高級だからこその満足度!イヤホン専門店おすすめ!ハイエンドイヤホン特集

高級だからこその満足度!イヤホン専門店おすすめ!ハイエンドイヤホン特集

「高品質な音質の高級感溢れるイヤホンで音楽を聴きたい」
そんな方に選んで絶対に後悔しないハイエンドイヤホンをご紹介!
e☆イヤホンの売上ランキングや人気度の高いものを元に厳選したイヤホンです! ※同価格帯の商品と比較した評価になります。

おすすめ商品一覧

  • 重低音におすすめ
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
デュアルドライバーで キレッキレのサウンド!

アンプでの使用を想定し最適化されたCL1は、広大な帯域を比類なきレベルでコントロールするために、
2つのユニークなトランスデューサー技術を組み合わせています。
CLダイナミックトランスデューサーは、低音・中音域を極めて正確に再生。
そしてセラミックプレートドライバーは細密な高音域・倍音を生み出すように設計されています。
また、CL1はRHA社が初めて採用した高密度セラミックハウジングと着脱式ケーブルが特長です。
ケーブルは高耐久性と快適な装着性を誇るオーバーイヤーフック形状です。

  1. スタッフレビューより引用
  • Youtube
    youtubeサムネイル
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可能(sMMCX)

Noble Audio

Sage

  • オシャレ・かわいい
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
深みのある低域ご試聴ください
スタッフ写真

Noble Audio Sageの情報を何も調べないで試聴させて頂きました。
まず最初に音のバランスの良さに意識がいきました、ですが試聴しているうちにしっかりとした低域がある事に気がつけるはずです。
この低域を深みのあると表現したら私の感じた感覚に近い気がします。
ここからは調べた情報も含め感じた事を書かせて頂きます。
Sageは2015年に登場したSavantの後継機として開発されたモデルになりますが、Noble Driverを2基搭載し、低域用にはSavantに比べて大口径のドライバーを採用した事でSavantと比較しても低域が深い所からしっかりと出ている様に感じられました。
また、ベントポートを再設計した事で低域の再生周波数が伸び、レスポンスが向上しているようです。
Savant好きな方も私の感じた深みのある低域に興味持って頂けた方も是非ご試聴下さい!!

  1. 秋葉原店
  2. ムービー
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(2pin)
  • オシャレ・かっこいい
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
低域から高域まで幅広い音域の再生力!

SHUREのSEシリーズのハイクラスモデル「SE535」に新しいチューニングとを施したこちら。
まず解像度が凄いです。今まで鳴っていた事に気づかなかった僅かなスネアの揺れの音や、ボーカルの息継ぎの呼吸音等が、しっかり聞こえます。
音は、ギュッと圧縮されたような締まった中低域と、伸びがよく、厚みのある高域を鳴らしてくれます。
高域の鳴り方が本当に魅力的で、表現がとても繊細なので歌い上げる様な女性ボーカルをこのイヤホンで聴くと、
微妙な歌声のかすれ具合や込み上げてくるボーカルのパワーと言いますか、音の波みたいな物に、体がゾワゾワとする感覚を覚えました。
遮音性が非常に高いので、音楽の世界にどっぷりと浸かりたい方に是非おすすめします!

  1. スタッフレビューより引用
  • Youtube
    youtubeサムネイル
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(MMCX)

UniqueMelody

MACBETH

  • リケーブル可能
一瞬で恋に落ちてしまう音

初めてこのイヤホンの音を聴いた時、ビビビッときました。そう、一瞬で恋に落ちてしまうような、そんな感覚がしたのです。
MACBETHはMERLIN、MAVERICKといった同社のハイブリッド型で得られたノウハウを注ぎ込み、
「最強のエントリーモデル」を目指したとされております。
エントリーとは言え価格は7万円(発売時)。決して「安価なエントリーモデル」ではありませんが、
コストパフォーマンスが高く、それでいて多くの人にとっての「音のストライクゾーン」に
綺麗に直球を投げ込むサウンドに仕上がっていると感じました。
MACBETHのサウンドは極めて音楽的でいて、一度耳に入れて音楽を聴き始めると外さざるを得ない理由がない限り、
ずっと聴いていたくなるような中毒性すらあります。

  1. スタッフレビューより引用
  • Youtube
    youtubeサムネイル
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(2pin)

SENNHEISER

IE800

  • ジャズにオススメ
まるでヘッドホンで聴いているような 音場の広さ

小型のダイナミック型を搭載しているイヤホン。
小型のドライバーからなぜ、こんな豊かな音が鳴るのか不思議なイヤホン。
音の余韻がすばらしく、音の収束して行く部分さえも色気がある様に感じます。
また、横の広がりがかなり良く表現されています。おそらくイヤホンの中では一番音場が広いと思います。
解像度が抜群に高いわけではないですが、独特の滑らかな音が音像をリアルに形成してくれます。
かなりしっかりと低域が出ています。この重厚な低域はかなり癖になりそう。
中高域が埋まる事がなく、上手にまとめられています。JAZZの音源は完璧な再生をしてくれます。

  1. スタッフレビューより引用
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱不可

Campfire Audio

LYRA II

  • ハイレゾ対応
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
聴いていて楽しい気持ちになります!!
スタッフ写真

来ました!Campfire AudioからLYRA II!楽しみで楽しみで仕方なかった(笑)ではレビューしていきたいと思います!
まずは見た目!前回のLYRAと比べると形に変わりはないです。光沢がなくなっただけくらいですね。
音質の方ですがLYRAと聴き比べてみると低域の質量が増えた感じがしました。
中低域寄り気味でベース、ボーカルが非常に聴き取りやすかった印象です。かと言って高域も耳に刺さるような音ではないので聴きやすいです(*^_^*)
元気なサウンドなので聴いていて楽しくなります!やっぱり僕はCampfire Audioが大好きです(笑)

  1. 大阪日本橋本店
  2. きゅうい
  3. @eear_kyuuuichan
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(MMCX)

WESTONE

W50

  • オシャレ・かっこいい
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
迫力バツグン!濃密な音世界

なんといってもこの小ささで【BA 5ドライバー】積んでいるというのが驚きですよね!
コンパクトなハウジングなので、装着する分には他のWestoneシリーズのように非常に快適です。
重要なのは音質ですが、Wシリーズの音質をそのままハイレベルまで進化させたイメージです。
厚みと深みのあるサウンドで低音域に力強さがあり、高音域は必要な分キラキラと鳴らしてくれるタイプです。
とにかく濃密な音の世界に包まれるイメージ。ウェットで音場の広さより立体感が重視されています。
バランスとしては低音寄りフラットなので、ロックやメタルにぴったりです!(ちなみにジャズだと少し低音が強すぎました。)
Westone Wシリーズの音がお好きな方で、W60は高すぎる、そんな方にオススメです。

  1. スタッフレビューより引用
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(MMCX)
  • リケーブル可能
  • 耳掛け型
シルキーな中高域

「ノリのよさ」と「丁寧さ」を併せ持つ弱ドンシャリ傾向。
しかし、ボーカルが遠いということもなく気持よく音楽に没頭できます。
低域調整ボリュームを最も絞った状態ではタイトながらもしっかりと圧を感じられる低域。
逆にMAXにすると包み込まれるような低域表現となります。
シリーズ中でも低域調整ボリュームの効果を最も感じられるように思います。
僕のようにテクノからジャズまで幅広いジャンルの音楽を聴かれる方にもピッタリはまりそうです。
エントリーモデルですがφ2.5mmバランスケーブルもしっかり付属しています。

  1. スタッフレビューより引用
注目度
高 域
中 域
低 域
解像度
遮音性
装着感
ケーブル
着脱可(JH 4pin)

おすすめ関連リンク

  • エントリークラスイヤホン特集 5000円以内
  • エントリークラスイヤホン特集 10000円以内
  • ミドルクラスイヤホン特集
  • プレミアムクラスイヤホン特集

週間ランキング