【スタッフ愛機紹介:02】大先生が愛用している1MOREのPistonClassicをレビュー!

大先生

 どうも、僕です。

 

皆さん、「愛機」と言えるイヤホンはありますか?

僕はあります。沢山ありますし、沢山ありました。

物心ついてから一番最初に出来た「愛機」は、

何かの付属であろう、メーカーも不明なインナーイヤーのイヤホンでした。

年上の従兄弟から貰ったUSBスティック型の小さなMP3プレイヤーと一緒に、

中学校くらいの頃かな、よく持ち歩いて聴いていたものです。

今の環境と比べるとはるかに音質も劣るものだったと思いますが、

それでも当時はかけがえのない楽しみがあったものでした。

そんなプレイヤーやイヤホンは、たまに引っ張り出して聴きたくなっちゃいますね。

いかがお過ごしでしょうか。

 


 

 

さて、今回は新たなる連載企画

スタッフ愛機紹介! Vol.2 でございます。

 

早速行きましょう。

今回僕がご紹介するイヤホンは……これだッ!

 

はいドン

 1MOREのエントリーモデル「Piston Classic」です!

IMG_5283k

大先生愛用のPistonClassic Gray。赤白イヤーピースで左右が丸わかり!

 

どんな高級機が飛び出してくるかと思ったかっ……!?

しかしとんだ伏兵っ……! お手頃価格っ……!

圧倒的お手頃っ…………!!

fukumototames

カカカ……! コココ……! キキキ……!

 

というわけで、今回はこちら「Piston Classic」でございます。

低価格帯と侮るなかれ! 3000円を切る価格でありながら、

そのしっかりした音質使い勝手の良さはお見事。

今年の5月下旬ごろに発売されたモデルですが、

届いた試聴機を聴いた時の衝撃に打ち勝てず、結局買ってしまいました。

今回はこちらをご紹介させて頂きます!

 


 

 

さて、今回のレビューはQ&A形式

早速始めていきたいと思います!

 

Q この機種を選んだ理由はなんですか?

上記にもありますが、試聴機を聴いて感動したからですね。

軒並み出ている低価格イヤホンの中でも、僕の中では飛び切り良い音に感じました。

後はサイズ感の小ささと、金属のハウジングによる高級感

他の低価格系にはあまり無い、所有欲を満たす感じが良いです。

また普段使っているスマートフォンがiPhoneなので、

iPhoneに合わせたカラーバリエーションというのも気に入りました。

あとはこの1MOREブランド、

中国の「xiaomi」というITメーカーが展開しているブランドなのですが、

ガジェットクラスタ的にはこの「xiaomiのイヤホン」というのも熱い!

そんなわけで、色んなオタク的趣向が入り混じったセレクトになりました。

 

Q 同時に検討した機種はありますか?

その時は、1MOREの別のモデルや、

ZERO AUDIOPHILIPSなどの近い価格の商品も考えました。

しかし、同価格帯でも結構ハッキリとキャラクターの違いが出るもので、

一番好みだったのがこの「PistonClassic」でしたね。

また、当時新商品ということもあり、目新しさも含めてこちらを選びました。

 

Q どのくらいこの機種を使用していますか?

6月ごろに購入したので、2か月くらいになります。

期間としては短いかもですが、そのぶん使用頻度はかなり高いですね!

音楽を聴くときはもちろんのこと、スマホでYouTubeを見たり

携帯ゲーム機で遊ぶ時などにさっと使えるのが良いです。

 

Q この機種をどんな人におすすめしたいですか?

 この価格帯ですので、初めてのイヤホンを買いたいと思っている人

是非、聴いてみて頂きたいです。

また、メインでもっとグレードの高いイヤホンを使っている人でも、

サブ機として1本、検討してはいかがでしょうか!

 

Q 実際にこの機種を使ってみてどうでしたか?

現在はイヤーピースを茶楽音人のSpinFitに換装して使っています。

小ぶりなイヤホンなので、耳にしっかりと入って、音楽に集中出来ますね

また上下対称のデザインなので、耳の上を通すループ掛けが可能です。

これにより挿さる角度が変わって、音の響き方も少し変わったように感じました。

お持ちの方も、ご試聴される方も是非試して頂きたいです!

このように、色々な使い方が出来て非常に面白い1本ですよ!

 

☆評価

満足度  ★★★★☆ 4.0

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

高音の質 ★★★☆☆ 3.0

中音の質 ★★★★☆ 4.0

低音の質 ★★★★☆ 4.0

細やかさ ★★★★☆ 4.0

迫力   ★★★★☆ 4.0

音場   ★★★★☆ 4.0

遮音性  ★★★☆☆ 3.0

音漏耐性 ★★★☆☆ 3.0

 

レビュー

なんといっても汎用性の高さが素晴らしいです。

上記の通り低価格な商品ではありますが、

耳の形を選ばないシンプルなデザインのハウジング、

取り回しの良い布スリーブのケーブル、

iOS/androidに両対応した3ボタンリモコンなど、

普段使いに必要な要素を全て満たしていると言っても過言ではありません。

コンパクトなので小さめのイヤホンケースなどにも収納しやすく、

出先でちょっとイヤホンを使いたい時にも取り出しやすいですね。

そしてなんといっても音質

くっきりとした明瞭感のあるサウンドで、これまた色々なジャンルに合う

前後のポートから不要な共振を逃してくれるため、

ヌケが良くきれいに広がる音場感が楽しめます。

ただその分、静かなところでは少しだけ音漏れが気になるかもしれません。

また、やや平面的な音で、奥行きはやや控えめに感じられます。

それでも値段から考えれば、もはや規格外のサウンドと言って良いでしょう。

 


 

 

いかがでしたでしょうか!

ご来店の折には、ぜひぜひご一聴してみてくださいませ!

 

そして次回、愛機を紹介して頂く方はこちら!

名古屋店たっちゃんさんです!

 nagoya_takumi-100px-ameblo-Distinction

一体どんな愛機が登場するのか!?

次回もお楽しみに!

 

<シリーズ一覧>

【スタッフ愛機紹介:01】タラちゃんが愛用しているSONYのMDR-XB90EXをレビュー!

 

今回も最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

お相手は大先生ことクドウでした!

 

↓店舗案内↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大先生

大先生PR部/ブロガー/

投稿者プロフィール

ブロガーの朝は早い。

――ついにカスタムIEMを購入されたそうですね。おめでとうございます。
『そうなんですよ! ありがとうございます』
――使い心地はいかがですか?
『もう最高! いう事がありませんね!』
――では、そこのカバンの中に埋もれているIE800に対して言うことは?
『えっ』
――家の枕元に放置してあるIE80に言うことは何かありますか?
『……いや、その』
――もはや買うだけ買って満足しているSE-MX9 THE IDOLM@STERに対して言うことは……
『わかりました! わかりましたから! 勘弁して下さいほんとに!!』
(大先生特別インタビューvol.9より抜粋)

Player : DP-X1A / AK300 / AK100mk2 / プレイやんmicro
Earphone : UE ProRR / IE800 / IE80 / XBA-N3 / SE-CH9
Headphone : SE-MX9 THE IDOLM@STER / HD25 / MDR-1RMKII / MDR-HW700DS

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. 2017-5-21

    【海外視察④】HIGH END 2017をいろいろ見て回ってきた!!【後編】

  2. 2017-5-20

    【海外視察③】「A&ultima SP1000」と「AK380」を聴き比べ!!

  3. 2017-5-20

    【海外視察②】HIGH END 2017 でいろいろ見て回ってきた!!【前編】

  4. 2017-5-18

    【海外視察①】HIGH END 2017 in Munichにいざ出発!!

  5. 2017-4-25

    【開発者インタビュー】密閉型で”見晴らしの良い音”を実現したヘッドホン、パイオニア SE-MONITOR5の注目ポイント

  6. 2017-4-13

    色んなことが”可能”な新プレイヤー!Astell&Kernから「KANN」リリース

  7. 2017-2-23

    【新製品】Skullcandy Crusher Wirelessの発表会に潜入!

  8. 2016-12-27

    【いってみた】STAX本社工場にいってみた!Vol.2

ページ上部へ戻る