• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

須山補聴器

【カスタムIEM】須山補聴器 FitEar Aya snow【3Dプリンタ出力カスタムシェル採用】【納期目安:約1〜2か月】

価格

124,900
(税込)
送料無料

インプレッション(耳型)の料金は含まれません。

ポイント

0

保証

12

在庫状況

JANコード

2001160217046

こちらはユニット構成非公開のFitEar「Aya」です。
全体的に音に柔らかさがあり、ボーカルは近くてインパクトがあります。
高域は上品で煌びやかに鳴っている印象です。何といってもシンバル、ハイハットの響き方がたまりません。余韻までしっかり聞こえるので高域好きにも好まれるモデルかと思います。
それに比べて低域はどっしりとした厚みと存在感があり、全体を包み込むような優しさを感じますね。
音に癖もなく、低域〜高域にかけて満遍なく鳴らしてくれるので聴いていてとても心地よいです。ぜひ一度ご試聴してみてはいかがでしょうか!
【レビュー日:2015/02/20】

◎特徴

  • 「Aya」は、3Dプリンタ出力カスタムシェルを持つFitEarで初めてのカスタム製品です。従来のFitEarカスタムイヤーモニター製品とは異なり、純粋に音だけを聞いてご判断頂くため、ユニット構成などを非公開としています。
    シェルカラー及びフェイスプレートカラーは同色、「Aya」は黒、「Aya ~snow~」は白となります。

◎スペック

  • スピーカー構成:バランスドアーマチュアドライバー
    入力コネクター:3.5mm3極ステレオミニプラグ
    ケーブル:FitEar cable 005シルバー

◎ご注文の前に必ずご確認ください。

  • こちらの商品は "カスタムIEM" となり、オーダー受注品です。
    詳しくはコチラのページをごらんください。

    ※当店からメーカーへ発注をかけた時点から、一切の変更及びキャンセルができません。
    商品のモデル / 選択項目はくれぐれも
    お間違えのないようお願いいたします。

    ※インプレッションに関しまして
    eイヤホンでは、日本国外への発送は受け付けておりません。
    また須山補聴器のカスタムIEMは転送サービスのご利用も頂けません。

    日本国内在住の方でもご注文頂く場合は
    「国内の補聴器屋さんでインプレッションを採った」という証明が必要です。
    インプレッションの箱に『採取店名』と『採取担当者名』の記載がない場合は
    カスタムIEMを作成できない場合がございます。
    何卒ご了承ください。

◎インプレッションをご用意ください。

  • オーダー完了後、お客様の方でインプレッション(耳型)を作り、当店にお持込みまたはお送りいただく必要がございます。
    また商品代金にはインプレッション代は含まれておりません。インプレッション代金は別途必要になります
    詳しくはコチラをごらんください。

    ※インプレッションをご郵送いただく際のお願い。
    製作過程で、他のお客様のインプレッションと混ざってしまう事故を防止するため、インプレションの箱に、お客様のお名前をローマ字記入でご記入ください。
    ご記入いただきましたユーザー名は本体やケースなど、製品自体に刻印されません。

◎お支払い方法について。

  • カスタムIEMのお支払いは全て先払いとなります。
    お支払い方法は、クレジットカード / 銀行振込 / コンビニ決済のみとなり、代金引換はご利用いただけません

◎保証について

  • こちらの製品の保証期間は1年間です。
    シェルの接着が剥がれてしまったり、ケーブルの接触不良などさまざまですが、故障の場合はお預かりして見積させて頂きます。
    ※ケーブルに関しましては保証対象外となります。
    ※修理/リフィットには保証書が必ず必要となります。
    ※故障内容によっては有償修理になる場合がございます。

◎お気軽にお問い合わせください。

  • カスタムIEMは、当店からメーカーに発注をかけた時点で一切の変更及びキャンセルができません。
    モデルごとの違いや、カスタムの各選択項目について等、少しでも疑問に感じる部分がございましたら、コチラからお気軽にお問い合わせください。
    また、よくあるご質問として、コチラにFAQを載せております。ご参考ください。
    【カスタムIEMについて問い合わせする】



ばなー

あ、どうも。

バレンタインと聞くと

チョコよりボビー・バレンタイン監督が真っ先に思い浮かぶ

奈良県民ゆーきゃんです。

 

先日、イーイヤ旧秋葉原店舗がどうなっているのか気になって

行ってみました。

・・・・・・・・・・。

かなり風変わりしてましたね。

ちょっと中にも入ってみましたが、なかなか興味深かったです。

一度みなさんもお時間があれば行ってみてください。

僕は過去を引きずる傾向にあるので、あえてこれ以上触れないでおこうと思います。

 

はい本題。

 

先週の僕のこちらのブログは確認していただけましたでしょうか?

top

【カスタムIEM】今売れに売れているWestoneカスタムIEMはなぜ売れているのか?【考えてみた】

 

こちらの内容でも触れてましたが

今カスタムIEMで最もオーダーを受けているメーカーが2つ。

それは・・・・

Westone

FitEar

なんですよね。

先週は、ここ最近で最も人気に火がつきまくっているメーカー

Westoneを検証しましたが、今週はFitEar!

FitEarカスタムIEMに関しては、ここ最近勢いよくっっ

というわけではなく、

長い間人気を保ち続けているメーカーですね。

にもかかわらず、今年に入っておそらくWestoneと並んでかなり多くの受注をしております。

先々週くらいですかね?土日の二日間だけでFitEarカスタムIEMのオーダーは二桁を越えるオーダーを頂いております・・・。すごすぎ。

 

いったいこの人気の秘密は何故なのか!?

検証したいと思います!

 

ハイドン!!

 タイトル

 

はい、検証シリーズ第2弾。

FitEar。

文字色はね、なんとなくFitEarさんって黄色ってイメージでしょ?

そこ思えばWestoneさんのときオレンジにすればよかったと後悔してます。。

 

フラッグシップモデル

MH335DWが販売開始となったのは2012年の春頃だったでしょうか。

約3年の月日が経とうとしている訳ですが

いやはや、ここまで安定して人気を保ち続けているイヤモニは本当に数少ない。 

 

そのMH335DWを筆頭に、愛されるブランドとして日本のカスタムIEM市場を牽引しているFitEarの人気の秘密とは!?

 

FitEarカスタムIEMが人気な理由その

「シェルの透明感が尋常じゃない」

 

これはもう有名な話ですよね。

本当に、綺麗過ぎるといっても過言ではないくらい綺麗です。

仕上がりに不満がある、というご意見は聞いたことがありません。これほんま。

kohaku

 

めちゃめちゃクリア!!!

主に素材として使用されているのは

紫外線照射で硬化させる「光重合レジン」というもので、

以前まで使用されていた「加熱重合レジン」というものに比べると粘りが少なく硬いというガラスに似た特徴とのことです。

それゆえ透明感があるわけですね!

 

前回のWestoneカスタムIEM検証のとき

デザインが豊富ですごい!!!

と書きましたが、その点においてはFitEarさんのカラーは

クリア

レッド

ブルー

ブラック

 

の4種類の組み合わせのみになります。

Westoneと比較にならないくらい少ないですが、シンプル党クリア派の方にとっては問題ないですね。

 

装着感に関しても、耳栓というよりも耳蓋というか。

耳に蓋をしてしまうイメージ??

がっぽりびっちりと耳に収まる装着感には定評がありますね。

Westoneのフレックスカナルと比べると好みは分かれそうな気はしますが、お互い遮音性は抜群です。

ん〜〜、このオーダー数でこのリフィット率の低さは本当に驚きです。

 

 

では次

FitEarカスタムIEMが人気な理由その

「国内外でのアーティストユーザーの多さ」

 

これはねー、知る人ぞ知るってところもあるかもしれないのですが・・・。

日本だけでもめちゃめちゃ多い。

アーティストさんア行のリストだけでも数百人のレベルです。

紅白とかで、見たことありません?この感じ。

IMG_744

 

FitEarカスタムIEMのコネクタはかなり特徴的なので、すぐわかります。

まぁすぐわかるのは見慣れてるからってのもありますが。

 

あーそうそう、このコネクタの不良率の少なさもやはり人気の一つでしょうね。

ガチっっとはまるので、ほとんど勝手に外れちゃって。。。ということがありません。

 

ちなみに、以下、過去FitEarさんのカスタムIEMを作られたアーティストの方たちのリストです。

 

FitEarオフィシャル「クライアントリスト」

 

スピッツ、ももくろ、氣志團、スキマスイッチ、Perfumeなどなど・・・

もうこのリスト内だけでフェスが10回くらい、いやもっとか、

できちゃいそうなくらいすごいでしょ?

 

 

FitEarカスタムIEMが人気な理由その

「やっぱり音が凄く良いから」

Westone同様、この理由はもう説明する必要もないところですね。

有名なアーティストの方々もそうですが、我々の界隈でいうところで、野村ケンジさんなどの有名なオーディオ評論家の方々なども多く愛用されているんですね。

イーイヤスタッフだと、たっくんやりょうたさん、アフロ社長も愛用しております。

 

ここ最近だと、Aya〜彩〜が発売開始となりましたね。

C

▼須山補聴器 FitEar Aya e☆特価¥124,900-

 

Aya

 

ほら、可愛い。

あ、、、

なんかこう、ぐあーーーーっと色々な作業をしながら、その合間合間でブログを勢いよく書き進める途中にこの画像を添付した今

ちょっと僕の中の何かが目覚めたような、そんな不安に駆られました。

だってこの擬人化はずるいでしょう。

けしからん格好をしておりますな。ふむふむ。(鼻息激荒)

 

詳しくはコチラを・・・↓

■リンク:Aya 〜彩〜 – HOME

 

「スペックを気にせず、純粋に音楽を楽しんで欲しい」

という社長の意思により、カラーはオールブラックのみなります。

ただ、他のモデルとはちがってシェルの印字が金色なんです〜。

 

そんな彩ちゃん。

音質面のコンセプトはズバリ「アニソン」。

これも有名な話ですよね。

でもちょっと勘違いされがちなのが

「アニソン専用イヤモニなんでしょー」ってご意見。

いやいや、専用て、そんなわけないですよ。

須山さんの見解はこう

アニソンが問題なく再生できれば、どんなジャンルに対応できる

考えればそうなんですよね。

今も昔も、アニソンを歌うのはボカロとか以外は人間なんですから。

 

それでは、実際ユーザーであるりょうたさんより

 

B

愛のこもったレビューを。

 

音質的にはボーカルを重視した印象ではあるものの、非常に柔軟で表現力豊か。

個人的にFitEar製品はスケール感の大きさと音のまとまりが良いことが特徴と思っていたのですが、Ayaもその例から外れず、安定して様々な楽曲を楽しく聴かせてくれます。FitEar MH334ほどの重厚感や、Private 333ほどソリッドさはありませんが、ボーカルの表現力や鮮明さは抜きんでて素晴らしいものがあり、かつ「ボーカルが際立って聴こえるのに伴奏との調和がキチンととれている」という珍しい印象を覚えます。しかしアニソン全般を聴いても、一般的なJ-POPやロックなど何を聴いても楽しめるため、Ayaに掲げられた「アニソンを楽しめるのなら本来はどんなジャンルも楽しめるはず」という、前作「萌音」に対するアンチテーゼが強く感じられます。

 

とのことです!

本当に一度試してみてくださいね!

 

そして、やはりこちらは紹介せざるをえない。

FitEarカスタムIEMの中でも不動の人気を誇る

MH335DW!

 

INC_0029

▼須山補聴器 FitEar MH335DW e☆特価¥179,900-

 

本邦初公開。

また、作っちまいました。

It's mineでございます。

普段は緑系統のカラーを左にもってくるのが僕の癖なんですが

なんとなく、今回は左をオールクリア、右をオールブラックで依頼しました。

ありそうでないでしょ?

 

いやーーーー

めちゃくちゃいいですね。

一聴して即座に出た僕のイメージは「こりゃ売れるわ」でした。

いや、こりゃ売れますよ。

だってめちゃめちゃ音がいいんですもん。

 

それでは、僭越ながらレビューをさせていただきます。

 

MH334の正統進化、低域に一基ドライバーを追加したモデル、MH335DW。DWというのはダブルウーファーですね。

イメージどおりの低域の量感、沈み込み。

イメージ以上の低域の解像度には大変驚きました。

フラットな音質でモニターをしたいという方には向かないかもしれませんが、この高解像度、この明瞭さと安定感、こんな音を嫌いだという人がいるわけがないとまで思わせてくれました。

かなりレスポンスがよく、勢いのある音ですね。

そのうえ、カスタムにありがちな音場が狭いというイメージを払拭してくれました。

楽器表現もすばらしく、スネアの音というよりも、叩くことによる振動がストレートに響いてくるというか、空気感までもしっかりとリアルに伝えてくれるカスタムだと感じました。

試聴機もかなり精巧に作られているので、実際にカスタム化したものとさほど変化はありませんので、ぜひご試聴頂きたいですね。

 

こんなところでしょうか。

解像度うんぬんは言う間でもなく、苦手なジャンルが見当たらない秀逸な作品だと思います。

 

ではもいっちょ、カスタムIEM専門店マコによるレビューはこちら

 

このIEMには質実剛健という言葉が似合います。
MH334に更なる低域の量感の向上を目指し、ダブルウーファー採用しております。太さ、切れがしっかりとありながら、そっと下から支えてくれるような、奥ゆかしいさえ感じる低域となっております。
MH334譲りの中域は厚さもさながら明瞭な表現力に富んでおり、高域は適度な柔らかさを含みつつ、金属類の音の表現が鋭さがあり好印象です。
モニター系らしい誠実さといいますか、シビアさがありますが、適度な艶感があるためか、他人行儀な冷たさは感じません。MH334に比べ、男性ボーカルは少々マスクしている印象を受けました。女性ボーカルは相変わらずです。
能率が良い為、基本的にプレイヤーは選びませんが、誠実さゆえプレイヤーの荒まで見えてしまいますので、ハイレゾプレイヤーでの使用をオススメします。
総じて日本の宝といえるレベルのモデルです。是非一聴してください。

 

イメージはなんとなく思い浮かべられたでしょうか。

多少我々のレビューも誤差はあるかもしれませんが、参考までにということでご了承ください。

 

いやほんまに、めちゃくちゃいいです。

それこそ価格もお高めではありますが、お渡ししたお客様みなさんご満足いただいているようですので、是非機会があれば作っていただければなぁと思います。

 

最後におまけというか、これも理由だと思うんですよね。

 

FitEarカスタムIEMが人気な理由その

「社長の人柄が良いから」

 

これ、大事でしょ。

須山さんといえば、彩を作られたルーツでもある大のアニメファンで有名ですね。

こちらは須山さんのTwitterアカウントです。

@kindo3

 

アニソンビールオフ会という、タイトルのまま、アニソンを聴きながらビールを飲もう!というオフ会まで主催されるほど。

年始に配信しましたユーストリーム番組イーイヤTV

「緊急特番イーイヤTV『新春!ハイレゾ大会議!!〜勉強編〜ぁ戞

こちらの番組内でも、大変盛り上がりました!

 

人柄がいいってのは武器ですね。

ユーザーの方たちの意見にもまっすぐ向き合ってくれますし、Twitterなんかでもお返事いただけるとおもいますよ?笑

 

 

以上、僕なりの見解でした!

まぁなにより、カスタムIEMは作ってみないと本当の良さがわからないところがありますし

実際作っていただいた方の満足いただいているお声が広まっているからこそ、人気も保ち続けられるってのが全てなんでしょうけどねぇ。

 

是非聴いて頂きたいです!FitEarカスタムIEM製品!

機会があればお試しください♪

 

ではでは(・ω・)ノ

 

□FitEarオーダーページはこちらから□

カスタムIEMのレビュー広場って知ってる?

最近チェックした商品