• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】
RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】
RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】 RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】

RHA

RHA S500【ウルトラコンパクトなエントリーモデル】

価格

4,555
(税込)
送料無料

ポイント

0

保証

36

在庫状況

○在庫あり

JANコード

5060212270870

<試聴環境>AK380→S500 / レビュー曲「Kalafina:heavenly blue」「飯田里穂:始まりたいカノン」「Shaggy Jr.:LISTEN TO THE MUSIC」「宇多田ヒカル:誰かの願いが叶うころ」
アラウンド1万円クラスの王者MA750やメタルインジェクション成型のステンレスハウジングが特徴のT20など、いずれも評価の高いイヤホンを輩出するRHA社のエントリーモデルとして登場したS600。発売時点(2015年10月)で約6,000円という価格設定ながら、その完成度はかなりのもの。15,000円〜20,000円ぐらいの値付けでも納得する人は多いのではないでしょうか。搭載されているマイクロダイナミックドライバーというのは、ハウジングの小ささからも口径の小さなダイナミック型ドライバーであることは想像に難くありませんが、仮にそうだとして、よくもまぁこんな音をこのサイズで出力できるなぁと純粋に技術進歩に感動してしまいます。先に試聴した周りのスタッフが「女性ボーカル曲を聴くのににむいている」と言うので、それらを重点的にチョイスして聴いてみました。パッと聴きでは非常によくできたシングルBA機のような音で、いずれにせよこの価格では納得できない…と言うか店で見かけたら「価格の表記ミス?処分価格か?」と思ってしまうほど。音の濁り、歪みが少なく、低音域は厚みこそ同価格帯の低音を売りにしたような機種に及ばないもののレスポンスが非常によく、凛とした鳴り方。高音域はシャープでエキサイティングな表現を得意とし、ややキレが強くも感じられますが安っぽさがあまりなく、無理なく上手に鳴らしています。この「あまり無理をしすぎない」鳴らし方に逆に好感が持てます。そしてボーカル、特に女声の表現力が非常に高く、楽曲としては今回聴いた中で宇多田ヒカル/誰かの願いが叶うころが相性ドンピシャ。ストリングス、ピアノの音とも調和がとれていて、生楽器との相性が良い印象。繰り返しになりますが、この価格でこれほど贅沢な音が楽しめるのは一ユーザーの視点から見て大変ありがたいことですね
【レビュー日:2015/10/12】

<試聴環境>iPhone5s→S500 / レビュー曲「AAA:恋音と雨空」 「元ちとせ:ワダツミの木」 「LUNA SEA:TRUE BLUE」 「西野カナ全般」
自称、コスパイヤホン大好き人間が発売前から非常に気になっていた製品。まず外観と装着感からレビューをさせていただきますが、ストレートプラグで細く、簡易的なiPhoneケースに干渉しないのはありがたいところ。ケーブルはプラグ〜分岐部分まで絡みにくいファブリック仕上げ。非常に本体が軽いです。なのに高級感出てますねー。遮音性も中々。少しこもる感じがするかもしれませんが、その場合は付属のダブルフランジのイヤピを装着すれば、すっきりとした音質になります。肝心な音質の部分ですが、聴いた瞬間のボーカルに◎!中域〜高域が非常に秀逸。低音はスカスカかなと思いきや、全体的にズゥーンというような感じで鳴らしてくれています。もしかすると聴き始めは少しボヤけて聴こえるかもしれませんが、イイ感じのフィルターになって、ボーカルが刺さりにくくなっています。アルミニウム筐体なのでバックミュージックのシンバルなどが若干硬さを感じるかも知れません。それでもこの価格帯でこの音質は秀逸。特に女性ボーカルの際立つ曲は、ボク個人の中でドストライクで、必ずオススメしたいイヤホンに入るでしょう。
【レビュー日:2015/10/12】

<試聴環境>iPhone5s→S500 / レビュー曲「T-SQUARE:Paradise」「Bump of chicken:虹を待つ人」「TRIX:Recollection」
MA750で話題になったRHA社の新製品はコスパ抜群のS500です。小型でアルミハウジングを採用しているS500は見た目通り繊細で煌びやかな音を出してくれます。音のイメージとしては、ZERO AUDIOのZH-DX200を高音寄りにしてレベルアップさせたような音です。やや高音寄りフラットですね。小さめのドライバーにもかかわらず、広い音空間を再現してくれるので、ジャズフュージョンのサックスの響きやロックのボーカルが明瞭に響きます。また、低音は引き締まった必要な分だけ出てくるタイプで余裕でバスドラとベースの音を聴き分けることができます。気になったところと言えばSHUREの製品等に比べて若干遮音性が低いことです。RHA社といえば、イヤホン・ヘッドホン界では驚きの3年保証ですが、こちらのS500ももちろん3年保証がついてきます。6000円近辺でこの高音質、そして3年保証までつけてくれるこんなコスパのいいイヤホンなかなか珍しいと思います。
【レビュー日:2015/10/18】

◎特徴

  • S500の特長は、非常にコンパクトなアルミニウム製筐体、および新たに採用しているダイナミックドライバーです。
    140.1モデルと名付けられたマイクロダイナミックドライバー (micro dynamic driver) は、臨場感溢れる、
    きめ細やかなサウンドで音楽に忠実なリスニング体験を約束します。

    RHAプロダクトディレクターのLewis Heath氏は以下のように述べています。

    “S500は、音質と品質を犠牲ににはしたくないが、
    手頃な価格のコンパクトなインナーイヤーを探し求めている人たち向けに開発した。” 

    また同氏は、”マイクロダイナミックドライバー (micro dynamic driver) を開発し、
    アルミニウム製ハウジングを採用したことにより、全音域に渡るエキサイティングな音源再生を可能に、
    そして筐体を大幅に小型化、軽量化することができました。どのような耳の形にもフィットし、とても快適です。

    “S500”のケーブルは、2つの素材を使用した設計となっています。
    耳へと繋がる分岐部上部のケーブルはトラディショナルなTPE仕上げ、
    プレイヤーへと繋がる分岐部下部のケーブルは絡みにくいファブリック仕上げとなっています。

    付属品は7ペアの各サイズのシリコン製イヤーチップ、キャリーポーチ、衣服用クリップとなります。

    ”S500”は購入日より3年間のメーカー製品保証が付きます。

◎スペック

  • ドライバー: Micro dynamic (マイクロダイナミック)ドライバー
    周波数特性:16-22,000Hz
    インピーダンス:16Ω
    最大出力:5mw
    感度:100dB
    ケーブル長:1.35m

    付属品
    ● デュアル・デンシティシリコンイヤーピース×6ペア(S,M,L各2ペア)
    ● ダブルフランジシリコンイヤーピース×1ペア(S1ペア)
    ● イヤーピースホルダー
    ● キャリーポーチ
    ● クリップ

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品