優れたノイズ耐性と長時間の連続再生、
クリアで広大なサウンド。

ーー
最近完全ワイヤレスイヤホンの新製品が、ゾクゾク登場しますね。
いつ頃から、市場に出回り始めたんでしょうか?
たっくん
完全ワイヤレスイヤホンといえば、2014年頃からKickStarterでプロジェクトを開始し、約1.5億円以上の出資を集め、2016年に製品化された「EARIN」がこのカテゴリの始まりと言えます。
それまで、Bluetoothイヤホンも多く登場していましたが、イヤホンの左右さえもワイヤレス接続される製品の登場には注目が集まりました。

2016年のEARIN発売から、まだ数年しか経っていないけど、すでに多くの完全ワイヤレスイヤホンが登場しているのも人気の表れだと思いますね。
ーー
なるほど。
では、完全ワイヤレスの"今"ってどんな感じなんですか?
たっくん
現在の完全ワイヤレスイヤホンでは、Bluetoothで信号を飛ばすスマホなどの親機から、ステレオ信号を左右片方に送り、さらにもう片方のイヤホンに信号を分割して飛ばすリレー方式が採用されています。 そのため左右の接続が安定しない場合、片側だけ音が途切れたりする場合が結構あるようです。

連続再生時間は、本体のみでおおよそ3時間程度の製品が多く、ケースがバッテリーを搭載していて、本体とケースからの充電を合わせて、10時間程度の使用ができる製品がほとんどです。
2018年4月時点では、1万円を切る製品も登場しているけど、1-2万程度の価格帯の商品が、多く選ばれている印象ですね。
NUARL NT01画像
ーー
1万ぐらいだと、
AnkerのZOLO Libertyとか人気ありますね!

NUARL NT01

ーー
では、今回発売したNUARLのNT01について
お聞きしします。
さっそく使用してみて、使い心地はどうですか?
たっくん
まずケースが非常に小型なのに驚きました。
本体が小さくても、ケースが大きい製品も多くあるので、持ち運びやすいサイズなのが好印象。
本体が5gと軽量で、本体の形状も相まって装着感はかなり良いね!
NUARL NT01画像
ーー
イヤホン本体は小さいのにケースが大きくて、
持ち運ぶのにどうなのってのもありますからね。
重要な点だと思います。
音質の印象はどうですか?
たっくん
【iPhone8を使用、Bluetooth5接続での試聴】
まず音の特徴として挙げられるのは、音場の広さ。
サンドステージがワイヤレスイヤホンの中ではかなり広い方で、臨場感を感じるサウンド。
ワイヤレスイヤホンにありがちな、こもった感じやノイズっぽさを感じない点に加え、NUARLのイヤホンらしく抜けの良い中高域も相まって、ワイヤレスイヤホンの中では、非常にクリアなサウンドのイヤホンだと思います。

低域は少し控えめな感じだけど、低域がもっと欲しいという方は、デュアルインサート・ノズルをプラグインタイプにすると、より遮音性が高まり低域がしっかりと出てくるね。
ポテンシャルが高いイヤホンで、幅広いジャンルに合わせて使えるイヤホンですが、サウンドステージの広い曲で、アコースティック音源やライブ音源などがおすすめです。「NT01」では少しボリュームを上げて聴いた方が、ドライバー本来の特性が出るかな。
NUARL NT01画像
ーー
NUARL NT01 のオススメポイントは?
たっくん
特筆すべきポイントは単体5時間のバッテリーの持ち時間と、ノイズの極めて少ないクリアなサウンドです。
バッテリーの持ち時間は完全ワイヤレスではかなり重要だよね。

ケースも含めて小型軽量かつ、優れたノイズ耐性と長時間の連続再生時間、そしてクリアで広大なサウンド。高いレベルでまとめられている点だと思います。
NUARL NT01画像
ーー
なるほど。
コスパ的に考えるとどうですか?
たっくん
一番人気のある1万円〜2万円の価格帯の中では、
ZOLO Libertyと頭一つ抜けている様に感じですね。
2018年4月時点で、人気を集めている完全ワイヤレスイヤホンと言えば、
「apple AirPods」や、「ANKER ZOLO Liberty/Liberty+」が挙げられますが、
「NUARL NT01」もそこに肩を並べる並ぶポテンシャルを持ったイヤホンだと思います。
Apt-X対応していないのは惜しい点だけど、
iPhoneをお使いの方には、
完全ワイヤレスイヤホンの選択に迷った時に、
ぜひおススメしたいイヤホンの一つです。
ぜひ、購入してみてください!
ーー
僕は完全ワイヤレス持っていないので、
ちょっと考えてみます(笑)
完全ワイヤレスはどういう基準で選ぶのが良いんですか?
たっくん
完全ワイヤレスの選び方としては、まず自分の使っている機器で、そのイヤホンのポテンシャルを最大限引き出せるかを考えたいですね。
Bluetooth対応している端末であれば、基本コーデックであるSBCが使用できるけど、圧縮をして転送しているから、音質の劣化が避けられない。
手持ちの端末が対応している必要はあるけど、
最近ではより高音質なコーデックも登場しているから、Apple製品を使っているならAAC対応の製品を、Androidなどの端末だったらApt-X対応のイヤホンを選ぶのがいいかな。

あと、完全ワイヤレスは、人混みの多い店舗で試聴すると、
途切れやすさ・にくさが分かりやすく、購入前に確認しておくといいかもしれません。
本体サイズこそ小さいですが、ケースのサイズが大きい製品も多いので、ケースのサイズも併せて確認しておくと、持ち運びに困らないかも!
装着感だけど、写真で見るよりも本体が大きい場合も多いから、ご購入前に試着した方がより選びやすいね。
女性の方や耳小さい方は、特に重要だと思う。

「Bluetooth5への対応」と、
「高音質かつ安定」な接続。

ーー
色々お聞きしましたが、
NT01のどこがスゴイ感じました?
たっくん
「Bluetooth5への対応」と、
「高音質かつ安定」な接続だね。
現在流通している「完全ワイヤレスイヤホン」では、片側だけ音が途切れたりする場合もあるって話したけど、「NUARL NT01」には、Qualcomm最新世代のチップが搭載されていて、これが接続に影響します。
最新世代のチップは、iPhone8やiPhoneXなどで使用できる「Bluetooth5」に対応していて、実際に「iPhone8 Plus」と「Bluetooth5」接続し、接続可能距離をe☆イヤホン店内で試してみたところ、Class2ながら約20m程は接続できていました。
「NT01」を装着し、1時間ほど秋葉原を歩いてみたけど、接続が途切れる事は少なく、その他の完全ワイヤレスイヤホンと比較すると接続が安定しているって感じ。

音質劣化を最小限に留めながら、左右のイヤホン接続の安定性を高めるために、独自のMCA(Mutual Coupling Antenna)テクノロジーと「Qualcomm TrueWireless Stereo」テクノロジーを組み合わせ、「低ノイズ化」と「ワイヤレス接続の安定性」を両立しています。
NUARL NT01画像
ーー
技術の進歩ですね。
5時間の連続再生時間が可能なところも完全ワイヤレスの中ではぬきんでてますよね!
たっくん
そうだね。
2018年4月時点で販売されている完全ワイヤレスイヤホンの連続再生時間は、本体のみで約3時間程度の製品が多い中、「NUARL NT01」は約5時間の連続再生時間を実現していて、
付属のケースと組みわせると最大12時間の利用が可能!
バッテリー通知の機能も便利で、
イヤホン本体のマスター側(左側)のバッテリー残量はスマートフォン上に表示されます。スレーブ側(右側)は本体のLEDの点滅回数で確認できます。

イヤホン本体の充電が必要になるとボイスメッセージで通知してくれます。

これが割と便利!

いざバッテリー切れを起こした時も、ケースがイヤホンの高速充電に対応しているから、本体の充電が空でも、約1.5時間でフル充電が可能で15分の充電でも約1時間分の充電が可能です。
ケース自体の充電も約1時間でフル充電ができ、ケースのバッテリー残量はケース前面にあるLEDで確認できます。 初回使用時にペアリングをしてしまえば、ボタンによる電源のON/OFFは必要なく、ケースに入れて蓋を閉じれば電源OFF、ケースから取り出せば電源ONとなり、自動再接続機能により自動でペアリングしてくれます。
ーー
NT01の欠点はありますか?
たっくん
「NT01」では「SBC」と「AAC」コーデックのみの対応で、
「apt-X」に対応していない点が非常に惜しい。
「iPhone」ユーザーは「AAC」接続なので関係がありませんが、「Android」端末をご使用の方は「SBC」での接続となります。
「apt-X」だったら、遅延も少なく、レイテンシーはSBCの約半分程度だから、動画視聴にも使えるからね。
ーー
なるほど、音楽を聴くには良いけど、動画を見るには・・・ってかんじなんですね。
たっくん
その欠点があるとしても、NUARL NT01はかなりオススメですね。
2018年4月時点で、人気を集めている完全ワイヤレスイヤホンと言えば、「apple AirPods」や、「ANKER ZOLO Liberty/Liberty+」だけど、もそこに肩を並べる並ぶポテンシャルを持ったイヤホンだと思う。
まだまだ完全ワイヤレスは出始めたばっかりで、難しいとこはあると思うけど、是非試してみて欲しい!

ーー
今回はNUARLの新作完全ワイヤレスイヤホンについて
e☆イヤホンのたっくんにお伺いしてみました。
完全ワイヤレスデビューをするにはオススメなイヤホンであることは間違いないです。
ケーブルに煩わしさを感じる人は是非ためしてみてはいかがでしょうか?

文章 : BOB 鈴木
NUARL NT01画像

完全ワイヤレスイヤホン

  • NUARL
    NT01 マットブラック

    NT01 マットブラック

    ¥14,337 -

  • NUARL
    NT01 ブラックシルバー

    NT01 ブラックシルバー

    ¥14,337 -

  • Anker
    ZOLO Liberty+

    ERATO Rio3 Silver

    ¥14,980 -

  • Anker
    ZOLO Liberty

    ERATO Rio3 Silver

    ¥7,999 -