• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】
Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】
Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】 Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】

クリプシュ

Klipsch X20i【KLKX20I111】【ハイレゾ対応イヤホン】

価格

48,670
(税込)
送料無料

ポイント

4,867

保証

12

在庫状況

△残りわずか

JANコード

4937246048267

AmazonPayに対応。Amazonアカウントでお買い物ができます

数量

試聴環境:iPhone5S→X20i直刺し / 試聴曲:YMO全般、capcell全般、レディガガ、hiro、club music
「耳の穴が小さくてイヤホンが入らない」という方にはいの一番にオススメしたくなる「X10」よりもさらに上位のモデルとして登場したのはX20i。「X10」よりも筐体は大きめですが、一般的なイヤホンに比べると、スリムな印象が見受けられます。プラグはストレートで細く、しっかりとしたケーブル。リモコン付きなのですが、本体自体がスリムに見えるせいか、リモコンがやや大きく見えてしまいます。ただリモコンが大きい分、ボタンの操作性、使い勝手は非常に良いものになっております。装着感に関しては耳にスポッとはまり、遮音性も良好。肝心の音質ですが、一聴したときにやや重ための印象に感じました。ボーカルとバックミュージックが干渉しあわずに、ウーファーから流れる心地よい重低音が、久しぶりに体が自然に揺れるほどノリノリになりました。左右のチャンネルも非常にはっきりしている空間も心地良いです。あぁ、なんか他のハイエンドとはまた一味違った音質だなって久しく思いました。なんといってもテクノ、エレクトロ系の音楽やピコピコ系の音楽にはドハマリでしたので、是非YMOをこのイヤホンで聴いてほしいと思います。
【レビュー日:2015/11/03】

試聴環境:iPhone6S→X20i直刺し / 試聴曲:U2【Songs of Innocence/The Miracle (Of Joey Ramone)】Arctic Monkeys【When the Sun Goes Down】Foo Fighters 【The Pretender】なんだかロックが聴きたくなりました。極端に低音が欲しいような音楽とはミスマッチだと感じます。高音域がよく前に出てきますので、人によっては音が刺さると感じる人もいらっしゃるかも知れません。ドラムを聴くときに、スネアドラムの【スパーン!】と切れがいい音がするのに気が付きます。重過ぎない、軽いフットワークのリズムをイメージできますね。個人的な好みではありますが、ロックバンドのと相性がいいような感じを受けました。バンドのサウンドをあっさりと、なのに、しっかりと響かせてくれる絶妙のバランス感覚。サウンドの分離感もいいので、個々の楽器、声を細かに感じされると思います。U2のSongs of InnocenceならiPhoneユーザーの皆様であればすぐに聴けちゃうかも知れませんね。そう、『オーオーオー』のあの曲です!是非お試しくださいませ!
【レビュー日:2015/11/10】

試聴環境:Fiio x3 2nd→x20i直挿し 試聴曲:THE SQUARE「坂東慧/Let's Move」
「X10」で有名なKlipschの新作は2wayになってやってきました。2wayになったといっても、ハウジングはスリムで非常に軽く、どなたでもつけやすくなっております。気になる音質なんですが、「x10」のなめらかで音場広い雰囲気を引き継ぎつつ、2wayになったことで高音のより高い音、低音のより低い音がしっかり出てくるようになってます。「x10」ユーザーの方は、是非試聴して比較していただきたい音質です。「x20i」に合う音楽のジャンルとしては、低音高音がほどほどに必要で中音域の再現性が大事なジャズやクラシック、またテクノ系だと思いました。もちろん重低音が必要なジャンルには、あまりおすすめできません。僕個人としては、元々ジャズ・フュージョンを聴くのに「x10」が良い具合でハマっていたので、それにさらにレベルアップしたような感覚ができました。x10に満足できなかった方、またハイエンドでもスリムやイヤホンが欲しい!という方におすすめしたい一品です。
【レビュー日:2015/11/10】

レビュアー:野村ケンジ 氏
スーパートゥイーター搭載のハイレゾ対応イヤホン
BAドライバー1基を搭載したスレンダーなボディからは想像できない、活き活きとした表現力豊かなサウンドによって、多くの人から好評を博し、名機とまで呼ばれる存在となったKlipschのカナル型イヤホン「X10」。そのスタイルやコンセプトを受け継ぎつつも、最新のハイレゾ環境に最適化させたという新フラグシップが登場した。それがこの「X20i」である。

とはいえ、「X11i」のような「X10」のブラッシュアップモデルではなく、全く新たにビルドされた製品であることが、「X20i」の特徴だ。

「X20i」には、フルレンジ+スーパートゥイーターという、2基構成のBAドライバーが採用されているのだ。しかも、「X20i」用に新開発されたAcuPassドライバー(「X10」と同じウーファーユニット「KG-926」とスーパートゥイーター「KG-125」を組み合わせたスペシャルメイド)が採用されているのだという。

これによって、Xシリーズならではのスリム筐体を維持しつつも、高域特性が格段に向上した良質なサウンドを実現しているという。この技術情報をきいただけでも、どこまで良質なサウンドへと進化したのか、大いに気になるところだ。

さて、実際のサウンドはいかがなものだろう。期待を大きくして、試聴を始める。

なんと、質感の高いサウンドだろう。時に良好なのが、高域の歪み感のなさ。おかげで、ストレスのない、伸びやかなサウンドが楽しめる。特に女性ヴォーカルの表現が顕著で、「X10」と共通するイメージのある、距離感の近い立ち位置ながらも、声の特徴がよく分かる、活き活きとした歌声が楽しめる。

たとえばNobieバンドの「Tombo in 7 4 (UP Tempo)」を聴くと、ライブ会場の盛り上がりのなかから、ぐっと前にせり出して熱唱する力強いヴォーカルが楽しめる。いっぽうで、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの「BEAUTIFUL=SENTENCE(IS IT A BEAUTIFUL WORLD )」は、女性ヴォーカル2人の、普段より少し大人びた歌声が心地よく響く。

とはいえ、「X20i」の真骨頂といえばやはりアコースティック楽器の表現。溝口肇「亜麻色の髪の乙女」では、チェロのボーイングをしっかりと聴かせながらも、その周りに広がる音までしっかりと拾い上げて絶妙にミックス。ムードのあるサウンドを堪能させてくれる。

そう、「X10」の熱気を帯びた快活なサウンドとは全く異なり、ワイドレンジで特性の良い、随分とクリアなイメージの強いサウンドに生まれ変わっているのだが、そのいっぽうで魂の部分というか、ヴォーカルを人間らしく活き活きと表現する部分は変わらず継承されているのだ。これは面白い。

明らかにクオリティ面では「X20i」が格段に上となるが、かといって「X10」の魅力を否定する訳ではない。クリプシュでありながら、そして同じXシリーズでありながらも、全く別の方向性で良音質を追求した、似て非なるものに仕上がっているのだ。

アコースティックな楽器が得意なキャラクターは維持しつつ、JポップやEDM、テクノまで幅広いジャンルの楽曲をそつなく再生してくれるあたり、最新のハイレゾ音源を念頭に開発したという結果がしっかり反映されている。

クリプシュらしさあふれるサウンドがより幅広い音楽ジャンルで楽しめる、といった点で、なかなかに魅力的な製品といえる。
(このレビューは「Phile-web」に寄稿された記事の抜粋です。記事の続きは「Phile-web」でご覧ください。)続きを「Phile-web」で読む

◎特徴

  • ハイレゾオーディオに対応する世界最小クラスのイヤホン『X20i』


    ●高周波のスーパーツイーター+フルレンジ バランスドアーマチュアドライバーの 2Way システム
    新開発の「KG-125」スーパーツイーターとクリプシュが誇る最高品質のドライバー「KG-926」との組み合わせで、40kHzまでの周波数に対応。ウーファー部分にはSonion社のAcuPass™ テクノロジーを採用。これによりウーファーとの干渉が極小化され、より広い帯域幅とスムーズなレスポンスを実現しました。

    ●サージカルステンレス製のハウジング
    X20i のハウジングには、医療機器などに使われている耐蝕性の高いサージカルステンレスを採用。丈夫で軽量、そして発汗による腐食にも強く、人にやさしい素材で構成されています。

    ●新設計の Oval Ear Tips
    クリプシュイヤホンに付属するイヤーチップ「Oval Ear Tips」。X20i には新しく開発されたスリムタイプの Oval Ear Tips を出荷時に取りつけています。かつてないほど快適な装着感をもったイヤーチップです。

    ●SSMCX コネクタを採用した、交換可能なケーブル
    ネジ式で同軸の SSMCX コネクタは、MMCX コネクタよりも約 35%小型で、ケーブル交換や修理が簡単に行えます。バランスモードタイプのケーブルもリリース予定です。

◎スペック

  • スタイル:In-Ear
    ドライバー設計:KG-2625 AcuPass™ 2Way
    ドライバー形式:
    KG-125 Balanced Armature Super Tweeter
    KG-926 Balanced Armature Woofer

    リモコンマイク:MFi認証3ボタンリモコンマイク
    周波数特性:5Hz - 40kHz
    感度(出力音圧レベル):111dB
    インピーダンス:50Ω
    遮音性:-26dB
    接続プラグ:3.5mm
    重量:22g

    付属品
    □本革ウォレット
    □クリップ
    □イヤーチップ

レビューはログイン後ご利用可能です

入力された顧客評価がありません。

最近チェックした商品