• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

ソフトバンクセレクション

SoftBank SELECTION SE-5000HR/カッパー【ハイレゾ対応カナル型イヤホン】

価格

7,400
(税込)
送料無料

ポイント

0

保証

6

在庫状況

△残りわずか

JANコード

4580152974252
レビュアー:鴻池 賢三 氏
AV機器のアワード「VGP」。過去には、それまで無名だったブランドを評価し、結果的に多くのユーザーの支持を得たケースもある。隠れた良品を発掘するのは、VGPの使命のひとつなのだ。

VGP2016でも、審査員一同を興奮させる事態が起きた。新たなブランドの発掘に成功したのだ。それが「SoftBank SELECTION」のハイレゾ対応イヤホン「SE-5000HR」だ。
実際に音を聴いてみてビックリ。品位に加え、大手メーカーや専門メーカーに引けを取らない魅力も持ち合わせている。
さらに価格を聞いて、もう一度ビックリ。8,880円と、音質や外観からは想像できないほどリーズナブルだったからだ。

後日、他モデルも含めて厳正な試聴と審査を行った結果、「SE-5000HR」は見事、インナーイヤー型ヘッドホン(5000円以上1万円未満クラス)で最高位の金賞に輝いた。加えて特別賞のうち、コストパフォーマンスが優秀な製品に贈られる「コスパ賞」が授与された。
聞いてみると、「SoftBank SELECTION」というと、ものづくりを行わない商社を想像しがちだが、社内で商品企画、デザイン、開発、品質管理までを行っているという。

今回の「SE-5000HR」についても、大手オーディオ機器メーカーに在籍した経験を持つエンジニアやデザイナーが開発を担当しているという。
デザインは金管楽器をモチーフにした造型が特徴。アルミの素材感が高級感を演出している。 末広がりの造型はデザイン性だけを考えたものではなく、対向面を非対称にすることでフラッターエコーの抑制と、それによる解像度の向上も狙っている。
音質はiPhone6に直接接続して試聴したほか、ポータブルヘッドホンアンプと組み合わせてのハイレゾ試聴も行った。

結論から言えば、非常に高音質だ。一聴してシルキーで艶やかな音色に魅了された。基本として低域から高域までワイドレンジでエネルギーバランスが整い、強調感の無い素直な音調が好ましい。濁りや余計な響きを感じさせず、音楽信号がピュアに鼓膜に届くのだ。

こうした完成度の高いサウンドに到達した背景には、ボイスコイルに超軽量なCCAW(銅クラッドアルミ線)や硬質なチタンコート振動版を用いたドライバーのレスポンスの良さと、シンプルな構造でありながら、音の劣化要因を取り除くという、オーディオの王道的な設計手法を突き詰めた結果と言えるだろう。
美しいデザインと類まれなる高音質。オーディオ専業メーカーと比較しても互角以上の出来栄えながら、価格は8,880円というから驚きだ。こうしたリーズナブルな価格が実現できたのは、余計なものをそぎ落とした洗練の美と言える。
(このレビューは「Phile-web」に寄稿された記事の抜粋です。記事の続きは「Phile-web」でご覧ください。)続きを「Phile-web」で読む

◎特徴



  • ドライバーユニットの配置を最適化
    高音域の広がりと、自然で奥行のある低音域を実現

    Direct Fixing方式
    ボイスコイルを振動板に直結。
    伝達ロスとノイズを軽減し、のびやかな高音域を実現



    Floating Cabinet構造
    ドライバーユニットを含むハウジング部を独立させた
    オリジナルフォルムでノイズを防ぎクリアな音を再生

    洗練されたデザイン
    金管楽器をモチーフにした美しいデザインと
    圧倒的な機能性を両立

    ハイレゾリューション対応スペック
    マスター音源の解像度を忠実に再現するハイレゾ対応スペック
    通常音源も高音質で再生可能

◎スペック

  • 対 象 機 種:3.5mmミニジャックを搭載したiPhoneやAndroidTM搭載のスマートフォンなど
    ドライバーユニット:ダイナミック型φ8.0mm
    再生周波数帯域 :5Hz〜45kHz
    インピーダンス:12Ω±15%
    プラグ形状:φ3.5mmステレオ4極ミニプラグ(L型)
    コ ー ド 長:約1.2m(Y型)
    質   量:約15.9g

    付属品
    □イヤーピース(XS・S・M・L) ×1
    ※イヤーピースのMサイズはイヤホンに装着されています。
    □ポーチ ×1
    □取扱説明書

りょう太 - バナー

皆さんおはこんばんちは。

e☆イヤホンのりょう太です!

 

数多くのハイレゾ対応製品が続々発売となっている昨今。

なんとSoftBank SELECTIONからハイレゾ対応をうたうイヤホンが発売となりました。

アイキャッチ-min

■SoftBank SELECTION SE-5000HR

 

カラーは3色。

 

このSE-5000HR、再生周波数帯域が5Hz-45,000Hzと優秀なカタログスペックを誇りながらもアンダー10,000円といういかにもコストパフォーマンスが高そうな匂いがプンプンします。

 

<このイヤホンをオススメしたい人>

・洒落たデザインのイヤホンを探していた人

・手頃なハイレゾ対応イヤホンを探していた人

・10,000円未満で音の良いイヤホンを探していた人

 

20151120-PB200122-min

■ゴールドのパッケージ。ハイレゾロゴとVGPの受賞シールも。

このイヤホン、VGP(ビジュアルグランプリ)の金賞およびコスパ賞をダブル受賞という快挙。箱のデザインも落ち着いているのでギフトにも良さそう。

 

20151120-PB200124-min

■イヤホンの色合いが映えるパッケージング。

 

20151120-PB200128-min

■取扱説明書、ポーチ、XS、S、M(本体装着済)Lの4つのサイズのイヤーピースが付属。

 

20151120-PB200136-min

■Floating Cabinet構造

ケーブルブーツ、シャフト、そこから独立したハウジングをもつFloating Cabinet構造。ノイズを減らすことを目的としたデザイン。その分、風変わりで少し長めのボディになっています。

 

SB-EM03-ISSP_04

■Direct Fixing方式

ボイスコイルを振動板に直結させたDirect Fixing方式を採用。伝達ロスとノイズを軽減して高音域の伸びを実現しています。

 

20151120-PB200130-min

■ほんのちょっぴり大きめのボディ。

一見大きくて耳への収まりが心配になりますが、実際に装着するとフィット感は良好。金属製のハウジングですが耳から外れやすいということもありません。

 

 

名称未設定 1-min

■ケーブルの途中にはスマホなどに対応した1ボタンのリモコンマイク。

ソフトバンクの製品らしく、スマホなどに対応したリモコンも搭載しています。

再生停止などが可能な1ボタンとハンズフリー通話ができるマイクも搭載!ハイレゾ対応のスマホも増えてきているのでリモコンマイクがあると何かと便利です。

 

 

20151120-PB200144-min

■リモコンマイク搭載なのでプラグは4極。

プラグはスマホユーザーに好まれるL字型。プラグのハウジングもスマホをケースに入れていてもケースと干渉しにくい細めの作りになっていて、スマホユーザーへの配慮は流石。

 

 

20151120-PB200151-min

■ケーブルには溝が彫られた絡みにくいものを採用。

良好なフィット感、リモコン、ケースに干渉しにくいプラグの構造、絡まりにくいケーブルと極めて使いやすい作りになっています。

「ハイレゾ対応」や「高音質」をうたいながらも、優秀なユーザービリティを獲得しているイヤホンなのです。

 


 

▼音質

20151120-PB200155-min

■スペックはさておき、音が良い。

 

「ソフトバンクが本気で作った音」

ソフトバンクがいままでどれぐらいの期間どれぐらいの数のイヤホンを手がけてきたのか…見当もつきませんが、少なくともオーディオ製品に強いイメージはハッキリ言って微塵もありません。

そんな同社が自社ブランドで「本気で取り組んだ」というイヤホン。若干ながらも眉唾にならざるをえません。

 

パッと聴きで…お、これは高まるぞ!一瞬でガッカリするようなクオリティには程遠い、洗練された音に驚かされました。最初のハードルを軽々とクリアしてくれたのです。

中高音のスピード感とキレが良く、例えば上原ひろみさんのMove、SOIL&"PINP"SESSIONSのSuffocationなどではスピーディーな曲の情報が雪崩のように耳へ流れ込んできます。低音域の量感はほどほどで、ハリとコシの強めな躍動感のある印象。バスドラの音がドスッとタイトに鳴ります。欲を言えばもう少し深みが欲しいところですが、強めのアタック感でノリが良く聴いていて気分がハイになります。

ギュッと凝縮された濃厚なサウンドなので音の広がりは少し弱く、サウンドステージもそれほど広くはありません。反面、頭の中央から前にかけて音像がハッキリと見えてくるタイプなので臨場感もあり、これは確かにハイレゾ音源を楽しむのにはうってつけです。

 

例えば外行き用のオシャレなイヤホンとして買っても、思わずじっくり聴きこみたくなるような音なので"初めて高価なイヤホンを買う"方にとっても「良い買い物をした」と思わせるだけのクオリティを十分持っています。

10,000円でお釣りがくるイヤホンとしては極めて真面目で優等生、本当に音が良いイヤホンです。

 

このイヤホンを買った方はきっと周りの人にも「良いイヤホンがあるよ!」と勧めたくなるのではないでしょうか?

 

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品