• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】
JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】 JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】
JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】

ジェイブイシー

JVC(ビクター) SIGNA 02 【HA-SS02】【ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン!】

価格

22,373
(税込)
送料無料

ポイント

0

保証

12

在庫状況

○在庫あり

JANコード

4975769435225

バーチャル試着サービス『VirTry』 - 公式サイト powerd by DMR

-->

JVC初のハイレゾ対応を謳うオーバーヘッド型ヘッドホン。ドライバーにメインのマグネット以外にもう一つマグネットを搭載しているのが特徴です。マグネットを増やすことで音のキレが良くなっており、ハイレゾ音源のような情報量の多い楽曲を再生する際に必要とされるドライバーのレスポンスを向上させることに一役買っています。兄弟機にして上位モデルにあたるSIGNA 01が豊かなサウンドを特徴としているのに対して、SIGNA 02は研ぎ澄まされた音のキレと無駄を削ぎ落としたサッパリとクールなサウンドに仕上がっています。中音域に余計な味付けをしないことでフラットなサウンドにすることでボーカルを自然で忠実に再現していることが、ハイレゾのボーカル曲をよく聴くので非常に好感触。低音域も誇張感のない適度な量感と厚みなので伴奏がうるさすぎることもなく、バラードやR&Bなども気持ち良く楽しむことができます。スレンダーで美しく音を描写し、ボーカル好きにはたまらないヘッドホンです。
【レビュー日:2015/09/10】

上位モデルのSIGNA 02と比べドライバーユニットのマグネット数やパッドなどでコストは抑えつつも、SIGNA 02同様高い音質を実現しているのがSIGNA 01。
SIGNA 02宜しく解像度とバランスの良さというハイレゾヘッドホンの特徴を持ちつつ、低域の豊かさやボーカルの聴きやすさといった音楽を楽しめる音質を実現しています。確かに02と比べると音の輪郭の部分で若干劣ったりするところは正直ありますが、音質のレベルというよりかは性格の差くらいに感じさせる仕上がりは素晴らしいと感じます。
SIGNA 02もそうですが数々の新しい技術などを採用しつつも、そこばかりを全面に出しすぎない。最終的にしっかりと高い音質で勝負をしているのがJVCの良いところだと思います。
【レビュー日:2015/09/10】

試聴環境AK380から直差しとiPhone5sから直差し。プラグはiphoneケースを付けていても挿入できるタイプです。長時間着けてると、やや耳が痛くなるかなと思う。
ハイレゾ対応のヘッドホンとのことですので、ハイレゾ音源で聴くのと、iPhoneで聴いた時の印象で聴き比べしてみました!
宇多田ヒカルの楽曲をAK380とiPhone5sで聴き比べてみたのですが、AK380で聴くと、全体的にドッシリとした音の傾向になります。濃厚です。iPhone5sで聴くと、とても軽やか・フラットに聴くことができます。分離感もよくよく分かります。ただ少し高音がきつく感じるかも。ハイレゾ・非ハイレゾのどちらでも聴き比べて分かったのですが、このヘッドホンはボーカルが前に出てくる楽曲に対してすごく気持ちよく聴けるなと思ったのが素直な感想。特にAK380で山崎まさよしの弾き語りを聴いたときは圧巻でした。
【レビュー日:2015/09/10】

レビュアー:山本 敦 氏

サウンドキャラクターを変えたSIGNAの弟モデル

本機「SIGNA 02(HA-SS02)」は、JVCブランド初のハイレゾヘッドホン「SIGNA」シリーズの弟機。
ハイレゾを含む高品位な音楽ソースをいい音で楽しむための新しい潮流をつくること。
これがSIGNAに課せられた使命だ。今回はシリーズに2つの新製品が発表された。

本機は「SIGNA 01」の弟機ではあるものの、再生周波数帯域は同じ8Hz〜52kHzのワイドレンジをカバーしていたり、
40mm口径のダイナミックドライバーに、高分子樹脂フィルム素材の「PEN」を組み合わせたユニットなど、
上位機の技術的アドバンテージとの共通点は数多い。装着性の面ではイヤーパッドにSIGNA 01に採用したものよりも簡易なプロテインレザーを使っていたり、
ハウジングの表面処理やディティールの化粧パーツなどに差をつけている。

イヤーパッドは“01”のソフトタイプのものに比べると、ほんのわずかに肌触りが変わってくるが、
側圧は控えめに抑えて、イヤーパッドの密着感をキープして音漏れを少なく抑えた。
本体の質量は“01”よりも若干軽く抑えられているので、さらにアウトドアでのポータブルリスニングに最適なヘッドホンだといえるだろう。

サウンドは“01”の試聴環境と揃えて、MacBook Pro/Audirvanaにオーディオテクニカのポータブルヘッドホンアンプ「AT-PHA100」を組み合わせて聴いた。

シリーズもののヘッドホン/イヤホンを立て続けに試聴評価する作業は、時としてしんどく感じられることもある。
何故なら、確かに上位モデルの高音質化のエッセンスは注入されているものの、そこから単純にスケールダウンしたような、
エキサイティングではない小粒な製品も割と多いからだ。その点、SIGNAの「01」と「02」のキャラクターは明らかに異なっていて、
聴き応えは十分。気が付いたらリスニングにのめり込んでいた。

マイケル・ジャクソンのバンドは、ボーカリストをステージの中央に定位させながら、
どの楽器からも均等に凛とした存在感を感じる。聴感上のバランスはフラットに整えつつ、
低域は二重線を引いたような印象の強みがある。それは中高域の音の輪郭も際立たせ、音楽にシャープな切れ味を与える。
例えばマイケルのボーカルからは生き生きとした生命力が溢れ出るようになり、クレバーな表情を随所に垣間見せてくる。

ピアノコンチェルトは広々とした音場を描写する方向性は“01”に相通ずるものがあるが、
“01”ほどに激しくリスナーの感情をゆさぶってくるようなことはない。
だが、一方で冷静な観察者のようにディティールを逃さず克明に描く忠実さ、
細部のニュアンスも着実に汲み上げる安定感の高さがこのヘッドホンの音づくりにおける土台の部分だ。
そこへさらに、透明でスピーディーな低域再生という特徴を活かしつつ、“02”ならではのモニターライクでありながら、
どこか良い意味で隙のある音楽性のようなものをにじみ出させてくる。オーケストラを構成するアコースティック楽器の、
音色の個性が鮮明に浮かび上がってくるところにも、このヘッドホンが持っている音楽性の豊かさを感じてしまう。
“01”と同じく、スマートフォンに直接つないで音を聴いてみても、本体の遮音性が高くアウトドア環境でも十分音楽に集中ができる。
最近はハイレゾ対応のスマートフォンも増えてきたが、ハイレゾ音源も含めて家の外でも中でも、
音楽をじっくりと腰を落ち着けて聴く時間を増やしたいと考えている方々に最良な選択肢となるヘッドホンではないだろうか。

2015/09/中旬

◎特徴

  • 表情豊かなボーカル、重なり合う楽器の音色を艶やかに再現する
    ハイレゾ対応バンドポータブルヘッドホン“SIGNA(シグナ)
    ”誕生!



    1.新開発のハイレゾ対応高音質ドライバーユニットを搭載
    振動板には軽量で高強度なPEN素材を新採用。


    SIGNA 01には音の輪郭を細部まで再現する“トリプルマグネット”
    SIGNA 02にはキレの良いサウンドを実現する“ダブルマグネット”を採用。

    ハイレゾ音源の持つ繊細な音楽情報を豊かに再現します。また、ユニット内には新開発の“クリアサウンドプラグ”を配置し、抜けが良く、純度の高い中域を実現しています。


    さらに、SIGNA 01にはバッフルの不要な振動を抑制し、ハイレゾ対応ドライバーユニットの能力をロスなく引き出すことで高音質を実現する“アンチバイブレーションリング”を搭載しました。

    2.新開発“シーケンシャル・ツイン・エンクロージャー”の採用により、
    ワイド&フラットなハイレゾサウンドを実現

    エンクロージャー(筐体)の内側に中高域用のキャビティ(小部屋)を配置することにより、中高域と低域のバランスを最適化し、ワイド&フラットなハイレゾ ワイド&フラットなハイレゾサウンドを実現します。


    また筐体には、ハイレゾ対応ドライバーユニットの表現力を最大限に引き出す、グラスファイバー配合高強度ポリアミド樹脂を採用しました。さらに、新開発の“アンチバイブレーションジャック”の採用により、着脱ケーブルのプラグとジャックの接触を安定させ、不要な歪みを最小化しています。

    3.快適な装着感を実現する、ハイレゾ対応コンフォータブルイヤーパッドを採用
    音質にも配慮した、肌触りのよいレザー素材と低反発クッション採用のイヤーパッドにより、快適な装着感を実現します。SIGNA 01には さらに上質な素材を採用し、より長時間のリスニングも快適に楽しめます。

    4.シンプルな美しさを追求した本物志向の、スタイリッシュデザインを採用
    ビジネスファッションにもマッチする、シンプル&スマートなスタイリッシュデザインを採用。洗練されたスタイリングを提案します。また、コンパクト&軽量設計で手軽に持ち運びが可能です。

    5.更なる高音質を実現する、L/R独立グランドケーブル&プラグを採用
    セパレーションを向上させ、自然な空間表現を実現します。

◎スペック

  • 【HA-SS02】
    型式:ダイナミック型
    ハイレゾ対応:○
    ユニット径:Φ40.0
    出力音圧レベル:98dB/1mW
    再生周波数帯域:8Hz〜52,000Hz
    インピーダンス:56Ω
    最大許容入力:1,000mW (IEC※)
    コード:1.2m (片出し) OFC
    入力プラグ:φ3.524金メッキステレオミニプラグ
    質量(コード含まず):約220g

    付属品
    □着脱式ケーブル
    □キャリングケース

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品