• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

エンパイヤーイヤーズ

【カスタムIEM】EMPIRE EARS APOLLO-X【アポロ 10 Driver,5-way】【納期目安:約2ヶ月】

価格

203,000
(税込)
送料無料

インプレッション(耳型)の料金は含まれません。

ポイント

0

保証

12

在庫状況

JANコード

2001151202075

今回紹介させて頂くAPOLLO-X、音を聴いてみてびっくりしました。ます驚いたのは高域のクオリティの高さ、素直なまでにまっすぐ、どこまでも伸びていくかのような鳴らし方をしています。機械的な音ではなくとても自然な鳴り方で最初に聞いた時はBAであることを疑ったくらいです。
個人的にはクラシックが一番向いていると感じましたが、全体的にバランスが良いのでPOPS、特にバラード系の相性は抜群です。
唯一の欠点は音の立ち上がりがゆったりしているので音数の多い物、ROCK系など疾走感が重要な曲に関しては好き嫌いが分かれそうです。
いままでの製品にはない新しい傾向の製品です。試聴機の用意もありますので是非聴いてみて下さい!
【レビュー日:2015/12/06】

試聴環境:iPod touch 6(直挿し)
試聴曲:【JAZZ】カリソメ乙女[DEATH JAZZ Ver]/椎名林檎(48kHz/16bit)・【ROCK】The Klock/AA=(48kHz/16bit)
普段から使用しているカスタムIEM「Heir 10.A」とドライバー構成が同じなのでこのAPOLLO-Xは非常に気になる存在です。聴き比べにはどちらも試聴機を使用しています。低音域の深さ・量感は10ドライバーならではの濃さを感じます。ベースのうねりやバスドラムのアタックが心地よいです。中高域にかけて縦に伸びる印象があり、横の広がりはさほど感じません。ジャキジャキとしたスピードの速いロックはキレがよく、ノリよく楽しめると思います。曲のジャンルを選んでしまうとは思いますが、合う曲にハマればドンピシャ!試聴曲の「The Klock/AA=」は聴いていてとても楽しめました。カスタムIEMとして完成すると音のつながりがさらに滑らかになり、試聴機の粗さが抑えられるかと思います。ぜひお試しください!
【レビュー日:2015/12/06】

試聴環境:AK240SS・iphone5
このモデルの特徴は中域に独特の余韻と粘りや柔らかさがあり、ボーカルの近さ表情の柔らかさと、全体的にウォーム傾向で、ゆったりとした音の立ち上がり、空間は縦長ながら奥行きが感じられ余韻を生かしながら、包み込むような鳴らし方が特徴と感じます。
やはり中域の質感が印象強い本機はカチッと鳴らすというよりかはふくよかに余韻を意識して広がるように鳴らしていく音で、アタック感よりも、実音から音の余韻にかけてを意識的に作っている印象でした。EMPIRE EARSのモデルに共通した意識づけともとれ、通常のカスタムIEMではなかなかないサウンドだと思います。
中高域〜高域にかけては音のちりつきなどが少なく、丁寧に鳴らしてくれる印象が強く、金物は綺麗に響きます。ですが、主張が強いわけでなくどちらかというと控えめな印象を持ちました。低域は量感的に多くない印象で、中低域に近づくにつれて音の太さが出やすい印象でした。バスドラムはドッと重たい音というよりドンと響く感覚で、ベースはウッドベースの懐の深さや、エレキベースは実音の太さを感じやすい音です。全体的に重量感がある音とは個人的には思いませんでした。
全体的にみてギター、ベースの音の太さ、ファットな感じが心地よいのと、ボーカルの太さや表情の豊かさ見えやすさがあり、独特の余韻の残る残響感の強いサウンドははまる人にはどっぷりはまってしまう音ではないかと思います。
出力によって上下のレンジ感、音場の形成の印象が変わりやすく、上流に左右される機種と考えられるので、実際にデモ機で聴き購入することをオススメします。
個人的にはアコギ弾き語りであったり、歌謡曲などは雰囲気が出て気持ちよかったです。R&Bなどもかなり気持ちがよく、じっくりと聞き込みたいという要望に応えられるモデルだと思います。ちなみにこのモデルはBTG AUDIOのSterlight Cableが標準で付いてくるようです。
【レビュー日:2015/12/12】

カスタムIEMのレビュー広場って知ってる?

最近チェックした商品