• イヤホン
  • イヤホン リケーブル
  • イヤモニ カスタムIEM
  • ヘッドホン
  • ヘッドホン リケーブル
  • ポータブルアンプ
  • ポータブルアンプ ケーブル
  • 据え置きアンプ
  • プレイヤー
  • スピーカー
  • PCオーディオ
  • オーディオケーブル
  • イヤーピース イヤーパッド
  • 収納ケース
  • 中古品
  • ヘッドホンスタンド
  • 電池・モバイルバッテリー
  • 自作パーツ・プラグ
  • 交換用パーツ
  • 交換プラグ
  • 延長コード
  • コードホルダー
  • 書籍 オーディオブック
  • 耳せん イヤープロテクター
  • イヤパッドカバー
イヤホン・ヘッドホンアンプ高価買取中!
ラッピングサービス
イヤホン ランキング
sale
DX90J
x10
Pioneer SE-MX9-S
labkable
CypherLabs AlgoRhythm Picollo
こども ヘッドホン
sw-hp11
AK100ii
AK120ii
3000円以下のオススメ イヤホン
oppo
beats
bose
SHURE正規販売店
<古物商許可証>
大阪府公安委員会
第621111901157号
東京都公安委員会
第301031104396号
 
トップ > ヘッドホンアンプ > ortofon > ortofon Ta-Q7【真空管ハイブリッド式プリメインアンプ】

ortofon

ortofon Ta-Q7【真空管ハイブリッド式プリメインアンプ】

特価: ¥36,970

(税込)

ポイント: 0 ポイント
数量
保証期間:12ヶ月
在庫状況: ○在庫あり

  • 2013/11/下

    ※視聴環境【KORG DS-DAC-10+Ta-q7+beyerdynamic T90】 このデザイン!思わず欲しいと思ってしまいました。飽きの来ないレトロモダンな外観でMacBookProの側になんか置きたくなります。オーディオは興味あるけど外観も拘りたいと言う方へのファースト機にも最適ですね。プリ部に真空管を積んでいるのが最大の特徴で、その影響か小音量ながらでも全体域粘りと力強さを感じる事が出来ました。ノイズも極めて少なく接続する機器との相性に悩まされる事もないでしょう。当店で扱っている多くの据え置き型アンプとはスピーカー出力端子も搭載しているので低インピーダンスの違いパッシブスピーカーとの組み合わせでコンパクトながら本格的なオーディオシステムの構築が組めます。既にオーディオシステムをお持ちの方もベッドルームや作業デスク脇に置くセカンド機として導入するのも良いのではないでしょうか?

    ◎特徴

    • オルトフォンは現在、アナログカートリッジやポータブルオーディオ、真空管プリメインアンプなどを数多く手がけております。近年ではデスクトップシステムとしてヘッドフォンアンプのHd-Q7 を、そのポータブル仕様となるMHd−Q7 を発表、アルミ削り出しの大型ボリュームノブとブラスト仕上げのアルミパネルを主とするデザインに優れた外観の2 機種は高音質や使い勝手の良さも相まって大きな注目を集めました。

      そしてオルトフォンは満を持してQ7 シリーズの新作となる Ta-Q7 を 開発しました。
      本シリーズとしては初の真空管ハイブリッド式プリメインアンプとして、オルトフォン伝統のアナログ技術が生んだ新たな名機の誕生です。

      Ta-Q7 の特徴・内部構成: プリアンプに当たる部分を真空管で構成し、増幅回路はトランジスタ増幅のハイブリッド式・入力は2 系統: 入力は3.5mm ミニプラグ1 系統とRCA プラグ1 系統のシンプルな構成となっております。
      RCA プラグには金メッキされた大型のものを採用し、シャーシに直付けすることで堅牢さを確保いたしました。
      また2 系統の入力はトグルスイッチによる切り替えとなっております。

      ・アルミパネル、亜鉛ダイキャストカバー、鉄製シャーシによる堅牢なボディ: 回路機構を守るシャーシには重厚な鉄製シャー
      シを、フロントパネルには放熱性に優れたアルミパネルを、電源トランスカバーには制震性に優れた亜鉛ダイキャストカバーを採用しております。

      ・大質量パワートランス:Ta-Q7 には本格的な電源トランスが搭載されており、亜鉛ダイキャスト製の強固なトランスケースに
      守られたこのパワートランスはTa-Q7 のパワー回路に余裕をもった電源供給を行っております。

      ・接続端子: スピーカー出力端子は金メッキ仕様、バナナプラグとY ラグの両方に対応するとともに、全てが上向きに取り付けられております。大型のターミナルは直接ケーブルを取り付ける際も脱着し易くまた安定的に接点を確保する事に優れております。デスクトップなどの限られたスペースにおいても端子の脱着、極性の確認を容易に行うことが可能です。

    ◎スペック

    • 電源:AC100V 50/60Hz 消費電力30W
      外形寸法:W127mm×D210mm×H105mm
      本体重量:2.2kg
      定格出力:5W×2(4Ω実効値、1KHz)
      周波数特性:20Hz〜20,000Hz(±1dB)
      T.H.D:<1% 20Hz〜20,000Hz
      S/N比:LINE:88dB
      チャンネルバランス:<1dB 20Hz〜20,000Hz (Max,Volume)
      チャンネルセパレーション:≦35dB (1kHz)
      入力感度:250mV
      使用真空管:6N3×2本



  •   氏名 : 評点 :
    内容 :
  • レビュー件数:1

    評価

    2014/04/16

    patieさん

    真空管をGE社の5670Wに替えました
    若干音がクリアになったように感じます
    パッシブスピーカーのZensor1はMUSE社のM50(50W+50W)で鳴らしていましたが
    Ta-Q7でも同じくらいの音量が出ました
    Q7の定格出力との関係は分かりません
    妙な構成かも知れませんが
    アンプに場所を取りたくないのでそうしました

    1件〜1件 (全 1件)