極上!専門店スタッフが選ぶプレミアムクラスイヤホン

iPhoneにオススメのイヤホン特集!
それはもはやイヤホンを超越した音。

最高級の音質を堪能できる、これ以上ないイヤホン。
買っても後悔しない、一生物になる機種を専門店スタッフが厳選しました。

SHURE SE846

SHURE SE846
SHUREの音を突き詰めた
渾身のモデル
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

一聴してすぐに分かるのは良すぎる定位感とリアリティのある低域再生能力。 広すぎず狭すぎない音場はSHUREのモニター的要素を残しながらも、 リスニングでも使用できる適切なものになっています。 低域は、圧倒的に高い技術力で造られた10層のローパスフィルタの影響で、 これまでのBAドライバーでは感じる事のできない音でした。 BAイヤホンで低域の音圧を稼ごうとすると、広域側の出力も高くなり、刺さりやすくなりがちでした。 このSE846は刺さりが一切無いと言っても過言ではありません。 とにかく聴いた人は「上手にまとまっている」と口を揃えるのもうなずけます。 また、中域にスポットを当てると、とにかく生々しいの一言に尽きます。 ボーカルは口の動く様さえ感じ取れるようなリアリティ。カスタムIEMで感じれる音をこのSE846でも感じる事ができます。 音の立ち上がりと消えていく際には雑味が一切なく、非常になめらか。 SHUREの音を突き詰めるとこんな感じの音かな、というイメージ通りの音がするイヤホンです。

カラーバリエーション

Earsonics Velvet Crystal Edition

Earsonics Velvet Crystal Edition
3種類の音が一台で楽しめる
ハイエンドモデル
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

音質調整が可能なオプションを搭載した、3種類の音が1台で楽しめる画期的なインイヤーモニターイヤホンです。
スクリュードライバーで調整できるチューニングメカニズムにより、クラシックからヘビーメタルまでドライブが可能です。
このVelvetはEarsonics社の最上級モデルで、完成度の高い製品作りを目指したもので、Velvetはこの手の商品の中では唯一無二の存在です。
商品開発には3年の期間を費やし、初めての方にも極上のハイクオリティサウンドを提供します。

AKG K3003

AKG K3003
完成度の高い
ハイブリッドイヤホン
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

AKG初のハイブリッドイヤホン、かつこのお値段。聴いてしまえば納得のできる完成度に仕上がっているモデルです。音の特徴を一言で言えば、上品で繊細な音の表現ができるイヤホンです。解像度も高く、澄みきった高域は心地よい鳴り方をします。低域や高域は主張を抑えたまとまりの良い音。チューニングフィルターも3種類付属し、自分にあった音質に変更が可能です。買って後悔のしない一本です。

Campfire Audio ANDROMEDA

Campfire Audio ANDROMEDA
全てが美しい
銀河を彷彿とさせる音
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

Campfire Audioから5BA搭載モデル「ANDROMEDA」登場。アルミ筐体の無骨さ、インダストリアルな造形は各モデル共通となりますが、アンドロメダはその中でも一際目を引く、深みのある鮮やかなグリーンが映えます。付属されるMMCXケーブルは兄弟ブランドのALO audio社製という、一貫した高音質志向が嬉しいですね。
音質面では5ドライバー構成の内、2基が低音域に振り分けられているので、低音はしっかり鳴りますが、全帯域的に見るとアンドロメダは中高音寄りのチューニングと言えます。 元となったモデル「JUPITER」よりも1ドライバー増えた分、中高音域がより細分化し、シンバルやスネア、ハイハット等の金物系の表現力が向上。微細なニュアンスの再現性が高まっています。
ピアノやストリングスは空間の広さと相まって、非常に伸びやか。聴覚上のダイナミックレンジ、そして音の空間が広大に感じるのは、ドライバーから音の出口までの音導管を廃した、「レゾネーター・アセンブリー」という独自機構が大きく寄与しています。この果てのない銀河を彷彿させる音の波紋はアンドロメダがシリーズ随一。同社イヤホンでしか聴く事の出来ない最大の魅力です。地球上から見える銀河の中では最大級の大きさを誇るアンドロメダ。一度、その音のスペクトルとロマンに魅せられてみてはいかがでしょう。

WESTONE W80

WESTONE W80
Westoneの頂点に立つ
フラッグシップの名に相応しいモデル
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

Westoneユニバーサルモデルの頂点となるモデルです。 その音質はまさにフラッグシップモデルの名にふさわしいもの。 安定した質の良い低域と、優しくも艶のある中音域、透き通るような透明感のある高域、 ホールなどの立体感を感じられるような音場、ドライバーを複数搭載しながらもしっかりと耳に収まる装着感、いいところを上げ出したらきりがありません。 ケーブルも高級感のあるものになっており、キャリーケースなどもしっかりとしているので大満足のボリュームです。 抜群の音質をたっぷりと堪能してください。

Noble Audio Katana Universal

Noble Audio Katana Universal
その名の通り
音の鋭さと美しさが共存する音
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

レスポンスの早いサウンドはまさしく“刀”を連想させます。 音の力強さ、ソリッド感、スピード感が抜群。周波数特性的には少しハイに寄っている印象でひとつひとつの音が鋭く、シャープな印象です。 低域に関しても、重低音というわけではなくシャープで歯切れが良いタイプです。 Katanaの名に恥じない外観、音の鋭さ美しさをぜひ体感してみてください。

Unique Melody MASON II

Unique Melody MASON II
12ドライバーを搭載した
モンスターイヤホン
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

12ドライバーも搭載されているのにも関わらず非常に繋がりがよい艶やかなサウンドがかなり印象的なイヤホンです。 非常に柔らかくて、かなり細かい音も聞き取りやすく広大な空間の中に音がスッと立ち上がってくるような印象です。 中域にフォーカスを置いたチューニングがされており、生々しい響きは絶品級です。 高域は優しくて丸みのある音で、質が高いです。またオープン型のBAのおかげで非常にヌケがよいのも特徴です。 全体的に優しい鳴り方なのでジャズボーカルやクラシックのようなアコースティック系やしっとりとしたボーカルものの曲との相性がいいと思います。 また先行発売していたlimited editionとはチューニングが少し異なっており、聞き疲れのしにくさを最優先した限定版より若干モニターライクな音作りだなと感じました。

カラーバリエーション

JH AUDIO Layla Universal Fit

JH AUDIO Layla Universal Fit
外観が美しく強固に進化した
正統後継者
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

ボディには制振性に優れ音響的に有利な金属素材を採用。フェイスプレートには美しく強固なカーボンを採用しています。 トリプルクワッドドライバー構成により、片方のハウジングに12個のドライバーを構成することで、今までにない音質が体感できます。 この多数のドライバーを搭載したことにより、とにかく圧倒的な情報量で、全体的にみっちり音が詰まっているような鳴りです。それでいてイヤホンとして広大な音場で、とにかくリッチな音です。 前機種より音の立ち上がりが良くなった印象でもたつく感じも一切無し。音の輪郭が少しタイトになり、低音が引き締まった印象。 上から下までしっかり出るので、バランスも良く、濃厚なフラット傾向の音です。 初代Laylaからでも十分に買い替える価値のある後継機に仕上がっています。

final LAB02

final LAB02
全てが
今までにないイヤホン
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

「今までに無いものを作る」をコンセプトとしたfinalの「LABシリーズ」の最新作。 同社のPiano Forte Xなどを彷彿とさせる形状で、細かい網目状のチタンハウジングに惹きつけられます。想像していたよりも重みを感じない本体です。ケーブルは着脱式でMMCXを採用。付属ケーブルはしなやかで、編み込みが美しいです。 サウンドは、全体的に抜けがよく、大変見通しの良い音。 低域の量感は丁度いい塩梅で、抜けが良く、スピード感があり、他の中・高音域の邪魔をしません。ヴォーカル域は全体からすると一歩前に出てくるような存在感がありますが、その距離感は耳元で囁かれるというよりは、広いホールで聴いているような感覚で、全体音場の広さを感じさせます。 高域の伸びも素晴らしく、変なきらめき感等はなく、自然な残響を残して消えていきます。 フルオープンということで遮音性・音漏れ耐性にはどうしても弱さがありますが、静かなところで聴くのであれば、スピーカーで聴いているような広く自然な音場を実現してくれるので、オープン型ヘッドホンで聴く時よりも、頭への重さの負担が掛からない分、ゆったり音楽にのめり込めます。 女性ヴォーカルのバラードを聴いた時の、きちんとした定位感と、息遣いまで聞こえてきそうな生々しさには感動しました。