【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.2

たっくん

どもっ!!e☆イヤホン 広報のたっくんです!

STAX本社工場視察記事はまだまだ続きます!

その前に、前回の記事はコチラ↓

 【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.1

 

では、Vol.2いってみよう!

STAX ロゴ入り-1-26

ドライバーの組み立て部門。

前回はSR-009のドライバーの組み立ての様子をご紹介しましたが、ここでSTAXヘッドホンのドライバー全てが製造されています。

STAX ロゴ入り-1-33

この半透明の薄い膜の様なモノが振動膜です!

反対側が透けて見えるほどに薄く作られています。この振動膜の薄さが繊細な表現力の秘密です。

他にも…

STAX ロゴ入り-1-31

SRS-002のドライバーも組み立てされています。

作業内容はヘッドホンとほとんど同じですが、より小さなドライバーとなり、より細かい作業が求められます。

 

こうして組み上げられたドライバーは一つ一つ動作の検証が行われます。

STAX ロゴ入り-1-41

この工程は、組み上げ時の不具合を見つけるセクションです。

電気を流してチェックをしますが、作業の途中でゴミが入っていると音が鳴らないとのこと。

湿度が50%を超えると、動作に問題が発生するので、このクリーンルームは年中50%以下になる様に調整しているそうです。

STAX ロゴ入り-1-35

通電チェックを終えると、今度は奥の部屋に運ばれます。

この部屋では、振動膜の張力が均一になっているかを測定します。

1000Vまでの電気を流し、振動膜を徐々に強く動かしていきます。

STAX ロゴ入り-1-34

張力が均一になっていれば、ユニットそれぞれが既定の数値になりますが、張力が均一になっていないと、既定の数値にならないとの事です。

ここで使用している機材は、全てSTAX独自のもので、モデルに合わせて使用する機材を変えて測定をします。

STAX ロゴ入り-1-36

この機械にかける事で、ユニットごとの特性が分かるのそうです。

この工程を終えると、ユニットのマッチングが行われ、左右のドライバーの組み合わせを決めます。

 STAX ロゴ入り-1-40

ユニットのマッチングが終わると、ドライバーユニットはエージングにかけられます。

蓋を開けると…

STAX ロゴ入り-1-37

ずらりとドライバーユニットが並べられています。

ここで10日程エージングが行われています。

STAX ロゴ入り-1-38

もちろんエージング用の機材もSTAX製です。

 

STAX ロゴ入り-1-39

取材日にちょうど10日が経過したユニットが並べられていました!

こうしてエージングが終わると、ヘッドホンに組み込みが行われます。

ドライバーの製造が終わると、いよいよヘッドホンを組み立てます。

STAX ロゴ入り-1-15

組み込みが終わり、ずらりと並ぶヘッドホン達。

組み込んだ後もここで10日程鳴らし込みが行われます。

よく見ると…

STAX ロゴ入り-1-16

このヘッドホンラックに端子が刺せる様になっていて、大量のヘッドホンを一度にエージングすることが出来ます!

ちなみにエージングに使っているのはFMラジオから流れている曲で、幅広いジャンルの曲に合う様にしているとの事でした!

 

STAX ロゴ入り-1-19

ラックには見た事のないヘッドホンが…

海外向けモデルのSR-007mk2

日本ではシルバーのSR-007Aが販売されていますが、ブラックもかっこいいですね!

日本でも販売してほしいですね!

さらに…

STAX ロゴ入り-1-45

アンプももちろん動作確認!

アンプも通電チェックのため数日間電源を入れた状態で、動作に不具合が無いかチェックを受けて出荷されます。

STAX ロゴ入り-1-21

アンプが山積みに…!

こうして全ての動作チェックをクリアすると、パッキングが行われます!

 STAX ロゴ入り-1-8

各国の代理店に向けて、出荷を待ちます。

STAXのヘッドホンの製造の工程はこれで全てです!

 

STAXの本社工場を見させて頂きましたが、中でもSTAXのこだわりを感じたのは修理部門です。

STAX ロゴ入り-1-10

ここで、全てのSTAX製品の修理が行われています。

熟練のスタッフの手によって、不具合のある個所を特定し、その場で修理を行います。

STAX ロゴ入り-1-18

20年前の製品の修理用のパーツまで!

普通のメーカーであれば、法定の約6年間は修理のためにパーツを保管し、以降は修理用のパーツを持たない事がほとんどですが、STAXではほとんどの製品の修理用のパーツを長期に渡り保管し修理対応を可能にしています。

STAX ロゴ入り-1-12

設計図を基にアンプの修理をされていますね!

先程のヘッドホンラックには…

STAX ロゴ入り-1-20

故障してお客様から届けられたヘッドホンにも、エージングがされています。

修理が終わって、お客様の手元に届いた段階で、完璧な状態で動作する様にエージングがされています。

こうした細かな所にSTAXのこだわりを感じますね。

 

という事で2回に渡り、STAXの本社工場視察をご紹介しました!

これまで様々なブランドの工場を視察してきましたが、国内での視察は意外にも少なく、とても貴重な経験となりました!

 

これまで視察したブランドのレポートはコチラ

海外視察・メーカー本社 実際にいってみたレポート記事まとめ

 

⇒ 【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.1

STAXの皆様、お忙しい中ありがとうございました!

 以上たっくんでした!

Tags: STAX, 工場, 本社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たっくん

たっくんe☆イヤホン 広報部部長 / アンバサダー

投稿者プロフィール

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのたっくんです。
eイヤホン事業の事業本部長です。ずっと広報をしていて、2013年8月にはTBS『マツコの知らない世界』に出演しました。その他にも様々なメディアでイヤホン・ヘッドホンの魅力を紹介してきました。イヤホン・ヘッドホンに関するお得な(?)情報を発信していきます!

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. STAXタイトル-2

    2016-12-27

    【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.2

  2. STAXタイトル

    2016-12-26

    【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.1

  3. PB160197

    2016-11-17

    【海外視察】Westone本社で WST-ES60を作ってみた!

  4. 2016_gakki1

    2016-11-6

    【 #楽器フェア 】2016年秋!楽器フェアに参加してみた! #ポタフェス

  5. PA090336

    2016-10-17

    【RMAF視察】Final,AUDEZE,Fiio,Empire Ears,SONYより新製品展示!

  6. IMG_3234

    2016-10-13

    【RMAF視察】1more,SENNHEISER,RHA,FLCより新製品展示!

  7. IMG_3313

    2016-10-11

    【RMAF視察】Pioneer,MEZE,CTMより新製品を試聴してきました!

  8. CanJam2days-1-21-min

    2016-10-10

    【RMAF視察】FOCAL UTOPIA、STEREO PRAVDA、64AUDIOから新製品が登場!

ページ上部へ戻る