トップ > 高級だけど聴いて大満足!イヤホン専門店おすすめ!最強ハイエンドイヤホン【50000円〜100000円】

高級だけど聴いて大満足!イヤホン専門店おすすめ!最強ハイエンドイヤホン【50000円〜100000円】

高級だけど聴いて大満足!イヤホン専門店おすすめ!最強ハイエンドイヤホン【50000円〜100000円】

どんな時でも最高の音質で、高級感溢れるイヤホンで音楽を聴きたい。
そんな人に絶対に選んで後悔しないおすすめ高音質ハイエンドイヤホンをご紹介!
e☆イヤホンの売上ランキングやお客様から評判から、人気度の高いものを基に集めました!
間違いなく選んで後悔しないハイエンドイヤホンばかりです!
※スペックの評価に関しては、同価格帯の商品と比較しての評価となります。

紹介商品一覧

JH AUDIO MICHELLE

JH AUDIO MICHELLE
メリハリの利いたローとハイ!
アグレッシブなサウンド!
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

Astell&KernとJH Audioのパートナーシップ契約により誕生した、ユニバーサルタイプIEM「THESIRENシリーズ」に、
エントリーモデルとなる「Michelle」がラインアップします。
3Dプリント技術を用い、IEMとしての人間工学を追及したシェルデザインにより、ユニバーサルでありながら優れたフィッティングを実現。
サウンド面においても、BAドライバーを高域・中域・低域に各1個搭載した3ウェイ構成と独自のFreqPhaseテクノロジーにより、
ワイドレンジ且つダイナミックドライバーを凌駕する実在感とIEMとしての正確無比なサウンドを実現。
上位モデルに差し迫るポテンシャルが特徴の、ハイクオリティ・ハイコストパフォーマンスモデルです。
名称は米国ロックバンドGuns N'Rosesの1stアルバム"Appetite for Destruction"に収録の「My Michelle」を引用しています。

SHURE SE535 Special Edition

SHURE SE535 Special Edition
超高解像度!
低域から高域まで幅広い音域の再生力!
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

SHUREのSEシリーズのハイクラスモデル「SE535」に新しいチューニングとを施したこちら。
まず解像度が凄いです。今まで鳴っていた事に気づかなかった僅かなスネアの揺れの音や、ボーカルの息継ぎの呼吸音等が、しっかり聞こえます。
音は、ギュッと圧縮されたような締まった中低域と、伸びがよく、厚みのある高域を鳴らしてくれます。
高域の鳴り方が本当に魅力的で、表現がとても繊細なので歌い上げる様な女性ボーカルをこのイヤホンで聴くと、
微妙な歌声のかすれ具合や込み上げてくるボーカルのパワーと言いますか、音の波みたいな物に、体がゾワゾワとする感覚を覚えました。
遮音性が非常に高いので、音楽の世界にどっぷりと浸かりたい方に是非おすすめします!

UniqueMelody MACBETH

UniqueMelody MACBETH
最強のエントリーモデルの名に相応しい
一瞬で恋に落ちてしまう音
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

初めてこのイヤホンの音を聴いた時、ビビビッときました。そう、一瞬で恋に落ちてしまうような、そんな感覚がしたのです。
MACBETHはMERLIN、MAVERICKといった同社のハイブリッド型で得られたノウハウを注ぎ込み、
「最強のエントリーモデル」を目指したとされております。
エントリーとは言え価格は7万円(発売時)。決して「安価なエントリーモデル」ではありませんが、
コストパフォーマンスが高く、それでいて多くの人にとっての「音のストライクゾーン」に
綺麗に直球を投げ込むサウンドに仕上がっていると感じました。
MACBETHのサウンドは極めて音楽的でいて、一度耳に入れて音楽を聴き始めると外さざるを得ない理由がない限り、
ずっと聴いていたくなるような中毒性すらあります。

SENNHEISER IE800

SENNHEISER IE800
まるでヘッドホンで聴いているような
音場の広さ
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

小型のダイナミック型を搭載しているイヤホン。小型のドライバーからなぜ、こんな豊かな音が鳴るのか不思議なイヤホン。
音の余韻がすばらしく、音の収束して行く部分さえも色気がある様に感じます。
また、横の広がりがかなり良く表現されています。おそらくイヤホンの中では一番音場が広いと思います。
解像度が抜群に高いわけではないですが、独特の滑らかな音が音像をリアルに形成してくれます。
かなりしっかりと低域が出ています。この重厚な低域はかなり癖になりそう。
中高域が埋まる事がなく、上手にまとめられています。JAZZの音源は完璧な再生をしてくれます。

Campfire Audio LYRA II

Campfire Audio LYRA II
バランスの良さと解像度の向上
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

明確な違いが感じられたのは『バランスの良さ』と『上方向への広がり』でした。
LYRAで感じられたパワフルで厚みのある低音は少し抑え目になり、その分全体の音の見通しが良くなったように思えます。
そしてLYRAでは表現が苦手なように思えた広がりや音の伸びという面では、兇任肋緤向にスッと音が広がっていくように感じられ、
クラシックやオーケストラなどとの相性も良くなったのではないでしょうか。
もちろん女性ボーカルとの相性もとてもいいです。
低音は少し控えめになったとはいえダイナミックドライバーらしい迫力を損なうことなく、
それでいて音の広がりを向上させたことで楽曲の幅を広げたこの機種は、まさにLYRAの後継機と呼ぶにふさわしい出来だと思います。

WESTONE W50

WESTONE W50
迫力バツグン!濃密な音世界
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

なんといってもこの小ささで【BA 5ドライバー】積んでいるというのが驚きですよね!
コンパクトなハウジングなので、装着する分には他のWestoneシリーズのように非常に快適です
。 重要なのは音質ですが、Wシリーズの音質をそのままハイレベルまで進化させたイメージです。
厚みと深みのあるサウンドで低音域に力強さがあり、高音域は必要な分キラキラと鳴らしてくれるタイプです。
とにかく濃密な音の世界に包まれるイメージ。ウェットで音場の広さより立体感が重視されています。
バランスとしては低音寄りフラットなので、ロックやメタルにぴったりです!(ちなみにジャズだと少し低音が強すぎました。)
Westone Wシリーズの音がお好きな方で、W60は高すぎる、そんな方にオススメです。

JH Audio THE SIREN SERIES Rosie

JH Audio THE SIREN SERIES-Rosie
シルキーな中高域
  • 高 域
  • 中 域
  • 低 域
  • 解像度
  • 遮音性
  • 装着感

「ノリのよさ」と「丁寧さ」を併せ持つ弱ドンシャリ傾向。
しかし、ボーカルが遠いということもなく気持よく音楽に没頭できます。
低域調整ボリュームを最も絞った状態ではタイトながらもしっかりと圧を感じられる低域。
逆にMAXにすると包み込まれるような低域表現となります。
シリーズ中でも低域調整ボリュームの効果を最も感じられるように思います。
僕のようにテクノからジャズまで幅広いジャンルの音楽を聴かれる方にもピッタリはまりそうです。
エントリーモデルですがφ2.5mmバランスケーブルもしっかり付属しています。