ポータブル真空管アンプを使ってみよう

真空管アンプとは

真空管といえば、昔の電気機器に使われていた時代遅れなもの、といった認識をお持ちの方も多いのではないで しょうか。1960年代にトランジスタが開発されてからは、減衰の一途をたどる真空管ですが、オーディオ・アンプでは その性質が見直され、人気の高いものとなっています。その流れがポタアンの世界にも続々と入ってきています。

真空管とは

真空管とは、電流や電圧を増幅するための素子となります。

一昔前は、ラジオやテレビ、またはコンピュータなどいろいろな電気機器
に使用されていました。しかし、消費電力や発熱、寿命などの問題のため、
後に発明されたトランジスタにその場を奪われることになります。
真空管は、過去の技術としてその役目を終えるかと思われたのですが、
オーディオ界ではまだ根強いファンがいます。
それは、真空管にしか出せない"音色"というものがあるからです。
それまで、アンプに求められていた"無色透明"から、アンプにも個性を、
という風潮に、真空管は適したものだったのです。

真空管アンプ

真空管を使用したヘッドホンアンプ
Carot One ERNESTOLO(商品ページ)


真空管の音とは

トランジスタアンプに様々な音質があるように、真空管アンプの音質も様々です。

しかし、概して真空管アンプでは、臨場感があり、なめらかな音に聴こえる、という特徴があります。特に、高音域で綺麗な伸びが得られるものが多く、たくさんの人達を魅了してやまない、癖になる芳醇な響きを提供してくれます。
かといって、分解性能などが極端に落ちることもないので、単純なステップアップとして真空管アンプを選ばれる方も多いです。

TTVJ Portable Millett Hybrid Amp

国内初の正規流通真空管ポタアン
伸びやかな高音域と響きが魅力
TTVJ Portable Millett Hybrid Amp


真空管の欠点とは

真空管アンプでの一番のデメリットはノイズです。

サーというノイズもそうですが、真空管アンプ(特にポータブル)で一番の問題は、「キーーーン」と細く鳴るノイズ、マイクロフォニック現象です。
これは、ボディや内部パーツの振動を、真空管が拾ってしまうことにより起こります。真空管アンプのボディをこんこんと叩くと、その様子が良くわかります。特にポータブルヘッドホンアンプの場合は、持ち歩くという性質上、大きく問題となることもありました。しかし、昨今の製品では、制振対策などがしっかりと取られているので、ほとんど気にすることなく使用することができるようになりました。
また、そのノイズを差し引いても、真空管の”音”というのは魅力的なのです。

GoVibe Portatube

マイクロフォニックノイズが発生しに
くい設計も評価され、大ヒットした。
GoVibe Porta Tube(商品ページ)


EK JAPAN TU-HP01

EK JAPAN TU-HP01
EK JAPAN TU-HP01

入力部には真空管、出力部にはオペアンプを使用している、ハイブリッド構造のポータブルヘッドホンアンプ。
真空管はRaytheon:6418を採用。消費電流の少なさから発熱の小ささも利点の一つ。マイクロフォニック現象も発生しにくい設計となっています。

オペアンプは載せ替え可能で、標準で2種類付属しています。出荷時装着のMUSES8820は「低音が豊かで解像度の高い」音。オプションとして付属するのはOPA2604で「全体的にバランスが良く、透明感のある」音です。
その他にも、様々なオペアンプが搭載可能ですので、自分で新しい音を見つけて楽しめます。

真空管アンプとしては、非常に安価なことも魅力です。

Raytheon6418

Go-Dap TT

Go-DapTT

VentureCraftの最新ポータブルアンプは、Raytheon 6111SQ Subminiture管を搭載する、真空管ポータブルヘッドホンアンプです。真空管は交換可能なSocket方式を採用。真空管を付け替えることでの音質変化をお楽しみいただけます。

iDeviceとのデジタル接続にも対応。iPhone5や最新iPodからデジタルデータを取り出して、高品位再生が可能です。更に、PC接続にも対応していますので、PCやMACも高音質で再生できます。

3500mAhの内部バッテリー搭載。iDeviceを充電しながら使用可能。一貫した国内生産で、信頼のクオリティです。6時間充電、6時間駆動。

Raytheon6111

Go-Dap TT開発者インタビュー

常に新しい着眼点で製品を作り続けるVentureCraft(ベンチャークラフト)。
新たに投入された製品は、真空管とiDevice接続という、アナログとデジタルの極地の融合でした。
製品にかける思い。VentureCraftとして製品を作り続けるための、新しい試みなどを聞かせていただきました。
デジタル入力に対応したヘッドホンアンプをこれまで色々と展開してきましたが、当初から真空管を使った『デジタル×アナログ』の構想は持っていました。
Go-Dapシリーズを展開していく中で、最上位機種には真空管を搭載したモデルを展開したい、という思いがあり、ずっと技術を温めていました。
そういった背景がある中で、サブミニチュア真空管が本当に手に入りにくくなってきていますので、今のタイミングしかない、という思いで今回のGo-DapTTの開発に着手しました。
今回Go-DapTTの開発にあたって、市場に出ている真空 管アンプは一通り研究しました。
良い音を鳴らす真空管アンプは多いですが、どんなに良い音が鳴っていたとしても、マイクロフォニック現象が台無しにしてしまうのです。
音を鳴らす以前の問題点だと思いましたので、まず、マイクロフォニック現象の問題を解決するところから始めました。
ここに非常に多くの時間を費やしましたね。最終的に、回路の構造を見直す事で、その点はクリアすることができました。

使用している真空管は、6111SQ(スペシャルクオリティ)管というものを使用しています。管の音の特徴として、非常にフラットで癖の少ない素直な音、という点が挙げられます。元々、素性が良い真空管の特徴を最大限に活かすために、入口と出口のカップリングコンデンサにはかなりこだわっています。

今回のGo-DapTTの大きな特徴の一つに、真空管が交換できるというものがあります。
Go-DAP製品に共通して意識している点として、お客様が買った後にカスタマイズして楽しめるという点が挙げられます。それはもちろんこのGo-DapTTにも共通しています。遊べる点は魅力の一つになると思います。
しかし、真空管の交換には危険が伴います。というのも、高電圧で使用されることが多いため、感電してしまうことがあるんですね。その点は、ソケット式にすることで安全性を確保し、電圧を真空管の基準通りに設定するのではなく、回路に組み込んでから電圧を決めました。結果、低電圧化に成功し、ノイズも出にくい、交換できる真空管アンプを作ることが出来ました。
真空管には寿命がありますが、長く使える様にヒーターの設定も見直しています。
古い真空管の本も参考にしましたが、当時とは訳がちがうのでほとんど参考になりませんでした。
新しい発想で、工夫したパターンが必要だったので、頭を悩ませました。
また、ポータブルという制約があるため、シンプルな回路でなければいけませんし、もちろん真空管の性能を最大限に引き出さなければ意味がありません。すべてを満たす事は非常に大変でした。
誰かの通った道を自分なりの方法で辿ることも大変ですが、誰も通っていない道を作ることは、本当に大変なのです。
このアンプを作ることができたのは、ベンチャークラフトのスピード感があってこそだと思います。
アイデアを形にするまでのスピードはどのメーカーにも負けませんよ。

Go-Dapシリーズに付いているバンパー
排熱のためにプレイヤーとの間に空間を作る設計
写真の製品はGo-DapX
特にこだわりを持っているのは、バッテリーです。
Go-DAPシリーズの共通点として、iPod、iPhoneに給電が出来ることが挙げられますが、このフラッグシップモデルでも、基本からそれずに給電を可能にしています。
それと併せて真空管を使用すると、バッテリー消費が激しいので、新たな大容量のバッテリーを用意しました。
Go-DapTTでは3,500mAhという非常に大容量のバッテリーを搭載しています。

ボディにもこだわっています。
低電圧化によって、真空管の問題点でもある熱への対策は必要ない程度になっていますが、万が一のために、ボディにスリットを入れています。Go-DAPシリーズではバンパーが装着されているので、iPodやiPhoneなどのDAPとGo-DapTTの間に隙間ができ、排熱出来る様にしています。

先のことはまだまだわかりません。
サウンドロイドとGo-DapTTの発売が迫っていますので、まずはこの2機種に注力していきます。
もちろん、以降の新製品もいろいろと出していくつもりですので、楽しみに待っていてください。いつも、ユーザの方たちが使って楽しめる製品を提供し続けていきたいですね。

Go-DAPシリーズはどこでもよい音を楽しめる製品だと自信を持っています。Go-DapTTでは真空管の音を最大限に引き出せる様に設計していますので、魅了されてしまう様な真空管の音をお楽しみいただければと思います。
また、PCとの接続も可能ですので、場所を選ばずガンガン使用いただければ嬉しいですね。

サウンドロイドとGo-DapTTをセットでお持ちいただければよりうれしいです(笑)

ベンチャークラフト Go-Dap公式ページ(外部リンク)

サイトマップ 四角形 四角形 四角形 四角形