• LINEで送る
  • google+
 

画像をクリックで拡大画像を表示

Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】 Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】 Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】
Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】 Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】 Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】

アストロテック

Astrotec AX-35 シルバー【カナル型イヤホン】

価格

9,720
(税込)
送料無料

ポイント

97

保証

12

在庫状況

△残りわずか

JANコード

88020
【e☆イヤホンTV】Astrotec/OSTRY特集

とにかくドラムのアタック音がキレイなことに驚かされました。ギターは若干控えめな感じもしますが、解像度は高く全体的なバランスは良いと思います。ハイブリッド型特有の音の違和感も僕は感じませんでした。 打ち込みの音は高域から低域まで余裕を持って鳴らし、ボーカルは男性、女性共に頭の中で気持ち良く響いてくれるのでj-pop、rockなんかには特に相性がいいのではないでしょうか。 外見はシンプルな中にも金属特有の高級感をスタイリッシュに表現していて、フォーマルからカジュアルまで様々な場面で違和感なく使って頂けるかと思います。 高純度線材を使用したケーブルもピンクのコントラストが特徴的であり、細部にもこだわりが見え評価が高い。 この価格帯でこの作りは非常にコストパフォーマンスが高いと思います。

平凡なようで、そうではない。あなたのイヤホンコレクションのトリックスターになるのがAX-35です。 特に抜群に秀でているところはないと思います。 が、しかし、全体的にいい感じ。です。これが摩訶不思議。 高音は出てても出すぎず、刺さらず、 中音域も怠らず、低音域も厚みを持っています。甘さも含めてちょうどいい! なんだそりゃ、万能機か?と、ここまでの評価だと思われてしまいますね。 個々のポテンシャルはそこまで高く無いと思います、 抜群に高い解像度を武器にしているわけでもありませんし、 音圧においては圧倒的!ってわけでもありません。 トータルで見た時に初めて高い評価を得る、なかなかおもしろい!

今話題のメーカー【Astrotec】からNEWイヤホン【AX-35】が登場。こういう事あんまりすぐには言わないんですけど、僕このイヤホンめちゃくちゃ好きです。低域の出方、高域の伸び方、中域の前の出方、音の質、広さ。どれも好みです。しかもこの価格。驚きしかないです。もう少し詳しくお話させて頂きますと、まず中高域の質がピカイチです。やや冷たくヒンヤリした印象ですが尖り過ぎず秀逸。そしてカラッとし過ぎず適度に艶もあります。低域は一般的に言えば出ていない方かもしれませんが、中高域と質が似た低域なのでしまっていて広がり過ぎずちょうどイイです。モニターサウンドが好み。でももっとリスニングを楽しみたい!!そんな方に超お勧めです!

◎特徴

  • ダイナミック+バランスド・アーマチュアのハイブリッドイヤホン。
    長年の技術が蓄積された自社開発の高性能ダイナミックドライバーを搭載。
    ハイエンドAX-60で培った技術をスライドさせ、低価格ながら高品質・高音質を実現。
    ケーブルには高純度の線材を利用し、音声信号のロスを限りなく低減。

◎スペック

  • ドライバー:バランスド・アーマチュア+ダイナミック
    感度:104db/mW
    インピーダンス:8Ω
    再生周波数帯域:12 - 23,000Hz
    コード長:1.2m
    プラグ:ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
    カラー:シルバー
    イヤホンタイプ:カナル

    【付属品】
    付属品収納ケース × 1個
    シリコン製のイヤーチップ 大中小×各1セット
    ウレタン製イヤーピース × 1セット
    取り扱い説明書 × 1枚
    保証書 × 1枚

レビューはログイン後ご利用可能です

レビュー件数:3

評価

2015/08/12

ma7さん

ごめんなさい
追記させてください、特に男性ボーカルの曲に合うと思います
金属的な音が男性ボーカルに艶を持たせ、また定置がしっかりしているので聞いていてとても楽しいです。正直なぜA10000イヤホンの中の1本に選ばれていないのかちょっと不思議です。
一応ですが元々A10000が発表される前から上位3つ(笑)とAKG IP2を所有していたので、そんなに耳は悪くないとは思っていますが
独りよがりでしょうか(汗)AX-35いいイヤホンです。

評価

2015/08/08

ma7さん

誤解を恐れず書かせていただくと、SHURE SE215をドンシャリ傾向にしたのがSHURE SE215SPEとすると、かまぼこ傾向にしたのがこのAstrotec AX-35 というのが印象です。これはハイブリットの恩恵と思いますが、1万円のかまぼこ傾向のイヤホンなのに、特に高音のこもりが無いという不自然さに気がつけないほど、自然に音を鳴らしくれていると感じています。こもり感が少ないにもかかわらず濃厚な音楽を楽しませてくれる、ボーカル曲に合っているとも思いますが、万能選手としてオススメしたくなっちゃいます。

評価

2014/12/11

oleさん

レビューではないですが、インピーダンスは12Ωで感度は107dbの間違いかと思います

確証はないですが調査されたほうがいいかと

1件〜3件 (全 3件)

最近チェックした商品