• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

生産終了品

アイリバー

IRIVER Astell&Kern AK T8iE ブラック【AK-T8IE-BLK】

保証

12

JANコード

4549325019183
×売り切れ

僕はイヤホンを聴いて感動する程の衝撃を受けた事が2度あります。
一度目は忘れもしないSENNHEISER IE800。そして、二度目がこのAstell&Kern AKT8iEです。リケーブル可能なMMCXコネクター採用の筐体は驚くほど軽く、楕円の特殊なイヤーピースと相まって抜群の装着感をもたらします。実際に外で使ってみると遮音性はそこそこですが、音漏れ防止は非常に良好でした。ヘッドホンのイメージとは違い、高効率で音量が取りやすかったのも特徴です。
AKT8iEの音色はニュートラルからややウォーム。
解像度の高さと音像の分離は流石ですが、線の細さは感じず、どちらかというと肉厚でパワフルな音を鳴らします。
まず耳に飛び込んでくるのは圧倒的な低音です。コントラバスの重厚さや、ティンパニーの強烈なアタック感に驚かされます。テスラテクノロジーの恩恵か、これだけのパワーがありながら、一音一音の制動力が素晴らしく、この低音はAKT8iEでしか聴く事のない旨みだと思いました。
中高音域も伸びやかで、どの帯域もビロードの様な艶かしさと、滑らさを持ちます。独特の生々しさがあって、ストリングスの多重奏を聴いた時はゾクゾクきました。ピアノや女性ボーカルのピーク部分も耳に障らず、良い意味でエッジが和らいでいます。
エージングが進むと、中高音域の存在感が一層強まり、AKT8iEの音は実は艶やかな中高音域がメインではないのか?とも思えてきます。
そして、信じられない事に、この音質は付属ケーブルで聴いた時の印象であり、AKT8iEにはまだリケーブルという更なる高みがあります。
至高の音質を是非、ご自身の耳で見つけてみて下さい。
【レビュー日:2015/10/02】

テスラドライバを積んだヘッドホンの印象といえば、「制動力の効いたメリハリのあるハイファイな音」なのですが、イヤホンでのテスラドライバは少し趣が異なるようです。
AK T8iEは小さいです。小さく、また、フィット感に最大限配慮されたハウジングとイヤーピースのおかげで、すごくフィットしやすくなっています。そのおかげで、つけている感覚というのが希薄で、音楽への没頭感が半端無くな高まります。フィット感はユニバーサルタイプでは、最上位でしょう。
そして、その小ささからは想像できないほどに雄大な音がします。先にも書いたとおり、テスラといえばメリハリのあるハイファイな音、という印象があったがために面くらいました。圧倒的なワイド感があります。開放型かとおもうほどに広い音場で、音圧は強めです。でも、テスラらしくきっちり制御されているのか、ぼやぼやした感じは全くありません。
リケーブルにも敏感で、音の違いが顕著に出るのも面白いですね。
【レビュー日:2015/10/02】

ドイツの超老舗ブランドbeyerdynamicが持つ”テスラテクノロジー”をインナーイヤー型としては初めて採用し、高音質オーディオプレイヤーのブランドAstell&Kernとの共同開発で生み出されたのがこのAK T8iEです。beyerdynamicのイヤホンとしては初のケーブル着脱式、更に「ダースベイダーの帽子」の異名を持つ特異な形状のイヤーピースなど、革新的な要素を多く持つイヤホンです。今までは大型のヘッドホンにしか搭載されてこなかったテスラテクノロジーユニットを超小型化、かなり小さなハウジングに収めたことでスペックやそれに対する価格とはおおよそ不釣り合いな程のコンパクトさ、極めて良好な装着感を獲得しています。耳に装着した感覚はかなりライトですが、それに反比例して不思議なほど耳から外れません。初めて装着する際はおそらくこの不思議な装着感に戸惑う方が多いのではないでしょうか。”戸惑い”という意味では、その音質にも戸惑いと驚きが隠せません。個人的に世界最高峰の高音質ヘッドホンと思っているT1やDT1770 PROにも搭載されているテスラテクノロジーを採用している点、そしてプレミアムな価格。否が応でも期待が高まるものですが、実際に聴いた音はその期待を良い意味で裏切るもので、この小さなイヤホンから鳴っているとは思えない力強く深みのある低音域、どう考えても今までのイヤホンのものとは比肩できません。非常に空間的、かつダイナミックレンジも広く聴いていてとにかく楽しい!低音の量感豊富であるため、聴いてすぐに「低音の躍動感!」と感動する方が多いでしょう。ドラムのアタック感やキレも素晴らしく、低音好きにオススメしたいところなのですが、実はエレキギターの情報量がとてつもなく多いのも聴き逃せないポイント。ギター好きの方、ギタリストの方も必聴です。AK T8iE、試聴した他のスタッフも「レビューが難しい」「この新感覚を言葉にするのが難しい」と言っていましたが、とにかく「聴くが早し」とレビューを放棄するような言葉を綴りたくなるほど、「とにかく聴いてほしい!」イヤホンです。繰り返します、とにかく聴いてください。
【レビュー日:2015/10/02】

◎スペック

  • ユニット:ダイナミック型
    形式:密閉型
    周波数特性:8 – 48,000Hz
    インピーダンス:16Ω
    許容入力:10mW
    音圧レベル:109dB
    ケーブル
    ・着脱式ケーブル(MMCX)1.3m 2.5mm/4極 (AKバランス) L型プラグ
    ・着脱式ケーブル(MMCX)1.3m 3.5mm/3極 L型プラグ
    重量:約7g(L/R、ケーブル含まず)

    付属
    □着脱式ケーブル(MMCX)1.3m 2.5mm/4極 (AKバランス) L型プラグ
    □着脱式ケーブル(MMCX)1.3m 3.5mm/3極 L型プラグ
    □シリコンイヤチップ(XL/L/M/S/XS)*Mサイズは装着済み
    □コンプライフォームイヤチップ (Small / Medium / Large )
    □ハードレザーキャリーケース
    □ケーブルクリップ

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品