋緤向にスッと音が広がっていくように感じられ、クラシックやオーケストラなどとの相性も良くなったのではないでしょうか。

もちろん女性ボーカルとの相性もとてもいいです。低音は少し控えめになったとはいえダイナミックドライバーらしい迫力を損なうことなく、それでいて音の広がりを向上させたことで楽曲の幅を広げたこの機種は、まさにLYRAの後継機と呼ぶにふさわしい出来だと思います。

 


 

いかがだったでしょうか。

少々長くなってしまいましたがLYRAとLYRA兇琉磴い般ノ呂

存分に伝わったでしょうか。

多少傾向の変化をしつつ明確な『進化』を遂げたLYRA供かつてのLYRAを聴いたことがある人にもない人にもぜひ一度この音を体験していただきたいと思います。

それでは秋葉原店のリョウがお送りいたしました。

また次の記事でお会いしましょう!

◎スペック

□イヤホン筐体:合金製流体金属筐体
□ドライバー:8.5mm ベリリウムPVD ダイナミック型ドライバー
□ドライバー構成:シングルドライバー
□周波数特性:10Hz - 28kHz
□感度:102dB
□インピーダンス:17Ω
□マグネット:ネジウム磁石
□ケーブル長:約120cm
□イヤホン端子:ベリリウム銅加工されたMMCX端子
□入力端子:3.5mm ミニ端子

付属品
□ALO audio 製 Litz Wire Earphone Cable
□オリジナル・レザー製キャリングケース
□イヤーチップ ( シリコン, フォーム, SpinFit)
□クリーニングツール

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品