【動画あり】純度99.9%の銅筐体になった最高級プレイヤー「AK380 Copper」

りょう太 - バナー

皆さんおはこんばんちは。

e☆イヤホンのりょう太です!

 

20160129-P1290408-min

 

AK380 Copper

 

IRIVER Astell&Kernブランドからプレイヤーの新モデルAK380 Copperが日本でも正式にリリースとなりました。

通常のAK380と何が違うのか、動画でご紹介いたしました。

 

 

AK380とAK380 Copperの大きな違いは以下の三つです。

 

・筐体がジュラルミンから純度99.9%の銅に

・背面プレートのカーボンにケブラーを加えることでツートンカラーに

・レザーケース素材が最高品質のトルコ産天然皮革「The V1」に

 

Copperモデルはその名の通り筐体素材に純度99.9%の銅を採用しているのが最大のポイント。従来のAK380がジュラルミン筐体なのに対して素材の比重が上がる分、形状が同じでも重量は増し、AK380の本体重量約230gに対してCopperモデルは約350gと100g以上重くなっています。「ずっしり」と言うか、正直かなり重く感じます。

 

 

写真で見ていきましょう。

20160129-P1290392-min

シルエットは全く変わらず。

 

銅筐体、かなり明るい色味です。従来のAk380と形状は異なりませんが色のせいで印象が大きく変わります。

 

 

20160129-P1290394-min

まさにブロンズの輝き

 

 

20160129-P1290396-min

カーボンに加えてケブラーでアクセントが加えられたCopperの背面パネル

この比較は上で紹介した動画の方がわかりやすそうです。

 

 

20160129-P1290365-min

音は違う?

オーディオ製品の内部で、人間にとっての血液の如く巡っているもの、それは電気信号です。この電気信号が、如何にノイズ等に干渉され阻害されることなく流れていくかが音質面での肝とも言えます。このノイズの対策として必須なGND(グラウンド)としてアンプやプレイヤーは筐体を用いていることが多く、一見音に影響するようには思えないプレイヤーの筐体素材をわざわざ金属にしたり、その中でも素材を吟味、変更することには大いに意味があるのです。実際、ケーブルを自作した方の中にはGNDの素材、純度を変えただけで音質が変化、改善された経験ありませんか?

 

以上のことを踏まえ、やはりAK380とAK380 Copperの音質にはやはりニュアンス的な違いがあるのですが、クオリティに差があるかと言われるとそこまでではないかな?と個人的には思います。

動画でも述べましたように「音の重厚感」「温かみ」「ダイナミック型との相性の良さ」は感じられますが、「AK380の購入を検討するすべての人がCopperを買うべき」とまでは、わたしは思いません。AK380という究極的にハイクラスな音楽プレイヤーを購入する上で、どうせならよりプレミアムな物が欲しい。または手持ち機種がダイナミック型イヤホンや、オーバーヘッド型のモデルがメインである方もCopperを意識していいかもしれません。

 

いずれにしても、そもそも高価!!

ですのでやはり事前の試聴がとても大事です。e☆イヤホン各店では既に試聴機をご用意しておりますので、お近くの店舗でぜひ一度お試しください。

 

 

▼AK380 Copper

 

 

▼AK380

Tags: AK380, Astell&Kern, iriver, ハイレゾ, プレイヤー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
りょう太

りょう太編集長

投稿者プロフィール

ブログ記事執筆、商品紹介動画、商品撮影、各SNSを担当。Twitter/Facebookの中身はだいたいりょう太との噂。
店頭に現れることは稀なレアキャラ。秋葉原事務所で「どうやったら商品の良さが楽しく伝わるか」を考えながらお仕事中。

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. PB160197

    2016-11-17

    【海外視察】Westone本社で WST-ES60を作ってみた!

  2. 2016_gakki1

    2016-11-6

    【 #楽器フェア 】2016年秋!楽器フェアに参加してみた! #ポタフェス

  3. PA090336

    2016-10-17

    【RMAF視察】Final,AUDEZE,Fiio,Empire Ears,SONYより新製品展示!

  4. IMG_3234

    2016-10-13

    【RMAF視察】1more,SENNHEISER,RHA,FLCより新製品展示!

  5. IMG_3313

    2016-10-11

    【RMAF視察】Pioneer,MEZE,CTMより新製品を試聴してきました!

  6. CanJam2days-1-21-min

    2016-10-10

    【RMAF視察】FOCAL UTOPIA、STEREO PRAVDA、64AUDIOから新製品が登場!

  7. CanJam-1

    2016-10-9

    【RMAF視察】JH Audioから新製品が登場!Astell&KernはMichelleを展示!

  8. IFA

    2016-9-5

    【#IFA2016】現地会場レポートその5【beyerdynamic、SENNHEISER、その他BT製品】

ページ上部へ戻る