【新製品情報】AKユーザー必見!NOBUNAGA Labs PREMIUMよりMMCXリケーブル新登場!その名も”黒雷”!

バナー

あ、どうも。

寒いですね、2016なう。

こんな晴れた日は、あえてテラスでコーヒーをすすりたい

そんなおしゃれな奈良県民に憧れる僕はゆーきゃんです。

 

最近SMAPの解散報道が話題になってますが、解散はいやですね・・・

昔、SMAPが初めて出したベストアルバムを買いましたねぇ。

表紙がベストジャケットの絵になっていて、確か何十色とパターンがあったんですよね。

懐かしい。

ダイナマイトがやっぱり好きです。

 

はい本題。

コスパが光るリケーブルシリーズ

NOBUNAGA Labs PLEMIUM より

AKバランス派の方へ向けての新製品が登場です!

ハイドン!!

_DSC1996

 

 

人気過ぎて売り切れ必須なリケーブル、雷切のブラックバージョンとなります。

音は雷切と同じく、高域の伸びが心地良く、スパッとキレがよくなる感じです。

昔秋葉原店のカイヤが書いてくれているレビューはこちら

 

【本日より発売開始!】NOBUNAGA Labs 鬼丸/雷切【MMCXの2.5mmバランス、ステレオミニプラグのリケーブル】

 

以下、メーカーより

 

◎特徴

黒雷は2.5mm 4極バランスケーブルにてご好評頂いております「雷切」のカラーをブラックにしたものになります。

・8芯OFC 2.5mm4極バランス対応 MMCXリケーブル

・人気の高いOFC銀メッキを8芯編込み、72時間のクライオ処理を実施。

・MMCXコネクタ部はモールディング加工を施しており、今回のモデルよりワッシャーを取り外しホールド力を重視。

・プラグ部には、プラグ単品でも人気のある同社NLP-02Bを採用。

・太いプラグによって刺さらないケースなどにも対応可能な余裕を持たせた設計。

 

◎スペック

ケーブル:OFC8芯・銀メッキ

ケーブル長:120cm

イヤーフック対応:ワイヤ-入り

プラグ:2.5mm4極ストレート型プラグ金メッキ

イヤフォン側プラグ:MMCXコネクタ金メッキ

インピーダンス:0.35Ω以下

クライオ処理:72時間

 

 

雷切の頃から思ってましたけど、クライオ処理までしっかりと施され、デザインや使用感もこだわって作られているのにこの価格は、エグイ。

リケーブルメーカー泣かせですねっ。

素晴らしい製品だと思います。

 

コチラの製品は

秋葉原店

大阪日本橋店

名古屋大須店

SHIBUYA TSUTAYA店

 

にてご購入いただけますので、是非お試しください!

 

ではでは(・ω・)ノ

 

Tags: 2.5mm4極, kuro, mmcx, NOBUNAGA Labs, リケーブル, 黒雷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆーきゃん

ゆーきゃんカスタムIEM専門店スタッフ

投稿者プロフィール

こんな僕に興味があればこっちをみてください→→→→→→→→→→↑↑↑↑↑

奈良県民、秋葉原店に勤めて4年目を迎えます。
仕事はカスタムIEM、イーイヤTV、買取、だいたいなんでもお話できます。
プライベートではDJしてます。渋谷中心。
ゆーきゃんと気軽に呼んでくれ!
◎愛機◎
CIEM:UE7PRO,1964 V6-Stage,WST-ES50,MH335DW,Prophonics 3MAX,オーダー中⇒Heir 4.A
イヤホン:EPH-100(ユニバで唯一の愛機)
ヘッドホン:MDR-CD900ST,HD-25 Amperior,TMA-1 BEATPORT Editionなどなど。。。他もちょろちょろもってる。

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. poatfesu

    2016-5-12

    【ポタフェス情報】ポタフェス名古屋は5/29(日)11:00より開催!

  2. FORSTENI (2)

    2016-5-8

    【春のヘッドフォン祭】Oriolusのエントリーモデル発表。そしてFinalの新作とは?

  3. こどんぐり (1)

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】注目のあの商品や衝撃のコストパフォーマンスの新製品【音茶楽/茶楽音人】

  4. IMG_0377 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】Campfire新ハイエンドANDROMEDA登場!NOBLE新作、新カスタムブランドqdc

  5. IMG_0135 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】IRIVER新型プレイヤーAK300発表!DSD/PCM収録可能なAK RECORDERも

  6. カナルワークスタイトルVol.2

    2016-4-6

    【突撃取材!】Canal Worksにいってみた!イヤモニ製作の裏側を見学!Vol.2

  7. カナルワークス

    2016-3-27

    【突撃取材!】CanalWorksにいってみた!イヤモニ製作の裏側を見学!

  8. 9個全てオーダーするツワモノも少なからずいるらしい

    2016-2-13

    【レポ】ポタ研2016冬:ラブライブ!ヘッドホン / ティアックポタアン新作 / AK380アンプCopper / FitEar Aya~snow~ ほか

ページ上部へ戻る