大阪日本橋・秋葉原・渋谷・名古屋大須で世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴出来る専門店

|修理 |マイページ会社概要ご利用ガイド

eイヤホン 全品送料無料
お問い合わせ 会員登録 カート

 詳細検索 

  • eイヤホン通販TOP
  • 中古/買取
  • eイヤホンのブログ
  • eイヤホンリアル店舗
  • イヤホン
  • ヘッドホン
  • カスタムIEM(イヤモニ)
  • プレイヤー
  • ポータブルヘッドホンアンプ
  • PCオーディオ
  • レビュー
  • ケーブル
  • イヤホンアクセサリ
  • ヘッドホンアクセサリ
  • スピーカー
  • 雑貨
  • 中古
  • イヤホン・ヘッドホン週間ランキング
週末特価バナー
レビューCP
はじめてのイヤホン選び完全ガイド
プレゼントにオススメのイヤホン・ヘッドホン
heir audio
SHUREのプレミアム正規販売店第一号
SHURE正規販売店
ULTRASONE正規販売店
<古物商許可証>
大阪府公安委員会
第621111901157号
東京都公安委員会
第301031104396号
 
 
 
 

トップ > 週間ヘッドホンランキング (集計期間2016/05/16 〜 2016/05/22)

週間イヤホンランキング

週間ヘッドホンランキング

週間ポタアンランキング

週間アンプランキング

週間プレイヤーランキング

週間ワイヤレスヘッドセットランキング

週間カスタムIEMランキング

注目ランキング

週間中古イヤホンランキング

週間中古ヘッドホンランキング

週間中古ポタアンランキング

週間中古プレイヤーランキング

beats史上最強!ワイヤレス×ノイキャン

第1位 Beats by Dr.Dre beats OV STUDIO wireless

スマホ、タブレットPC、ノートPCなどなど、身近なものに多く搭載されているワイヤレス規格、bluetooth。設定も簡単で、すぐに接続して使えるbluetoothヘッドホンの中でも、ノイズ・キャンセリング機能を搭載していて、軽くて装着感が良くて、さらにデザインもカッコいい!無敵かっ!?とツッコミを入れたくもなるヘッドホン、それがこのBeats Studio Wirelessです。発売前からたくさんお問い合わせがあった機種でもあります。Beatsブランドならではのディープなのにクリアなベース。「これが無線か?」と驚くほど高音質なのが売りです。一度手にすれば手放せないヘッドホンになるはず。

「シンプルかつ可愛く」を低予算で!

第2位 Pioneer SE-MJ512

こちらは、見た目によらずオルガンなどの角の無い丸めの音源が合いますね。最近のドンシャリ寄りの音源はあまりオススメではありません。見た目は近代的でSFチックなのに、聴いている音源はカントリー、そんな不意打ちのギャップ。いいじゃないですか。ギャップ、見せていきませんか。カラバリも6色展開と豊富で、ホワイトのカラーがとっても爽やかでオススメです!かなり小さく折りたためるので持ち運んで頂く際にもそこまで荷物にならずに便利。荷物が多い女性の味方ですね!

レトロでオシャレ!長く愛されているヘッドホン

第3位 Panasonic RP-HTX7

オシャンティー!!!なヘッドホンです。レトロな装いで女の子も服装を選ばず着けれるんではないいでしょうか。アーティストのMVにもよく登場しています!!カラバリも5種類あって迷いますよ〜。どれもパステルカラーで可愛いんです!!私だったら確実に買うまでに30分は迷いますね!!!着けててもしんどくならないですね。側圧も程良く遮音性も抜群!!すごいフィットするのでずれない!!お出掛けのお供にもってこいですね!!

豊富なカラバリのbeatsエントリーモデル

第4位 Beats by Dr.Dre Solo2 オンイヤーヘッドフォン Luxe Edition

心揺さぶる体験にひたる。Solo2はよりダイナミックで、よりクリーンかつより幅広いサウンドレンジが特徴。アーティストが思い描いた通りの音を楽しめます。ヒップホップ、へヴィメタル、ジャズ、エレクトロ、どんな音楽ジャンルでも、Solo2は忠実にサウンドを再現します。

とにかく「震える」インパクト抜群ヘッドホン

第5位 Skullcandy Crusher

かなり特殊な鳴り方をするヘッドホンです。アンプ機能が搭載されており、十分にCRUSHERを楽しむためには単3電池が必須です。ケーブル着脱式モデルでケーブルは1ボタン+MIC。iPhone4Sでは問題なく動作致しました。さて、音に関してですが、ハウジングについておりますスライダーで低域の調整が可能になっております。圧巻です。

第6位 SONY MDR-CD900ST

普段、通勤時などポータブルでMDR-7506を使用していますが、MDR-CD900STとの違いはただ単に、解像度だけの違いではありません。若干、ドンシャリ傾向のある7506とは比べ物にならないぐらい、高解像度です。また、低域のもたつきもなく、大変タイトな音質を楽しむことができます。高域も刺さりやすいという声もあるかと思いますが、出過ぎというわけではなく、音の分離が良すぎる為だと思います。

第7位 onanoff Travel buddy phone キッズヘッドホン

こちらの商品は折りたたみができるのでトラベル用に最適。コンパクトにたためるのでカバンの中にもすっきり収まります。BuddyPhonesは米国の聴覚医療機関によって、子供の耳に推奨とされている85dbの音量リミット制御を搭載したヘッドホンです。BuddyPhoneのケーブルにはオーディオスプリッタが付属しています。もう1本ケーブルを接続することで音楽を共有することができます。親子で同じ音楽を共有して楽しみましょう。ステッカーでハウジングを変えられます。

第8位 audio-technica ATH-S100

いちばんイイと感じたポイントは装着感!他社の同価格帯のヘッドホンと比べてイヤパッドがとても柔らかく気持ち側圧強め、耳への密閉感がしっかりしてます。その為、音漏れが少なく定位がしっかりしていて低価格帯にありがちな音の軽さがなく、ベースやバスドラがとても気持ちよく聴こえます。お世辞抜きにコスパの高さに驚かされました。前モデルのATH-SJ11からの折り畳み機構がなくなりスイーベルのみになりましたが、コード片だしになったのは嬉しいポイント。

第9位 KOSS PortaPro

すごくコンパクトで持ち運べる。そしてなおかつスタイリッシュでお洒落なポータブルヘッドホン。それがこのKOSSのPORTA PRO!折りたたみ式ですので更にコンパクトにすることが可能です。そしてこれは見た目とは裏腹にすごくダイナミックなサウンドを楽しませてくれます。低域から高域まで幅広く再現し、迫力あるサウンド表現を様々なジャンル問わず聴けるヘッドホンです。

第10位 audio-technica ATH-M20X

低価格なモニターヘッドホンとしては中々に本格派。ポータブル直挿しでは出力にやや不満が残るかと思います。プレイヤー側にパワーが必要ですが、レコーディングや音楽をミックスをする段階であれば室内が想定されますので、パワーに関してはあまり気にしなくてもOK、かと思います。傾向はやはりフラット、ややメリハリが付いているような気がしますが、十分に『使える』モニターだと感じました。大体の事はそつなくこなせるイメージ。

第11位 onanoff buddy phone キッズヘッドホン

BuddyPhonesは米国の聴覚医療機関によって、子供の耳に推奨とされている85dbの音量リミット制御を搭載したヘッドホンです。BuddyPhoneのケーブルにはオーディオスプリッタが付属しています。もう1本ケーブルを接続することで音楽を共有することができます。親子で同じ音楽を共有して楽しみましょう。

第12位 Beats by Dr.Dre Solo2 ワイヤレスオンイヤーヘッドフォン

Beats by Dr.Dreの最新作、Solo2 wireless を試聴してみました。試聴を始めて感じたのは、「あれ?籠りが全くない」ってことでした。それもそのはず、この機種は半開放型というBeats製品で初めてだろう構造となっております。そのおかげもあって通常のSolo2よりも圧倒的に音質面で進化しています。Beats好きには勿論、今までbeatsの低音が苦手だった方にも是非ご試聴頂きたいですね!

第13位 Skullcandy Grind ON-EAR

ドライバーはSkullcandyの上位モデルのみに使われる「REX40」を搭載。小型オンイヤー型とは思えないほど広く開放的で、Skullcandy独自の「Attacking Bass」(攻撃的な重低音)、「Natural Vocals」(ナチュラルなボーカル)、「Precision Highs」(精緻な高音域)と、全帯域にわたりワイドレンジな質感を再現し、上位モデルに匹敵するハイクオリティーなサウンドを実現しています。

第14位 AKG Y50BT

ワイヤレス再生でもAKGの高いサウンドクオリティをお楽しみいただけるよう、Bluetoothの対応コーデックにSBCだけでなくAACやapt-Xを採用しています。また、満充電で最長20時間の連続使用ができるほか、バッテリー切れの際も付属のケーブルを接続してワイヤードヘッドホンとしてお使いいただけますので、旅行や外出時にも最適です。さらに、本体にはマイクが内蔵されているためハンズフリー通話に対応しており、スマートホンとの相性も抜群です。

第15位 DENON AH-D1100-K

こもった印象は無くベースがしっかりして、かといって、低音がドッカンドッカン張ってくる感じではなく、きっちり仕事してるって感じです。ドラムスの音域に着目すると、ライドシンバルや、クラッシュの残響に惹かれました。細かな音の表現力が豊か!JAZZの様なリズム隊の動きが聞き取りやすいです。また、アコースティックギターや、ガットギターとの相性がいいように思いました。音源にもよると思いますが、ピッキングニュアンスやフレット移動のときの『キュッ』って音に注目して聴してみるのも面白いですね。 装着感はしっかりとフィットしているがソフトな印象。器の広い一作です。

第16位 AUDEZE SINE On-Ear Headphone

BMWとコラボレーションした洗練されたデザイン。小型で軽量なオンイヤーヘッドフォン。大型80×70mmサイズの平面磁気ドライバーを搭載。独自の平面磁気技術「Fluxor Magnetic Technology」。劇的な歪み減少をもたらす「Uniforceダイヤフラム」。空気の流れを調整し帯域のバランスを整える「Fazor Technology」。Lightning接続に対応したDAC搭載ケーブル付属モデルもご用意

第17位 Beats by Dr.Dre beats mixr

まず「DAVID GUETTA」はDJしてる時あまり大きくないヘッドホンでプレイしてるのをみたことあったので、 やはりこちらも大きくないヘッドホンになってますね。ポータブルヘッドホンで使いやすいコンパクトなサイズ。 そして気になる音は申し訳ないですが、beatsSoloやHDと比べるとはっきり違いがわかります。 低音のパンチ力と中域のクッキリ感はバツグンですね。音が良く出やすいです。

第18位 JVC(ビクター) HA-RZ510

大口径40mmの高磁力ネオジウムユニット採用により、映画や音楽などのデジタルコンテンツを重厚な低音から繊細な高音まで臨場感豊かに高解像度で再生します。ドライバーユニット周辺に設けた5つの制御リブにより、再生音に歪をもたらす微細な共振を抑え、クリアなサウンド再生を実現します。

第19位 AKG Y50

余裕のあるワイドレンジ再生を実現。カラフルなDJスタイルヘッドホン。AKGの高音質はそのままに、スカンジナビアンデザインのニュアンスに機能美を融合させた、まったく新しいミニヘッドホンYシリーズ。プレミアムDJスタイル・オンイヤーヘッドホンの「Y50」は、ハウジングを大きく確保することで、40mm径ドライバーながら余裕のあるワイドレンジ再生を実現。デザインは、機能的でシンプルなデザインにカラフルな配色を採用。高音質とデザインが融合した新たなモデルが登場しました。

第20位 Kingston Hyper X Cloud

ストレスなくゲームをしながら、対戦相手に打撃を与えます。HyperX Cloud はスーパーソフトパッド入りヘッドバンド、低反発イヤークッション、レザーレットパッドカップで構成され、ゲームを快適にプレイできるほか、価格もお手頃です。プロのゲーマー向けに最適化された HyperX Cloud は Hi-Fi 再生が可能で、透き通った低域、中域、そして高域を豊かに再生し、さらに低音再生の増幅により、ゲームの世界に完全に浸ることができます。

サイトマップ 四角形 四角形 四角形 四角形