【オーディオプレイヤーマスターへの道】 第9回 FiiO X1 の巻【発売記念】

こんにちは!

秋葉原店のきーちゃんです。

あっという間に12月後半ですね。

外はイルミネーションで溢れていてとてもきれいです。

 IMG_0208-min

 六本木ヒルズから見た東京タワーです。この日のメインは”once”というミュージカル鑑賞だったのですが、帰りに思わず見入ってしまいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて本題は・・・↓

タイトル

【バックナンバーはこちらから】
第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
第7回   AK100IIの巻 (旧ブログ)
第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

今回ご紹介するのは・・発売前から大注目!12/19本日発売のこちらのプレイヤー

 

繝。繧、繝ウ-min

FiiO  X1!

▼【新製品】FiiO X1 SILVER【コンパクトハイレゾプレイヤー】e☆特価¥21,600-

▼【新製品】FiiO X1 GOLD【コンパクトハイレゾプレイヤー】e☆特価¥21,600-

 

メーカーさん製品情報はこちら

 

”FiiO X1とは?”

私が思う注目すべきポイントはココだっ!

 

①期待以上の音!

FiiOの音質カラーが十分に発揮されています。”こんなに小さくて大丈夫?”とお思いの方、ご安心下さい。この価格でこの音、絶対ハマります!

音のレビューは後程じっくり書きます。

 

②コンパクトでスタイリッシュ!

手にスッポリと収まるボディ、そしておしゃれなデザイン、高級感が溢れるシルバーとゴールドのカラーは個人的にとても嬉しいです。(キラキラしているもの大好きです。)デザイン性を気にする女性の方にもオススメです。そろそろクリスマスですね、プレゼントにいかがですか?

 

③ハイレゾ音源対応でこの価格!

”ハイレゾ音源対応プレイヤーに買い替えたいけれど予算的に手が届かない”という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。FiiO X1はそんな方の為のプレイヤーです。お値段なんとe☆特価¥21,600-!決して安いと言い切れるお値段ではないかもしれませんが、他社のプレイヤーと比べても、より手の届きやすいプレイヤーであると思います。ハイレゾデビュー、このFiiO X1と一緒にいスタートするのはいかがでしょうか。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 螟也ョア-min

 外箱はこんな感じです。新品を開封、わくわくします!

繝。繧、繝ウ・・min

 カラーはゴールドシルバーの2色です。

皆さんはどちらがお好みですか?私はゴールド派です!

 

付属品-min

 付属品

・ユーザーマニュアル 1冊

・プロテクトフィルム 2枚

・8GB microSDカード(class10) 1枚(日本正規版限定で付属しています。)

・USBケーブル  1本

・シリコンケース  1個

・本体貼付用ステッカー 3枚

 

大きさ記入-min (1)

 大きさ・重さ

 第一印象は、生産終了になってしまったX5の子供のような、又Apple iPod classicのお友達のような外観です。ボタン配置はX5を受け継いでいるように感じますが・・そっくりそのまま小さくされている訳ではありません。

後程じっくりお伝えします。ホイール部分はブラックです。

 

裏-min

 

背面

ホワイトとグレーを混ぜたような色でロゴが入っています。黒いシリコンケースが付属されていますが、私だったら本体カラーにとても魅力を感じるのでそのまま持ち歩きたいです。

 

繧ア繝シ繧ケ-min

付属ケースを装着

 付属ケースに入れてみると、センターボタンとホイールの外側に本来のボディの色が残ります。ケースの利点は、入れることによって万が一落としてしまった時の衝撃を軽減出来ますし、又ポタアンと重ねる際に滑りにくくなったり、傷が付くのを防いでくれることです。私個人の意見としては、ボディの色をそのまま出せるクリアなケースがあったら嬉しいなと思います。

 

各方面から観察します。

上から-min (1)

上部

ヘッドホン出力/ライン出力端子

X1のアウトプットは2系統共通です。

[システム設定]から[出力選択]で切り替えられます。

アンプに接続する際はライン出力に切り替えることにより、アンプの役割を全て委ねて再生出来ます。アンプとの組み合わせが存分に楽しめるプレイヤーです。

ヘッドホン出力でアンプに繋げることが決していけないことではないのですが、二重でアンプを通るため、歪みが大きくなるといった現象が起こり得ます。

画面で設定出来るのはとても便利ですね。

 

又、インライン・コントロール機能が搭載されており、再生/停止、曲送り/曲戻し、のボタンがついているヘッドフォン・イヤホンに対応しています。

 

荳九°繧・min

 

下部

microUSBポート(充電/データ通信用)

バッテリー充電時間:約4時間(5V/2AのACアダプタ使用時)

          約6時間 (コンピューターのUSBポートに接続時)

 

バッテリー駆動時間:約12時間 ※再生ファイルによって異なります。

          (FWアップデートにより延長予定だそうです。)

 

蟾ヲ縺九i-min

左側

上から、パワー/ロックボタンボリューム+ボリューム-

電源ボタンとボリュームボタンの間にある小さな点はリセットキーです。

 

再生中にロックボタンを押すことにより、ロックが掛かります。

ここで是非皆様に知って頂きたいのが、キーロック機能設定です。

 

繧ュ繝シ繝ュ繝・け險ュ螳・min

 

繧ュ繝シ繝ュ繝・け逕サ髱「3-min

 

[システム設定]から、[キーロック設定]を選択します。

ロック画面1、ロック画面2、ロック画面3 と3種類のパターンの中から選択が可能です。

ロック画面1:ロック中に、ボリューム の操作が出来ます。

ロック画面2:ロック中に、ボリューム、再生/停止 の操作が出来ます。

ロック画面3:ロック中に、ボリューム、再生/停止、曲戻し/巻き戻し、

       曲送り/早送り の操作が出来ます。

      (写真はロック画面設定3です。)

 

つまり、ロック時に操作が出来る部分が、光っている部分、ということです。

こんな風に自分が使いやすいように設定出来るのは嬉しい機能です。

 

 

繝懊Μ繝・繝シ繝逕サ髱「-min

ボリューム画面

押している間表示されます。0~100まで設定可能です。

円で時計回りに表現されます。視覚的にわかりやすいデザインですね。

 

蜿ウ縺九i-min

右側

カードスロット 1つ

内蔵メモリはありません。

ですが前述したとおり、日本正規版に限り8GB microSDカードが1枚付属しています。なので、購入してすぐにご自身の音楽を入れて楽しむことが出来ます。

最大128GBのmicroSDカード対応です。

 

 

正面1-min (1)

操作ボタン部分に注目

中央:再生・停止/選択ボタン

左上:ショートカットボタン 右上:バックボタン(前の画面に戻ります。)

左下:曲戻し/巻き戻し       右下:曲送り/早送り

 

最近発売される多くのプレイヤーがタッチパネルを搭載している中、FiiOのプレイヤーは物理キー操作が特徴の1つでもあるプレイヤーです。

物理キーの利点は、わざわざ本体を取り出さなくても良い点です。

ボタンの位置さえ覚えてしまえばポケットの中でも楽々操作可能です。

 

ホイール部分の回し心地はとてもスムーズです。X5を使ったことがある方であれば、かなりその実感を得られると思います。正直なところ、結構勢いがあります。X5JAPANESE EDITIONは、表面がカッティングされたフラワーモチーフのホイールが1つの特徴となっていましたが、X1のホイール表面はツルツルしています。X5よりホイールの大きさも一回り小さくなっているので、手が小さな方にもおすすめです。

 

再生中にショートカットボタンを押すと・・

修正-min

 

画面上部に注目

このようなショートカットメニューが表示されます。

頻繁に使う機能が、わざわざ設定画面から操作せずに設定できます。

 

左から順に、

・♡お気に入り登録(押すと♡が赤くなり、お気に入りに登録されます。)

・+プレイリストに追加

・再生モード4種類(シャッフル、順序通り、ループ、1曲ループ)

・ゴミ箱(削除出来ます)

是非活用してみて下さいね。

 

再生設定-minプレイヤー設定画面

こちらの画面からは再生する際に関係する設定が出来ます。

再生モードに関してはショートカットボタンでも設定が可能です。

又、写真に出ている以外に、バランスの設定が可能です。

気になる機能はありますか?

ここで私が注目したのはメモリー再生設定です。

設定すると前回の曲、又は停止位置から再生が出来る機能です。

初期設定ではオフになっているので、設定することをオススメします。

 

繧ォ繝ゥ繝シ-min

カラフルなディスプレイ

ディスプレイはカラーが選べます。ポップなデザインで可愛いです。

気分に合わせて色を設定してみてはいかがでしょうか。

メーカーさん製品情報ページでは、ゴールド/シルバー/ピンク/オレンジ/ブルー/グリーンの6色と記載がありますが、ゴールド→ブラウンと表現した方が適切かもしれません。個人的にはコーヒーのようなブラウンがお気に入りです。

 

一番下にある丸い点の部分は、LEDインジゲーターです。 

:充電中、:満充電、:動作中 と点灯します。

 

【使用可能ファイル形式】

ハイレゾ音源:APE WAV FLAC ALAC WMA DSD音源は再生不可です。
圧縮音源:MP2、MP3、AAC、ALAC、WMA、OGG….

流行りの”ハイレゾ音源”も勿論対応です。

 

【DACについて少し解説】

DACチップ:Texas Instruments製 PCM5142

オペアンプバッファー:新規採用のIntersilISL28291

 

一般的なスマートフォンなどに搭載されているチップをはるかに上回る性能のDACチップとオペアンプバッファーのコンビネーションを実現しているそうです。

小さなボディでも満足できる高音質なのはそのおかげですね。

 

繧、繝、繝帙Φ縺ィ-min

聴いてみた!

 

★曲(第1回から同じ曲で試聴しています。)
・”Hit Me”  Dirty Loops
・”この世は不思議”  冨田ラボ
・”Life Goes On”  上原ひろみ

 

★イヤホン:(第1回から同じイヤホンで試聴しています。)
DENON AH-C710
▼DENON AH-C710-K(ブラック) e☆特価: 8,060-
▼DENON AH-C710-S(シルバー) e☆特価: ¥8,060-

 

★ファイル形式:(第1回から同じファイル形式で試聴しています。)
WAV(44.1kHz/16bit)

 

再生画面-min

再生中ディスプレイ

ト音記号がデザインされた背景、オシャレですね。

アルバムアートワーク情報が無い場合はこのように表示されます。

 

それでは、肝心な音のレビュー、いきますね!

私は以前、FiiO X3、X5についての記事も書かせていただいたので、それら2台との比較もしつつ、感じたことを書きます。まず一言・・・音、良いです!この解像度の高い音質でこの値段、コスパ良すぎっ!と思うのは私だけではないはずです。型番の数字から推測しますと、X5,X3そしてその下のモデルとしてX1の登場となるわけですが、一番下のモデルだからといって甘くみてはいけません!あくまで私個人の意見ですが、解像度の高い音がバランスよく鳴っています。モニター的ではありません。ですが、かと言って、何か濃い味付けがされている訳でもなく、自然で聴き疲れしない音だと思います。個人的には、定位感や分離間が、もう少し欲しいところです。聴くうちに色々な欲が出てくるかもしれませんが、違う言い方をすると、ポタアンや、イヤホンのキャラクターをより押し出すことが出来るのではないかなと思います。

 

ここで私なりにそれぞれのキャラクターをまとめると、

X1:この価格でこの音はビックリ!

X3:低音の鳴りにこだわる方へオススメ!

X5:一台でも十分満足できる濃厚な音!

かなりざっくりですが、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

繝上う繝ャ繧セ2-min

 聴いてみた!~ハイレゾ編~

 是非皆さんもこのFiiO X1と一緒にハイレゾライフを!

 

★試聴アルバム

・”Move” 上原ひろみ

・”Alive” 上原ひろみ
・”single collection + Hotchpotch” 坂本真綾

 

★ファイル形式

FLAC 96kHz/24bit

 

まず、1つ1つの音の密度が高くなった印象を受けました。生であれ、打ち込みであれ、音の抑揚をより直感的に得ることができ、自然なサウンドを体感出来ると思います。又、音の余韻の伸びと音の細やかさがより感じ取れます。特にシンバルやハイハットなど金物系の部分です。余韻も音楽に欠かせないと思えてくると思います。全体的によりまとまりのある引き締まったサウンドに仕上がっていると私は思います。

 

 

FiiO歴代プレイヤーとの比較コーナー

・灘床豁」髱「-min

FiiO X5、FiiO X3 と並べてみた!

コンパクトさがより伝れば何よりです。

見た目通り、X1が一番軽いです。ポップなアイコンは同じデザインです。

 

 

3蜿ー讓ェ縺九i-min

 横から観察

厚さはそこまで変わりがありません。前述した通り、FiiO X1は約1.4㎝です。

ポータブルプレイヤーの中では平均的な厚さではないでしょうか。

 

【その他スペック】

 

ヘッドフォン出力:>100mW(16Ω) / >65mW(32Ω) / >8mW(300Ω)
推奨インピーダンス: 16Ω~100Ω
周波数帯域: 20Hz~20KHz
S/N比: >110dB
歪み率: 0.004%@1KHz
ビットレート: 16bit/24bit
サンプルレート:PCM [44.1KHz/48KHz/88.1KHz/96KHz/176.2KHz/192KHz]
電源供給: 内蔵リチウムイオンバッテリー[1700mAh]
USB充電: 5V/500mA [5V/1A推奨]

 

 

さて、ここまで細々とお伝えしてきましたが、つまり伝えたいことはこの3つ

 

①期待以上の音!

②コンパクトでスタイリッシュ!

③ハイレゾ音源対応でこの価格!

 

【最後に】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

発売前から大注目されていたFiiO X1の記事はいかがでしたでしょうか。

本日より秋葉原店、日本橋店共に試聴機をご用意しております。

又、生産終了になってしまったX5も中古商品でのご試聴、ご購入可能です。

在庫状況などお気軽にお問い合わせください。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

以上、秋葉原店のきーちゃんがお送りしました。

 

【webでのご注文はこちらから】

▼【新製品】FiiO X1 GOLD【コンパクトハイレゾプレイヤー】e☆特価¥21,600-

▼【新製品】FiiO X1 SILVER【コンパクトハイレゾプレイヤー】e☆特価¥21,600-

又、お電話でもご注文・お取り置きを承っております。

秋葉原:03-3256-1701

日本橋:0120-508-118

新品商品は通常1週間のお取り置きが可能です。

 

【バックナンバーはこちらから】

お時間ある方は是非こちらもご覧になって下さい。

それぞれのプレイヤーに魅力が沢山あります。

是非お気に入りの1台を見つけて下さいね。

 

第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
第7回   AK100IIの巻 (旧ブログ)
第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻

 

 

Tags: FiiO, ハイレゾ, プレイヤー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
きーちゃん

きーちゃんリユース担当

投稿者プロフィール

e☆イヤホン秋葉原店スタッフのきーちゃんです。
日々音楽の事で頭がいっぱいです。
当サイトで不定期更新ブログ、
「オーディオプレイヤーマスターへの道」の連載をしています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

いってみた!(取材)

  1. poatfesu

    2016-5-12

    【ポタフェス情報】ポタフェス名古屋は5/29(日)11:00より開催!

  2. FORSTENI (2)

    2016-5-8

    【春のヘッドフォン祭】Oriolusのエントリーモデル発表。そしてFinalの新作とは?

  3. こどんぐり (1)

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】注目のあの商品や衝撃のコストパフォーマンスの新製品【音茶楽/茶楽音人】

  4. IMG_0377 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】Campfire新ハイエンドANDROMEDA登場!NOBLE新作、新カスタムブランドqdc

  5. IMG_0135 のコピー-min

    2016-4-30

    【春のヘッドフォン祭】IRIVER新型プレイヤーAK300発表!DSD/PCM収録可能なAK RECORDERも

  6. カナルワークスタイトルVol.2

    2016-4-6

    【突撃取材!】Canal Worksにいってみた!イヤモニ製作の裏側を見学!Vol.2

  7. カナルワークス

    2016-3-27

    【突撃取材!】CanalWorksにいってみた!イヤモニ製作の裏側を見学!

  8. 9個全てオーダーするツワモノも少なからずいるらしい

    2016-2-13

    【レポ】ポタ研2016冬:ラブライブ!ヘッドホン / ティアックポタアン新作 / AK380アンプCopper / FitEar Aya~snow~ ほか

ページ上部へ戻る