無題ドキュメント
 


ソニー
SONY NW-ZX2【MicroSDスロット搭載Walkman最上位機種】
価 格¥119,750 -(税込)
送料 0 円 / 11,975 ポイント付与
保 証 12ヶ月
在庫状況

○在庫あり

数 量

コード:4905524976434

  • SONY NW-ZX2開発者インタビューリンク
    最新最強のウォークマンNW-ZX2を早速見てきた!

    ウォークマンという一つのミュージックプレーヤーとしての殻を破り、ハード面に惜しみない高音質技術が導入されて開発されたNW-ZX2。ハイレゾ音源だけではなく新たにDSDにも対応、microSDカードスロットの搭載、駆動時間の向上等、前機種ZX1から大きく進化している点も見逃せません。プレーヤー単体としての音質もZX1から大きく向上していて、特に低音域の音圧・量感・質感が高まり、音の基礎となる低音をくっきりと鳴らしてくれます。NW-ZX2の濃厚な味付けは他社の高価格帯プレーヤーと比較すると、
    音場感や繊細な表現を重視する方には受けが悪いかもしれません。この辺りは好みの世界になってくるので、どのプレーヤーがベストという答えはありません。個人的には価格・音質・ブランド力という観点から、プレーヤー単体として自分が使うのならNW-ZX2で決まりです。
    【レビュー日:2015/03/13】

    ソニー ウォークマンの最上級モデルZX2!下位モデルのZX1との比較をしていきたいと思います。ZX1のスタイリッシュな外見から一変し、高級感溢れるデザインになりました。ポータブルとして重要なバッテリーですが、ZX1の約2倍!安心してハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。microSDに対応し、容量を食いやすいハイレゾ音源もたっぷり入ります!そして最も重要な音質。全体的に低域の深みが増えた感じです。低域だけでなく、中域の伸びや解像度の高さなど、ZX1との違いがハッキリと聴き取れます。他社のプレイヤーと比べて価格も抑えられているので、ハイレゾ対応ハイエンドプレイヤーでお悩みの方は是非聴き比べて、候補に入れてみて下さい!
    【レビュー日:2015/03/13】

    待望の新型walkman NW-ZX2が発売されましたね!普段AK120IIを使用する僕にとっても、気になって仕方がない製品です。実際に聴き比べてみると、低音の音圧はわずかにZX2の方が上と感じました。これはAK120IIがスタジオリファレンスなサウンドである事に対し、ZX2はカジュアルでリスニング向きと言えるでしょう。インターフェイスもZX2はお洒落で本体デザインを含め上手くまとまっています。ただ一つ欠点をあげるならば、カスタムIEMで聴いたときにホワイトノイズが聴こえてしまう点だけ気になりました。再生中は問題ないのですが、曲間に聴こえてしまいます。価格差のあるAK120IIとほぼ互角の性能を感じますし、これからハイレゾ生活を始める方には一度聴き比べて頂きたい製品です。
    【レビュー日:2015/03/13】

    ◎特徴

    • 【ハイレゾ音源もMP3も。磨き抜かれた高音質で】
      高音域再生におけるノイズ除去性能を高めた、ハイレゾ音源対応のフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*1)を搭載し、繊細な空気感や臨場感あふれるきめ細かなサウンドを体感できます。また、MP3などの圧縮音源やCD音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリング(*2)する「DSEE HX」(*3)を搭載。DSD対応性能についても強化し、DSD64(2.8MHz)に加え、DSD128(5.6MHz)の再生(*4)に対応しています。NW-ZX2は、ハイレゾ対応プレーヤーとして、そしてウォークマンのフラッグシップモデルとして、お持ちの音源を存分に楽しむための高音質を徹底的に追求しました。

      NW-ZX2詳細

      【さらなる高音質を追求したこだわりのパーツ】
      剛性に優れる肉厚な切削アルミフレームに加え、より低い電気抵抗率を追求し、金メッキを施した銅板を搭載したハイブリッドシャーシを採用。ノイズに強い安定したグラウンドを実現するとともに、クリアで力強い低音域を奏でます。また、すべての高音質を支える電源部を大幅に強化。NW-ZX2専用に開発した大容量バッテリーをはじめ、計7基に増設された大型コンデンサー「OS-CON」や「電気二重層キャパシタ」の搭載により、さらなる音質の進化を遂げました。

      NW-ZX2パーツ

      【高音質を極めるために生まれた形】
      NW-ZX1から変わらないデザインコンセプト「高音質を構成するための必然の形」のもとに、音楽専用端末としての本質と独自性を表現したデザインです。例えば、両サイドに丸いふくらみを持たせた切削アルミフレームは、安定した高音質を実現するために、アルミを肉厚にすることで剛性を高めたもの。そして隆起した背面下部は、大型コイルや「OS-CON」、「電気二重層キャパシタ」など高音質をつくりだすための多数の大型パーツを格納するアンプブロック。さらに、アルミから切削された円筒と分厚い真ちゅう切削パーツで固められ、堅牢さを増したヘッドホンジャック部。すべては、さらなる進化を遂げたNW-ZX2の高音質を妥協なく構成するための質実な理由によって成り立っています。

      NW-ZX2デザイン

    容量 【NW-ZX2】128GB
    再生 音楽、ビデオ、写真
    信号圧縮形式(音声圧縮形式) MP3 *1/WMA *2/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/リニアPCM(WAV) *3/AAC *4/HE-AAC *5/FLAC *3/Apple Lossless *3/AIFF *3/DSD *6
    信号圧縮形式(ビデオ圧縮形式) 映像:AVC *7(H.264/AVC)、MPEG-4 *8、Windows Media Video 9 *9 音声:AAC-LC *10(AVC、MPEG-4用)、WMA *2(Windows Media Video 9用)
    信号圧縮形式(静止画圧縮形式) JPEG(Baseline)
    画素数:最大6,048×4,032ピクセル(2,400万画素)
    ディスプレイ 4.0型ワイド、TFTカラー液晶、WVGA(854×480ドット)
    タッチパネル
    Bluetooth機能 ・ 通信方式 : Bluetooth標準規格 Ver 3.0
    ・ 使用周波数帯域 : 2.4 GHz帯 (2.4000 GHz - 2.4835 GHz)
    ・ 変調方式 : FHSS
    ・ 対応Bluetoothプロファイル *11
    - A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
    - AVRCP (Audio Video Remote Control Profile)
    - OPP (Object Push Profile)
    - HID (Human Interface Device)
    - SPP (Serial Port Profile)
    ・ 対応コーデック *12 : SBC *13, LDAC
    ダイレクトエンコーディング ● *14
    デコード 最大32bit(float/Integer) /192kHz bit to bit デコード
    ビデオ/静止画/ワンセグ表示方向 縦横表示対応
    テーマ/壁紙 - / ●
    同梱アプリケーションソフトウェア 「Media Go」
    本体動作対応OS - Windows(R) 8
    - Windows(R) 8 Pro
    - Windows(R) 7 Starter (Service Pack 1以降)
    - Windows(R) 7 Home Premium (Service Pack 1以降)
    - Windows(R) 7 Professional (Service Pack 1以降)
    - Windows(R) 7 Ultimate (Service Pack 1以降)
    - Windows Vista(R) Home Basic (Service Pack 2以降)
    - Windows Vista(R) Home Premium(Service Pack 2以降)
    - Windows Vista(R) Business (Service Pack 2以降)
    - Windows Vista(R) Ultimate (Service Pack 2以降)
    - Mac OS X v10.6以降
    ※Windows(R)VistaとWindows(R)7の互換モードには非対応
    ※日本語版標準インストールのみ
    歌詞ピタ
    カラオケモード -
    語学学習機能 -
    DLNA機能
    Gセンサー
    プラットフォーム Android(TM) 4.2
    Google Play
    ダンスモード -
    リスト表示検索 ●全曲/アルバム/アーティスト/ジャンル/リリース年/最近追加した曲/プレイリスト/フォルダ/録音した曲/おまかせチャンネル/カバーアートビュー
    50音順並び換え ●全曲/アルバム/アーティスト
    ジャケットサーチ
    おまかせチャンネル
    リピート
    シャッフル
    デジタルアンプ S-Master HX
    DSEE ●DSEE HX *15
    クリアベース ● *15
    イコライザ ●オフ/ロック/ポップス/ジャズ/ユニーク/ソウル/イージーリスニング/低音ブースト/高音ブースト/カスタム *15
    VPTアコースティックエンジン ●オフ/スタジオ/クラブ/コンサートホール/マトリックス *15
    ダイナミックノーマライザ ● *15
    ハイレゾ音源対応
    クリアオーディオプラス ● *15
    通信方式 IEEE 802.11a/b/g/n準拠 *16
    GPS
    充電池 内蔵型リチウムイオン
    USB充電 充電時間(約/時間) 4.5
    充電池持続時間(約/時間) 【音楽再生時】
    ●MP3 128kbps
    約60時間
    ●リニアPCM 1411kbps
    約61時間
    ●FLAC 96kHz/24bit
    約43時間
    ●FLAC 192kHz/24bit
    約33時間
    ●DSD 2.8224MHz/1bit
    約22時間
    ●DSD 5.6448MHz/1bit
    約16時間

    【ビデオ再生時】
    ●MPEG-4 384kbps
    約9時間
    ヘッドホン出力
    ヘッドホン実用最大出力(JEITA 16Ω/mW) 15mW+15mW
    パソコンとの接続/本体端子の形状 Hi-Speed USB/WM-PORT
    microSDメモリーカード microSD(~2GB) *17
    microSDHC(~32GB) *17
    microSDXC(64GB以上) *17
    最大外形寸法[JEITA](幅×高さ×奥行/mm) 約65.1×約131.2×約18.5 mm
    外形寸法[JEITA](幅×高さ×奥行/mm) 約64.7×約130.4×約16.2 mm (最薄部:約14.0mm)
    充電池含む[JEITA](g) 約235 g
    最大記録曲数(音楽) ●MP3 128kbps 約20,000曲
    ●リニアPCM 1411kbps 約2,700曲
    ●FLAC 96kHz/24bit 約800曲
    ●FLAC 192kHz/24bit 約400曲
    ※1曲4分換算 曲数は目安です
    最大記録時間(音楽) ●MP3 128kbps 約1,333時間20分
    ●リニアPCM 1411kbps 約180時間0分
    ●FLAC 96kHz/24bit 約53時間20分
    ●FLAC 192kHz/24bit 約26時間40分
    最大記録時間(ビデオ) 映像のビットレート:384kbps 約462時間20分
    付属品 ウォークマン本体(1)、本革キャリングケース(1)、スペーサー(1)、WM-PORTキャップ(1) 、USBケーブル(1)、取扱説明書(1)、クイックスタートガイド ウォークマンの設定(1)、音楽を楽しむ(1)、ワイヤレスリスニングを楽しむ(1)、オーディオ機器などからの録音(1)、保証書(1)、製品登録のお願い(1)

    ※本製品にはヘッドホン及びmicroSDカードは同梱されておりません。

    • *1本体で再生可能なMP3ファイル形式 フォーマット:MPEG-1 Audio Layer 3、ビットレート:32-320kbps(VBR)、サンプリング周波数:32/44.1/48kHz
      *2著作権保護されたファイルは再生できません。本体で再生可能なWMAファイル形式フォーマット:WMA、ビットレート:32-192kbps(VBR)、サンプリング周波数:44.1kHz
      *3サンプリング周波数:8/11. 025/12/16/22. 05/24/32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz、量子化ビット数:16/24bit に対応
      *4著作権保護されたファイルは再生できません。本体で再生可能なAACファイル形式フォーマット:AAC-LC、ビットレート:16-320kbps(VBR)(サンプリング周波数によっては規格外および保証外の数値も含みます)、サンプリング周波数:8/11.025/12/16/22.05/24/32/44.1/48kHz
      *5本体で再生可能なHE-AACファイル形式フォーマット:HE-AAC、ビットレート:32-144kbps(VBR)(サンプリング周波数によっては規格外および保証外の数値も含みます)、サンプリング周波数:8/11.025/12/16/22.05/24/32/44.1/48kHz
      *6リニアPCMへの変換再生になります。サンプリング周波数: 2.8224, 5.6448 MHz、量子化ビット数:1bitに対応
      *7Baseline Profile/Main Profile/High Profile/最大20Mbps 1,920×1,080 ピクセルまで(本体ディスプレイでは854×480 で表示されます)
      *8Simple Profile/Advanced Simple Profile/ 最大20Mbps 1920×1080 ピクセルまで(本体ディスプレイでは854×480で表示されます)
      *9著作権保護されたファイルは再生できません。最大20Mbps 1,920×1,080ピクセルまで(本体ディスプレイでは854×480 で表示されます) 
      *10最大2チャンネル、ビットレート:32-144kbps(VBR)、サンプリング周波数:8/11.025/12/16/22.05/24/32/44.1/48kHz
      *11Bluetoothプロファイルとは、Bluetooth機器の特性ごとに機能を標準化したものです
      *12音声圧縮変換方式のこと
      *13Subband Codec の略
      *14別売録音用ケーブルWMC-NWR1が必要です
      *15音楽再生時のみ有効
      *165GHzワイヤレスLAN機器の屋外使用は法令により禁止されています
      *17すべてのmicroSDメモリーカードへの対応を保証するものではありません。著作権保護されたコンテンツの転送や、おでかけ転送機能には対応していません。保存曲数によっては、microSDメモリーカードの読み込みに時間がかかる場合があります。ハイレゾコンテンツを含んだプレイリスト情報をウォークマンに転送したい場合は、Media Goをお使いください。microSDカードにダイレクト録音、もしくはBluetooth受信したコンテンツをパソコンに取り込みたい場合は、Media Goをお使いください
      *18充電池持続時間を超える長時間連続再生の場合、途中、充電が必要です

    こんにちは!
    秋葉原店のきーちゃんです。

     

    タイトル

     

    【バックナンバーはこちらから】
    第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
    第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
    第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
    第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
    第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
    第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
    第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
    第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
    第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
    第10回 AK120IIの巻
    第11回 Lotto PAW Goldの巻
    第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
    第13回 SONY NW-ZX1の巻

     

    本日のプレイヤーは・・・

    メイン1-min (1)

    SONY NW-ZX2!

    【SONY NW-ZX2とはこんなプレイヤー】

     メーカーさん製品情報はコチラ

    ご存知の方も沢山いらっしゃるかと思いますが、先日2月14日(土)に発売されたばかりの新製品です!ウォークマン最上位モデルということで発売前から注目を集めていたね。当店でも沢山の方にご予約、ご購入していただきまして、誠にありがとうございます!

     

    私なりのキャッチフレーズは

    手に入れたら即みんなに自慢すべき!高音質のウォークマン最高峰

     

    私が思う、こんな方にオススメ!

    存在感ある今が旬なプレイヤーが欲しい!

    ハイレゾ音源を最大限、長時間楽しみたい!

    操作性も機能性も重要視!

     

    付属品

    ・本革キャリングケース

    ・スペーサー

    ・USBケーブル(コード長約100cm)

    ・WM-PORTキャップ

    ・取扱説明書

    ヘッドホン及びmicro SDカードは付属されていません。

    是非色々なヘッドホンとの相性を試してみて下さいね。

     

    ケース-min

    付属ケース装着

    本体の色と同じブラックのケースです。本革仕様となっております。

    写真では上下が逆ですが、上部に一か所スナップボタンが付いており、万が一逆に持ってしまっても落とす心配がありません。

    下部には"SONY"のロゴが入っています。操作ボタン部分が楕円状に切り抜かれており操作がスムーズに出来ますね。ほぼ全体が覆われているので、傷を付ける心配もかなり軽減されます。

     

    SONYストア限定で牛革仕様のケースもあるようです。詳しくはコチラ

     

    サイズ-min (1)

    サイズ

    上記の通りです。私が感じた第一印象は、”結構大きい。。”です。凄く存在感のあるプレイヤーだと思います。ずっしり、がっしり、と言った感じです。次の写真を見ていただくとよりわかりやすいと思います。

     

    2台 正面-min

    NW-ZX1と比較 その

    NW-ZX1と比べ、一回り大きくなりました。兄弟のように並んでいますね。

    皆さんはどちらのサイズ感がお好みですか?

    アイコンもそのままです。Android4.2を採用した安定した操作感で、基本的な操作方法に関しては従来のNW-ZX1と変わりません。

    必要性に応じて、Google Playから様々なアプリのダウンロードが可能です。

    初めてウォークマンを使う方でも操作のしやすいプレイヤーだと思います。なぜなら、各操作や各機能についての名称だけでなく、説明までスクリーンに表示されるからです。又、タッチパネルですので直観的に操作ができます

     

    2台 下から-min

    NW-ZX1と比較 その

    この写真からこの2つのプレイヤーの大きな違いを発見していただけますか?

    NW-ZX2は、ウォークマンAシリーズに続いて、microSDカードが対応しています。

     

    microSDカード対応のプレイヤーは主流になってきていますね。

    当店にご来店の際、お客様の普段聴いていらっしゃる音源をmicroSDカードにいれてお持ち頂ければ、すぐにご試聴して頂けます。聴き比べをされる際は、普段聴き慣れている曲による比較が一番良いと私は思います。

     

    2台 右から-min

    NW-ZX1と比較 その

    ボタン配置はNW-ZX1と全く変わっていません。各ボタンの大きさが一回り大きくなっています。各マークに関しまして、ZX-2は黒のボディに白で書かれているので、より見やすい感じがします。操作効率もアップしますね。

    下部が盛り上がっている特徴的なデザインの厚さ部分は、ZX-2が約1.9僉ZX-1が約1.4僂任后

     

    持ったところ-min (1)

    手に持った感じ

    重量は約235gです。

    がっしりとしていますが、持ちやすく、手にフィットしやすいボディです。側面に丸みがあり、持ちやすさにも優れていると思います。ポケットに入れるには大きいですが、存在感がありバッグの中でも迷子にならないサイズだと思います。

     

    メイン3-min

    正面

    この写真の黄色のハイレゾシールが貼ってある部分が内蔵マイクになっています。

    又、最上部のSONYのロゴがある部分にアンテナが内蔵されています。

     

    再生中の画面には、曲情報はもちろん、この画面から様々な設定画面に入ることができます。右側にスワイプすると、曲のビットレートなど細かな情報を一度に見ることが出来ます。タッチパネルの反応も良くサクッと操作出来ます

     

     

    裏-min (1)

    背面

    下部にはWのロゴが彫られています。金色のプレートでカッコイイですね。

    この部分、NW-ZX1ではスピーカーになっていたのですが、このNW-ZX2は・・スピーカーではありません。

     

    上 一台-min

    上部

    何もありません。つるっとした肌触りです。

    前回NW-ZX1をスタイリッシュと表現させていただきましたが、NW-ZX2は高級感のある上品なデザインだと私は思います。

     

    下 一台-min

    下部

    左から、

    ・ヘッドホンジャック

    ・WM-PORTジャック

    ・microSDカードスロット

     

    内蔵メモリは128GBです。128GBのmicroSDカードを使用すれば、内臓メモリと合わせて最大256GBまで拡張出来ますね。

     

    パソコンのUSBコネクタから充電の場合、充電時間時間は約4.5時間です。

     

    ヘッドホンジャック部は、電源部からヘッドホンジャックへ電気を減衰なく伝えるために、太いOFCケーブルを4本採用しているそうです。そして、アルミから切削された円筒と真ちゅう切削パーツで、ヘッドホンジャックとOFCケーブルをミニマムの径で包みこみ、強固に固定しているそうです。写真で見てもとても頑丈そうですよね。

     

     

    左 一台-min

    左側面

    正面から見ると本体側面は丸い形状をしています。この本体側面に丸いふくらみを持たせた円形断面の切削アルミフレームは、アルミを肉厚にすることで剛性を高め、安定した高音質を実現するための形状だそうです。

     

    右 一台-min

    右側面

    上から、

    ・電源ボタン/画面ロックボタン

    ・音量ボタン

    (+ボタンの上には突起が付いています。)

    ・早送り/曲送りボタン

    ・再生/一時停止ボタン

    (ボタンの上には突起が付いています。)

    ・巻き戻し/曲戻しボタン

    ・ストラップ取り付け口

     

    一番下にあるボタンのように見えるものはボタンではありません。

    ストラップ取り付け口です。NW-ZX1では下部にありましたが、側面に移動しました。ストラップは付属されていませんが、手首から掛けられるようにしておくととても便利だと私は思います。

    突起が付いていることによって、操作もよりスムーズになると思います。

     

     

    イヤホンと-min (1)

    聴いてみた!

     さて、やっとここまできました。ここからが重要です。

     

    ★試聴アルバム ハイレゾ音源(FLAC 96kHz/24bit)
    ・”Move” 上原ひろみ
    ・”Alive” 上原ひろみ
    ・”single collection + Hotchpotch” 坂本真綾

     

    ★イヤホン:DENON AH-C710(第1回から同じイヤホンで試聴しています。)
    ▼DENON AH-C710-K(ブラック)
    ▼DENON AH-C710-S(シルバー)

     

    それでは私なりのレビューをどどっと書きます。

    前回に引き続き今回もClear Audio+という、”音楽視聴のための推奨サウンド設定で、デジタル信号処理技術の設定を一回の操作で最適化する機能”を設定をしてみます。

     

    まだ発売されて間もない為、エージングが進んでいない実機です。

    ご参考までに読んでいただければ幸いです。

     

    何も設定しない状態と比べてまず感じるのが、音圧の変化です。確かに音圧が大きい方が細部まで聴こえることに間違いはないですが、単に音圧が上がった訳ではなく、全体の音のバランスが整理され、前に出てきて音の立体感が再現されます。その為、音楽全体の臨場感が増します。又、設定をする前は、ボーカルとボーカル以外に少し距離があったように感じましたが、設定後はすごく滑らかな聴き心地になりました。

    音の解像度に関しては従来のウォークマンから更にブラッシュアップされた感じがします。

     

     そして2つ目に、ビックリするぐらい低音が出ます。正直私には少々重たいです。が、低音好きな方には是非一度試して頂きたいです!

     

    ところで皆さん、たまに聴いている曲によって音量がボコボコして気持ち悪い、という経験がある方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時に是非使って頂きたいのが、ダイナミックノーマライザーという機能です。曲どうしの音量レベルを揃え、長時間のリスニング環境をより快適にしてくれます。

    又、EQ機能も充実しており、音質を遊べる1台になっています。

     

    最後にまとめますと、ハイレゾレビューのプレイヤーをお探しの方にも、又、新たなプレイヤーでハイレゾライフを思う存分楽しみたいという方にも自信を持ってオススメします!音質、操作性、機能性、デザイン、全てにバランスのとれたウォークマンNW-ZX2を是非お試しください!

     

     【その他スペック】

    ライブラリー-min

     

    ★再生対応音楽ファイル

    ・MP3

    ・WMA

    ・ATRAC Advanced Lossless

    ・FLAC

    ・リニアPCM

    ・AAC

    ・HA-AAC

    ・Apple Lossless

    ・AIFF

    ・DSD(DSF、DSIFFフォーマット対応)

    様々なファイルに対応しています。

     

    ★最大記録曲数(内蔵メモリ128GB)

    ・MP3 128kbps  約20,000曲

    ・リニアPCM 1,411kbps  約2,700曲

    ・FLAC96kHz/24bit 約800曲

    ・FLAC192kHz/24bit 約400曲

    ・DSD 2.8224 MHz/1bit  約600曲

    ・DSD 5.6448 MHz/1bit  約300曲

    曲のみを転送した場合で計算しています。(1曲4分換算です。)

     

    ★電池持続時間

    (BluetoothがOFFの設定です。)

    NW-ZX1と比べると、かなりバッテリー持ちが良くなっています!

    凄く注目すべきポイントだと私は思います。

     

    (  )内はNW-ZX1の時間です。

    ・MP3 128kbps       約60(32)時間

    ・リニアPCM          約61(34)時間

    ・FLAC96kHz/24bit     約43(25)時間

    ・FLAC192kHz/24bit   約33(16)時間

    ・DSD 2.8224 MHz/1bit   約22時間

    ・DSD 5.6448 MHz/1bit   約16時間

     

    もう一度言います!

    私が思う、こんな方にオススメ!

    存在感ある今が旬なプレイヤーが欲しい!

    ハイレゾ音源を最大限、長時間楽しみたい!

    操作性も機能性も重要視!

     

    【最後に】

    読んでいただきありがとうございます。

    第13回SONY NW-ZX2の巻はいかがでしたか。

     

    先日、梅が咲いているのを見かけたり、もう春はすぐそこまできている感じがします。出逢いと別れのこの季節、素敵な音楽と一緒に、ハイレゾライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    これからもプレイヤーの魅力に迫っていきます。次回もお楽しみに!

    以上、秋葉原店のきーちゃんがお送りしました。

     

    【バックナンバーはこちらから】
    第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
    第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
    第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
    第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
    第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
    第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
    第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
    第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
    第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
    第10回 AK120IIの巻
    第11回 Lotto PAW Goldの巻
    第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
    第13回 SONY NW-ZX1の巻

     



  • ※レビューはログイン後ご利用可能です。

  • 入力された顧客評価がありません。