2017 年間ランキング 数量編

2017年の年間ランキング!数量をベースに1位〜100位まで掲載


2017 年間ランキング 金額編
金額別ランキングはこちら!

1

TaoTronics TT-BH07

イヤホン

TaoTronics

TT-BH07

Bluetoothイヤホンの新たなスタンダード

このイヤホンの凄いところは、満足感のある性能と音質を持っているのに価格がリーズナブル。最大6時間再生とBluetooth 4.1+aptX対応、この性能でこの価格は破格だと思います。さらに音質はワイヤレスとは思えないほどクリアさがあり、低音もしっかりと出ているため、どんなジャンルでも無難に鳴らしてくれます。ハウジングがマグネットでくっつく仕様になっており、落下防止の配慮がされているのも嬉しい点。ワイヤレスイヤホンを初めて買うという方に、エントリー機として非常にオススメしたいイヤホンです。

2

イヤホン

KINERA

Bd005E

低価格帯イヤホンに異端児!

高音や繊細さに特徴が出るバランスド・アーマチュア(BA)と音の響きに特徴が出るダイナミックドライバーの2つが1つのイヤホンに入ったハイブリッドイヤホンが登場しました!!音の量感としてはLOWが多く、押しも強いのでとても迫力のあるですが、BAもある為Middle,Highもつぶされる事無くしっかりと主張してくれています。

3

イヤホン

intime

碧(SORA)

シンプルで気持ちの良い低音

ケーブル着脱式のイヤホンでもありませんし、今流行りのワイヤレスでもありません。マイクも、コントロールボタンもついていません。じゃあ、何なのか。何が特徴のイヤホンなのか?『音が良い』んです。筐体は真鍮製、ハイレゾにも対応しています。未だ音楽はどんなプレイヤーで聴いても一緒、イヤホンなんて全部同じ、そうは言わせない、ビシッと音の差を見せてくれます。

4

SHURE SE215SPE-A

イヤホン

SHURE

SE215SPE-A

ヒットし続ける特別な青モデル

SPEを聴いたときの、中高音域の解像度アップと、見晴らしの良さ。 音場が広がり、標準モデルでは聴き取れなかった音に気付けたのである。ゆえに低音の主張は若干おとなしい印象ではあるが、輪郭は際立っているし、質も高くなっている。この明瞭感は、標準モデルにはない。とは言ったものの、どちらが良い悪いではなく、単純にSE215の音質の選択肢が増えたという事。

5

イヤホン

Plantronics

M70

ワイヤレスヘッドセットエントリーモデル

今回ご紹介させて頂くPlantronics M70はお手ごろ価格のヘッドセットながら、とても親切で使いやすい商品になっています!例えば、従来のヘッドセットは接続が完了するとLEDランプの点滅等で知らせてくれますが、こちらのM70はすべて日本語の音声ガイダンスが流れるようになっているのです!!電池の残量など、も音声ガイダンスで簡易的にわかるようになっています。iPhoneなどのiOSをお使いの方はsiriう使うことが出来たり、専用のアプリで簡単に設定を変えたりすることが出来るので、かなり使い勝手が良いですね!

6

イヤホン

ZERO AUDIO

ZERO BASS-03

ハイレゾ対応!迫力のダイナミック・スピーカー

ドライバはダイナミック型でボディーは削り出しフルアルミボディーとなります。肝心の音質ですが、中域、高域については抜けが良くとても綺麗に聞こえます。低音については名前にBASSと付くだけあってズンズンと響きます。しかしながら流石ZERO AUDIO商品、中域、高域を邪魔することなくきれいにきかせます。

7

final E3000

イヤホン

final

E3000

finalのニュースタンダード

E3000の音質は深みのある低音と、繊細な中高音の両立したサウンドが特徴です。小型の1ドライバーならではの音の立ち上がりの早さと、自然な音の諧調、シンバルやハイハットの細かな音も分離して鳴らし切る高解像度っぷりが堪りません。E3000はE2000よりも低音の厚みと前後上下に感じる音像の奥行きが印象的で、フルオーケストラ等の多重奏を聴く場合は各パートの表現力が豊かに楽します。

8

final E2000

イヤホン

final

E2000

何度聴いても満足できる。

低域はまとまって出てきますがアタック感と締まりのバランスがちょうど良く、迫力がありながらももったりし過ぎなく音楽に聴きごたえを与えてくれています。高域はシャンとしており煌びやかですが刺さりはほとんど感じられません。アイドルソングやアニメソングの等の複数人で歌うパートの声の分離感が良く、コーラスまで誰が歌っているか聴き分ける事が出来ます。各楽器の定位もはっきりしていて好印象です。音場は横から後ろにかけて広がっていく感じがします。

9

Co-Donguri雫(SHIZUKU)

イヤホン

茶楽音人

Co-Donguri雫(SHIZUKU)

コンパクトな筐体、耳掛け装着も可能!

構成はシンプルにダイナミックドライバーを1基搭載したイヤホンになりますが、ダイナミックらしい低音の厚みと、繊細な高音部分が積極的に鳴ってきています。ハイレゾに対応していることも魅力的ですが、単純に音が良いところに注目していただきたいです。例えばアニソンだとボーカル部分の聴きたい、迫力が欲しい部分がグッと前に出てきます。

10

JBL E25BT

イヤホン

JBL

E25BT

低音重視の方におすすめのBluetoothイヤホン

JBLは低音がかなり出る印象があり、ドラムの音などがキツいのかな??と思っていましたが、こちらのイヤホンでは低音がボンボンと気持ちよく出ており、高域は控えめですが中域は籠らず、低域を中心にとてもバランスが良いです!充電時間は約2時間で、使用時間は約8時間となっているので、通勤通学時でも安心してお使いいただけます!