【ついに到着!】Lime ears Aetherをオーダーしてみた!【イヤモニ】

かじかじです
 
そう、あれは去年の10月頃
私はふと思いました。
 
「カスタムIEMを買おう」と←
 
VE5やKaiser10、MH335DWやES60など
あらゆるカスタムIEMのフラグシップモデルを試聴した結果
Lime earsAetherをオーダーしました。
 
そのAether
 
ついに
 
ついにきました!
 
 
こちらです!!
 
どん!!
 
 
なんか緑の紙に包まれています
_
 
 
 
取り出してみると
さらに黒い紙に包まれています
P1030031
 
 
広げてみると
キャリングケースが
P1030032
 
 
 
 
Csutom made for:
「Kaji Kaji」
P1030033
この特別感よ,,,
横にシリアルNOも記載されています
 
 
はい開けます!
 
 
どん!
P1030035
 
 
 
 
 
 
ぱぁ!!
 
でた!!
 
 
 
it`s simple
 
 
イヤホンと乾燥剤
そしてクリーニングツールと名刺のようなものだけです。
 
vision earsと比べるとやや寂しい(´・ω・`)
 
そしてこちらが
私かじかじ
完全オーダーメイドのイヤモニ
 
Lime ears
 
Aetherです!!
 
P1030003

 
 
 
見てください!
この歯車!!
 
このアンティーク感!!
 
このスチームパンク感!!
 
 
実はこれはLime earsのフェイスプレートオプションで
タイムマシーンというオプションになります。
faceplate
 
2016年1月4日現在で
片耳あたり¥7,000-になります
Lime earsをご注文される方の中では大変人気のオプションになっています。
 
 
 
ちなみにシェル、フェイスプレート、カナルカラーは
すべてC-09のコーラブラウンというお色味になります。
shellchart
 
この色によってこのスチームパンク感を引き立たせてみました!
美しい!!
 
 
 
その他Lime earsの情報やオプションについてはこちらのブログを参考にしてみてください!
limeears-1
 
 
 
 
 
 
P1030014

カナルは長すぎず短すぎずやや太めの形状

 
 
 
P1030007

プレート下側には音質を変えるスイッチングレバーがあります。

 
 
 
 
P1030006

音導孔は3つありました。

耳穴によっては音導孔の数が変わるかもしれません。
 
 
 
実は届いたのは丁度12月24日に届きまして
丁度いい感じにクリスマスプレゼントになりました。
 
ご案内している納期は3ヶ月ですが
今回は約2ヶ月ほどで到着しました。
 
メーカー繁忙期によって納期は随時変わってしまいますが
あくまで目安としてみてください。
 
 
 
さあ早速装着してみましょう!
P1030040

しっかりと耳の中に収まっています

 
ビューティフォー
完全にぴったり耳に合ってます。
 
Aether含め
今までカスタムIEMを3個作りましたが
そのカスタムの中で一番
きつすぎずゆるすぎず丁度良い装着感です!
 
まさにジャストフィット!
遮音性も高く、自分だけのリスニングルームを作ったような感覚です。
 
 
 
ではお次に
音質!
 
以下のアーティストの曲で試聴してみました!
 
ロック:凛として時雨/DISCO FLIGHT
ポップス(男性):星野源/weekend
ポップス(女性):やくしまるえつこ/X次元へようこそ
クラブ:DE DE MOUSE/my favorite swing
ジャズ:土岐麻子/When You Wish Upon A Star
クラシック:高木正勝/きときと-四本足の踊り-
 
 
 
★レビュー
P1030023

よく見ると左右で歯車のデザインが違います

とにかく癖が無くて自然です。弱カマボコ型で中域の分離感がスゴイです。帯域的に同じ域にある、ギター、ピアノ、ボーカルがまるでその楽器専用のスピーカーでも用意されているみたいにしっかりと分離されていて、それぞれが艶やかで瑞々しく鳴っています。その中域の各楽器の距離感も素晴らしく、ボーカルは耳元で聴こえ、ギターなどはやや後ろの方から前にせり出すように鳴っている感覚で聴こえます。主旋律を目立たせるような鳴らし方のように感じました。
スイッチング機能がありまして
下にスイッチングすると、フラットな印象でボーカルや高域が際立つスッキリ目の音になります。小編成のクラシックやアコギの弾き語り、ピアノソロなどとの相性がいいと思います。個人的にはもう少し低音が欲しい気がしました。
 
スイッチングを上にすると中低域よりのふくよかなチューニングに変わります。低音過多な感じではなく自然に増やすような印象です。バスドラムの帯域ではなく、ベースラインの帯域をほんの少し盛るような鳴り方です。ジャズのウッドベースが特に心地よく、広がりの良い温かみのある音で鳴らしてくれます。私はこちらの音質のほうが好みです。
 
全体的にボーカル寄りにはなるので、やはりポップスとの相性が良い印象を受けます。男性、女性問わずボーカルがとても生々しく聴こえるので、アニソンとの相性がいいと思います。
 
ロックも綺麗に鳴らしてくれます。レスポンスは早すぎず遅すぎずといった印象になります。曲によってはスピード感が欲しいと感じたり、ドラムのアタック感が欲しいと感じることがございます。ただ苦手という感じではなく、間違いなく普通以上には上手く鳴らしてくれます。
凛として時雨などの激し目のロックよりは、BUMP OF CHICKENのようなポップ寄りのロックとの相性のほうが良さそうです。
 
クラブミュージックも締まりきった低音のドスドスといった音ではなくて、低音をややふくよかに鳴らす広がりの良い低音になります。シンセサイザーをとても綺麗に鳴らしてくれるので、キラキラとしたヤスタカサウンドやDE DE MOUSEとの相性は最高です。
 
とにかくどんなジャンルでも卒なくこなしてくれる万能機種であり
かなりリスニングライクなイヤモニになります。
暖かみがありながらもK10やHeir 10Aのような濃厚さを感じさせず、VE5やMH335のようなドライさも無く、自然にゆったりと聴きたい方にはかなりオススメの機種になります。
 
■Aether
高域               ★★★★☆(スイッチング上:★★★★★)
中域               ★★★★★
低域               ★★★★☆(スイッチング下:★★★★★)
遮音性            ★★★★★
レスポンス      ★★★☆☆
音場               ★★★★☆
解像度            ★★★★☆
情報量            ★★★★☆
迫力         ーー●ーー   繊細(スイッチング上)
迫力         ー●ーーー   繊細(スイッチング下)
クール        ーー●ーー   ウォーム
 
ロック            ★★★★☆
ポップス(男性) ★★★★☆
ポップス(女性) ★★★★★
クラブ            ★★★★☆
ジャズ            ★★★★★
クラシック      ★★★★★
 

 
☆Aetherの試聴機と比べてみた!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
試聴機と比べるとイヤーピースがない影響と、完全にフィットしている影響もあり、試聴機より情報量が多くやや濃密な音で楽しむことができます。その中でも高域の抜けの良さは変わらず、遮音性が上がったことにより、より細かい音まで拾えるようになりました。当たり前かもしれませんが実機のほうが音は良かったです。
 

 
 
 
☆Noble Audio Kaiser10と比べてみた!
P1030015

 
K10と比べるとK10のほうが情報量が多くかなり濃密な音になります。解像度感もK10のほうが上だと思います。
ただ情報量が多いがゆえにAetherと比べてややボーカルが埋もれてしまいがちです。もう少しすっきりと自然に聴きたい方はAetherのほうがオススメです。高域の伸びの良さもAetherのほうが軍配が上がると思います。
 
■Kaiser10
高域               ★★★★☆
中域               ★★★★★
低域               ★★★★★
遮音性            ★★★★★
レスポンス      ★★★★☆
音場               ★★★★☆
解像度            ★★★★★
情報量            ★★★★★
迫力         ーー●ーー   繊細
クール        ーーー●ー   ウォーム
 
ロック            ★★★★☆
ポップス(男性) ★★★★☆
ポップス(女性) ★★★★☆
クラブ            ★★★★☆
ジャズ            ★★★★★
クラシック      ★★★★★
 

 
 
☆Westone WST-ES60と比べてみた!
P1030028

 
Aetherが音を分離させて自然に鳴らすタイプだとしたら、ES60は音を分離させずまとめて自然に鳴らすタイプになります。出音に一体感があり、全部ひっくるめて一つの音楽として鳴らしてくれます。こちらも高域の伸びの良さはAetherに軍配が上がります。しかし、男性ボーカルの生々しさ、色っぽさはES60に勝るものはないでしょう。
 
■WST-ES60
高域               ★★★★☆
中域               ★★★★★
低域               ★★★★☆
遮音性            ★★★★★
レスポンス      ★★★☆☆
音場               ★★★★☆
解像度            ★★★★☆
情報量            ★★★★☆
迫力         ーーー●ー   繊細
クール        ーーー●ー   ウォーム
 
ロック            ★★★★☆
ポップス(男性) ★★★★★
ポップス(女性) ★★★★★
クラブ            ★★★★☆
ジャズ            ★★★★☆
クラシック      ★★★★☆

 

 

☆VISION EARS VE5と比べてみた!
P1030011

 
VE5はAetherとほぼ正反対の性格をしており、とにかく肉付きが少なく解像度重視のレスポンスの早いクール系のイヤモニになります。大変スナップ感の良いイヤモニになりますので、Aetherと比べるとロック、メタル、クラブミュージックとの相性は抜群に良いです。ただジャズやクラシックだと少しドライな印象になりすぎて、どこかダイナミック感や温かみのない音になってしまうので、そのあたりはAetherのほうが相性が良いです。
 
■VE5

高域               ★★★★★
中域               ★★★★☆
低域               ★★★★☆
遮音性            ★★★★★
レスポンス      ★★★★★
音場               ★★★☆☆
解像度            ★★★★★
情報量            ★★★★☆
迫力         ーー●ーー   繊細
クール        ●ーーーー   ウォーム
 
ロック            ★★★★★
ポップス(男性) ★★★★☆
ポップス(女性) ★★★★☆
クラブ            ★★★★★
ジャズ            ★★★☆☆
クラシック      ★★★★☆
 

 
 
他のメーカーのイヤモニと比べると
Aetherはやはり癖が無く、どんなジャンルでもこなすような自然な鳴り方をするように感じました。
この価格帯でどれがいいかとなってくるとやはり好みになってはきますが
 
濃厚さと情報量ならK10
色っぽさならES60
レスポンス、解像度重視ならVE5
自然さと高域伸びの良さならAether
 
といったところです。
 
私はAetherを選びましたが
 
いや~
最高です!!
愛器として使い続けていきます!!
 
 
 
こちらのAether
大阪日本橋本店 日本橋カスタムIEM専門店~INショップ~
東京カスタムIEM専門店
名古屋大須店
でご試聴いただけます!
 
ご試聴ご希望のお客様はスタッフまでお声掛けしてみてくださいね!
 
ではこのあたりで
 
かじかじでした!
 

 

Twitterもやってますので
よろしければフォローしてくださいね!

 

かじかじ(@kajikaji_eear)

 
 
 

 

店舗案内☆
大阪日本橋本店
東京秋葉原店
東京カスタムIEM専門店
SHIBUYA TSUTAYA店
名古屋大須店

 
 
Tags: Aether, Lime ears, やってみた, イヤモニ, カスタムIEM, レビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かじかじ

かじかじカスタムIEM担当

投稿者プロフィール

元々eイヤホンのお客様のうちの一人でしたが
今はイヤホンヘッドホンをご案内していく立場になりました。

ロック全般とエレクトロニカとライブが好きなキッズです。
趣味が合う方は是非ともお声かけしてください!
すごくテンションが上がります。

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. Heir_Audio_Summer_blog

    2016-8-15

    【カスタムIEM】Heir Audio HOT SUMMER SALE!【8月17日~8月31日】

  2. IMG_2422

    2016-6-22

    【香港発♪】HUM Pristine-Reference付属ケーブル仕様変更のお知らせ!【コンデンサ搭載イヤホン】

  3. IMG_2298

    2016-6-21

    【カスタムIEM】カナルワークスの最新機種、CW-L52を作ってみた!!!【実機レビュー】

  4. 20160602-IMG_1272 のコピー-min

    2016-6-4

    超弩級ヘッドホン「HE-1」を聴きにSENNHEISER SHOWCASE 2016へ行ってきた!

  5. マツコ の知らない世界

    2016-5-31

    【お知らせ】またまた6月7日(火)20時57分より放送の『TBS マツコの知らない世界』に出演します!

  6. FORSTENI (2)

    2016-5-8

    【春のヘッドフォン祭】Oriolusのエントリーモデル発表。そしてFinalの新作とは?

  7. IMG_0377 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】Campfire新ハイエンドANDROMEDA登場!NOBLE新作、新カスタムブランドqdc

  8. IMG_0135 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】IRIVER新型プレイヤーAK300発表!DSD/PCM収録可能なAK RECORDERも

ページ上部へ戻る